2017年7月6日更新

『レゴ® ニンジャゴー ザ・ムービー』まとめ【人気テレビシリーズが映画化決定】

ニンジャゴー

ブロックおもちゃのレゴを題材にしたCGアニメーション映画『レゴ® ニンジャゴー ザ・ムービー』の制作・公開が決定しました。こちらではテレビアニメ版『ニンジャゴー』のおさらい紹介や映画の豪華キャスト等をはじめとする最新情報をご紹介しています。

人気テレビシリーズ『レゴ ニンジャゴー』の映画化が決定!

絶大な人気を誇る大人気ブロック玩具「レゴ」はデンマーク発祥のおもちゃであり、その人気はブロックおもちゃの世界を超えてテレビアニメーションやテレビゲームにもなっており、2014年には日本でもレゴを題材にしたCGアニメーション映画『LEGO ムービー』が公開されました。

そんなレゴをモチーフにした映画が新たに製作されることが決定しました。しかも、この最新作『レゴ® ニンジャゴー ザ・ムービー』は、人気テレビアニメーション『レゴ ニンジャゴー』の映画化ということもあり大きく注目を浴びる作品となるでしょう。

アニメシリーズのストーリーをおさらい

テレビアニメシリーズ『レゴ ニンジャゴー』は、全7シーズンのアニメーション作品で、2011年にレゴ社が発売した忍者ブロックシリーズ“ニンジャゴー”を題材にしたものです。

物語は、ニンジャゴー・シティを舞台に、主人公でレッドニンジャのカイをはじめとする正義の味方であるニンジャたちが、悪の支配者や闇の世界の敵と戦ってニンジャゴー・シティを守るというものです。様々な境遇の中を生きる彼らは、敵との戦いを通してそれぞれが抱えている運命と向き合いながら、正義の味方として悪の力に立ち向かっていきます。

本シリーズには全部で6人のニンジャが登場します。火をつかさどるレッド・ニンジャのカイ、闇の力を開放できるグリーン・ニンジャのロイド、氷をつかさどるホワイト・ニンジャのゼン、電気をつかさどるブルー・ニンジャのジェイ、大地をつかさどるブラック・ニンジャのコール、そして、水をつかさどる力を持つニンジャのニャー。

映画版『レゴ® ニンジャゴー ザ・ムービー』のストーリーをいち早くご紹介

現段階では詳しいストーリーラインを公表されていませんが、映画作品でも上記の6人のニンジャたちが自分たちの街であるニンジャゴー・シティを悪の脅威から守るために日々奮闘する姿を描くそうです。

しかも、今作では、自分たちのニンジャ能力や特殊な乗り物で敵と戦う6人の姿だけでなく、昼間は普通の学生として生活し、高校という強敵にも奮闘している6人の姿も描かれるそうで、高校生としてのニンジャたちの姿を見られるのは大きな見どころのひとつですね。

『レゴ® ニンジャゴー ザ・ムービー』を彩る豪華声優キャスト

ウー先生役: ジャッキー・チェン

グリーン・ニンジャであるロイドの叔父にしてニンジャたちの師匠であるウー先生の声を、あのジャッキー・チェンが担当します。

ジャッキーは1954年4月7日に香港のヴィクトリア・ピークで生まれ、7歳から17歳までの10年ほど中国戯劇学院で武術などを学び、その後『ドラゴン怒りの鉄拳』や『燃えよドラゴン』など数々の作品でスタントなどで映画作品に出演していきます。一度映画業界から離れるも1976年に『レッド・ドラゴン/新・怒りの鉄拳』で俳優業に復帰します。

その後、『スネーキーモンキー 蛇拳』や『プロジェクトA』、『ラッシュアワー』などヒット作に出演し続け、アジア人としてハリウッドで地位を確立した俳優となりました。また、第89回アカデミー賞ではアカデミー名誉賞を受賞しています。

カイ/レッド・ニンジャ役: マイケル・ペーニャ

本作の主人公であるカイの声を担当しているのは俳優のマイケル・ペーニャです。

1976年にシカゴで生まれたマイケルは高校卒業後に俳優としての道を志し、1996年には『元大統領危機一発/プレジデント・クライシス』で映画俳優デビューし、その後『ミリオンダラー・ベイビー』や『L.A. ギャング ストーリー』、『アメリカン・ハッスル』などにも出演しています。

ロイド/グリーン・ニンジャ役: デイヴ・フランコ

悪の支配者の息子であり、悪の力を開放できるグリーン・ニンジャのロイドの声を、俳優のデイヴ・フランコが担当します。

1985年6月12日にカリフォルニアで生まれたデイヴは、2006年にテレビドラマ『セブンスヘブン』で俳優デビューし、2007年には『スーパーバッド 童貞ウォーズ』で映画俳優デビューし、その後『21ジャンプストリート』や『ウォーム・ボディーズ』、『グランド・イリュージョン』などにも出演してきました。

デイヴの兄は、『スパイダーマン』や第83回アカデミー賞主演男優賞ノミネートを受けた『127時間』で知られているジェームズ・フランコです。

『レゴ® ニンジャゴー ザ・ムービー』監督はチャーリー・ビーン

本作の監督を務めるのは、アメリカ人アニメーターのチャーリー・ビーンです。

彼はこれまで様々なアニメ映画やテレビ作品に携わってきた安心の人選と言えそうです。彼は、映画作品では『パワーパフガールズ・ムービー』や『レゴバットマン ザ・ムービー』に、テレビ作品ではアニメシリーズの『バットマン』や『パワーパフガールズ』、『トロン:ライジング』の制作にも関わっています。

映画『レゴ® ニンジャゴー ザ・ムービー』公開は2017年9月30日

子供はもちろん、一度は遊んだことがある人が多いレゴ。そんなおもちゃを題材にしているレゴCGアニメーション作品ですが、実は迫力のあるアクションも満載なので大人も楽しめる作品なのではないでしょうか。(前作は評価は意外にも高いです。)

しかもレゴムービー最新作の今作は、ニンジャが主人公の作品なので日本人はより親しみが湧くはず。

この作品は、レゴ誕生の地であるデンマークをはじめ、ジャッキーの出身国香港やアメリカなどでは2017年の9月21日の公開を予定されています。日本では公開を2017年9月30日に予定しています!ぜひスクリーンで動くレゴたちの活躍を見届けて!