映画『旅猫リポート』あらすじ・キャストを紹介!【福士蒼汰×高畑充希】

2018年3月16日更新

2016年に映画化された小説『植物図鑑』や『フリーター、家を買う。』などで知られる作家・有川浩。彼女の小説『旅猫リポート』が福士蒼汰主演で映画化されることになりました。この記事では映画『猫旅リポート』のあらすじ・キャストを紹介します。

『旅猫リポート』が福士蒼汰主演で映画化決定!

有川浩原作の『旅猫リポート』が福士蒼汰主演で映画化されることが発表されました。『旅猫リポート』といえば有川浩作品の中でも群を抜いて「泣ける!」と話題の作品です。 また、可愛らしい”猫”が登場することからも猫好きにはたまらない作品になると言えるでしょう。解禁された特典映像だけでも、福士蒼汰と猫との可愛らしいシーンが盛り沢山となっています。 映画は2018年10月26日に公開されます。

映画『旅猫リポート』のあらすじ

心優しい青年の悟(サトル)は、ある日道端で交通事故で右足を負った瀕死状態の野良猫に出会います。もちろんその場に放っておくことができない悟は、7の字に足が曲がった猫を助けその猫に「ナナ」という名前をつけます。

5年間、仲良く暮らしていた悟とナナですが、とある理由で悟はナナを飼えなくなってしまいます。ナナの次の飼い主さんを探さなければならない悟は銀色のワゴンカーに乗り、日本中を走り回ります。また、この度はナナの飼い主を探すだけでなく、ナナと悟の間柄や悟自身の人生を再確認する旅になるのでした。

映画の主演キャストは福士蒼汰

悟(サトル)/福士蒼汰

福士蒼汰

野良猫のナナを助ける心優しい青年・悟(サトル)を演じるのは福士蒼汰です。悟は原作では30歳ですが、映画では青年ということになっているそう。ナナを飼う前にも猫を飼っていた為、猫を飼うことには慣れているようです。

福士蒼汰は『仮面ライダーフォーゼ』にて主演を務めたことから人気を博し、美しい顔立ちと抜群のスタイルから多くの女性ファンを虜に。俳優として最近では多くの映画やドラマに出演し、2017年は映画『無限の住人』では木村拓哉のライバルを演じます。有川浩作品への参加は映画『図書館戦争』シリーズに次ぐ2作目となります。

高畑充希が『植物図鑑』以来、有川浩作品に参戦!演じるのはオス猫!?

『旅猫リポート』に高畑充希が出演しています。高畑は2016年に『植物図鑑』で主演を務めており、本作と同じ原作者の有川浩作品には2度目の出演となります。 今回高畑が演じるのはオス猫の声。高畑は、映画『シンデレラ』で主演エラの吹き替えを経験したり、2017年に公開されたアニメ映画『ひるね姫 〜知らないワタシの物語〜』では主人公・森川ココネの声を担当するなど、声優としてもキャリアを積み重ねてきた女優です。 どうやって「猫の声」を演じるかハテナだらけで挑んだという高畑。実家で猫を飼っているため、猫の鳴き声はよく聞いていたそうですが、自らがその声を演じるのは難しかった様子。ただ猫たちの可愛さに夢中になっているうちに、気づいたら収録が終わっていたと言い、現場を楽しんだようでした。

「猫映画の決定版」となる映画に!?猫への力の注ぎ具合が凄い!

猫

猫がもう一匹の主人公と言っても過言ではない映画『旅猫リポート』。もちろん、猫への力の入れようも凄いことになっています!今回、本作の監督・三木康一郎は猫の視線や動き、表情にこだわり、動物プロダクションの協力のもと最善の演技を目指しているのだそう。

可愛らしい猫の演技にも注目です!!

映画『旅猫リポート』の原作者・有川浩とは?

映画『旅猫リポート』の原作者・有川浩は、『図書館戦争』シリーズや『植物図鑑』など多くの人気作品を排出している女性作家です。誰にでも読みやすい文体や、大きな感動を与えるストーリーが多くの人々を惹きつけました。 大ブレイクのきっかけとなるのが『図書館戦争』シリーズです。また、作品の多くは映画化・ドラマ化されており、映像作品も含めて多くの人から愛されています。

映画『旅猫リポート』の公開日は10月26日

『旅猫リポート』は、2018年の10月26日から公開がスタートします。 福士蒼汰×猫という癒しの組み合わせは必見ではないでしょうか。公開を待ちましょう!