映画『レゴ バットマン ザ・ムービー』のあらすじキャラ紹介!【ハーレイ・クインも参戦】

2017年7月6日更新

世界中で大人気のおもちゃ「レゴ」の世界を映像化した、スピンオフ映画の『レゴ バットマン ザ・ムービー』が、日本で2017年4月1日公開されます。今回はバットマンが主人公となり、映画を盛り上げます。その気になるあらすじや、登場キャラクターなどの情報をまとめてご紹介します。

映画『レゴ バットマン ザ・ムービー』が2017年4月1日に公開!世界中の子供から大人まで、みんなが大好きなおもちゃのレゴが、再び映画化!

2年前に公開され大ヒットとなった映画『LEGO(R)ムービー』が再び映画となり帰ってきました。今回の主人公はバットマン。寂しいのに強がってしまう少し面倒な一面もあるヒーローのバットマンが、少年と出会い、悪に滅ぼされかける街を救います。以前同様、アニメーション共同監督と編集に携わったクリス・マッケイが今回も監督として、このスピンオフ作品を手掛けています。

今回の映画について、クリス・マッケイ監督は

「愛のこもったオマージュもパロディもやりつつ、バットマンを違った角度から見せたかった」
引用:news.aol.jp

と話しています。

すでに全米で公開されましたが、公開3日間で興行収入は約63億円を売り上げ、映画のレビューサイトでの評価も満足度91%と高評価を得ています。映画『レゴ バットマン ザ・ムービー』でも、長年愛され続けるおもちゃの「レゴ」の、大人の遊び心溢れる新たな世界を見せてくれるでしょう。

映画『レゴ バットマン ザ・ムービー』のあらすじ

LEGO(R)バットマン:ザ・ムービー [DVD]

街を守っているヒーローのバットマンは、とても強がりなのに寂しがりやです。孤独だったバットマンのもとに、新たな仲間で、ウェイン家の養子となる、パンツ1枚しか着ていない変わった姿の新入りロビンが街にやってきます。

ですがロビンはバットマンと違い、とてもお調子者で二人の息は全く合いません。そんな最中に、宇宙に閉じ込めていたあらゆる悪者たちを、最強の悪党のジョーカーが脱走させてしまいます。世界の危機に立ち向かうため、ロビンや個性豊かなヒーローが勢揃いし、協力して街を守り救います。

また、みんなが大好きなハーレイ・クインも参戦し、おもちゃのレゴになった状態でもジョーカーのために尽くしまくる女の子として登場します。

映画『レゴ バットマン ザ・ムービー』の主人公バットマンを演じるのは、ウィル・アーネット

レゴ バットマン

カナダのトロント出身で、コメディ番組での活躍をきっかけに声優・俳優としての幅を広げています。また、2年前に公開され大ヒットとなった映画『LEGO(R)ムービー』でもバットマンの役を演じていました。今回も同じ役を演じる彼は、バットマンについて

「孤児で孤独な男だから、何においても自分を頼りにするしかない。だからいろんな葛藤を抱えている。これは監督と話していたことなんだけど、この映画はバットマンが敵をやっつけるだけの映画ではなく、自身の中にある葛藤を克服する話でもある」
引用:natalie.mu

と話しています。まるで人間のように、色々な感情をもったバットマンの笑いや涙・感動するシーンに目が離せません。

新たな登場キャラクターのロビンを演じるのはマイケル・セラ

LEGOミニフィグ ロビンsh195 スーパーヒーローズ76035 [並行輸入品]

バットマン役を演じるウィル・アーネットと同様、カナダ出身の俳優です。子役時代から、多くのドラマ作品に携わり演技力をつけてきました。

2007年に公開された映画『JUNO/ジュノ』で一躍注目を浴び、今回の映画は声優初挑戦となります。バットマン役のウィル・アーネットとは、コメディドラマ『ブル~ス一家は大暴走!』で以前共演しています。演技力に定評もある彼なら、個性的なロビンをユーモアあふれるキャラの特性を生かして演じてくれるでしょう。

最強の悪党!?ジョーカーを演じるのは、ザック・ガリフィアナキス

レゴ (LEGO) スーパー・ヒーローズ ジョーカー 4527

コメディアンとして経験を積み、コメディ番組にてその地位を確立しました。その後、役者としても活動の幅を広げていき、映画『ハングオーバー! 消えた花ムコと史上最悪の二日酔い』に出演し、俳優として大ブレイクのきっかけとなりました。

今ではコメディアンと俳優としての二つの顔を持ち、多方面にて活動しています。アドリブ力もある彼の2つの顔を活かし、誰もが惹きつけられる悪党のジョーカーに注目です。

映画『レゴ バットマン ザ・ムービー』は吹き替えも、豪華なキャストが勢揃い!

バットマン/山寺宏一

山寺宏一のだから声優やめられない!―声優・山寺宏一と30人の声の役者たち

声優の中でもトップクラスと言われ、映画『タイタニック』や、映画『アイアンマン』シリーズにも出演していました。またディスニーの人気キャラクターであるドナルド・ダックやアンパンマンのチーズなど、可愛いキャラから、シリアスな役まで幅広く演じ分けることが出来ます。

映画『LEGO(R)ムービー』でもバットマン役を演じていましたが、今回もバットマンを演じます。山寺宏一は”7色の声を持つ男”と言われるほど、声の使い分けが多才なので、演技力は一級品です。

ロビン/小島よしお

小島よしおのギロスチョピ~前へ前へ~ [DVD]

パンツ1枚で登場する変わったロビンを演じるのは、芸人の小島よしおです。ロビン同様、パンツ1枚の姿で芸を披露し「そんなの関係ねぇ!」が流行語となりました。

少し破天荒な部分がロビンに似ている小島よしおは、今回のロビンを演じることに対して

「大人も子供が見ても必ず楽しんでいただけるキャラクターに仕上がると確信しています!」
引用:top.tsite.jp

と話しています。

映画『レゴ バットマン ザ・ムービー』の次は?2017年秋公開予定の映画『レゴ ニンジャゴー』とは

LEGO (R) ニンジャゴー ローニンの影 – 3DS

イギリスやデンマークなど、世界でも放送されているアニメ『レゴ ニンジャゴー』は、2011年にレゴが発売したニンジャを元に作成されたアニメです。若い忍者ロボット達が、先生や仲間とともに、街を守る為に戦う姿が描かれています。

日本でも2015年から現在まで、3シーズンにわたって放送されており、大人気となっております。そして2017年秋には映画化が決定されており、英語版では、カンフー映画で大活躍している俳優のジャッキー・チェンが出演することが決まっています。

”世界で最も有力なブランドランキング”で1位となったレゴですが、映画『レゴ バットマン ザ・ムービー』に引き続き、今後も多才な場面で活躍する「レゴ」に目が離せません。