桐皇学園マネ・桃井さつきにもうメロメロ【すごい分析力】 !

2017年5月11日更新 732view

桃井さつきは『黒子のバスケ』において数少ない女性キャラの一人です。「キセキの世代」とは中学時代からの付き合いでもあります。並外れた情報収集力と分析力をもつ桃井さつきの魅力に迫ります。

桐皇学園マネージャー・桃井さつきとは

アイキャッチ画像『黒子のバスケ』桃井さつき

桃井さつきとは「キセキの世代」青峰大輝が在籍する桐皇学園男子バスケットボール部の1年生女子マネージャーで、「キセキの世代」時代の帝光中学校の男子バスケットボール部のマネージャーでもありました。

容姿はピンクの髪の毛でスタイル抜群の美少女で、性格も人懐っこく明るいです。帝光入学時からバスケットボール部のマネージャーを務めていましたが、帝光時代の理念には染まっておらず、黒子と近い考え方をもっています。

黒子に一方的な好意を抱いています。青峰とは幼馴染です。

桃井さつき、その驚きの分析力

『黒子のバスケ』キセキの世代

諜報部員としての情報収集能力はさることながら、それに加え相手選手の癖や性格を踏まえた上での的確な行動対策、更にはそこから相手選手がどのように成長するかをも分析し、予測することが出来ます。新しい技であっても、過去のデータからすぐに攻略方法を見つけることが可能です。

それらの能力は緑間に「敵に回ったら厄介」と言わしめるほどでもあり、マネージャーとして帝光中学校時代の「キセキの世代」の躍進に貢献していました。

桐皇学園とは

『黒子のバスケ』桐皇学園

男子バスケットボール部の過去の実績はほとんど無い無名校ですが、近年では原澤監督のもと、全国から有能・有望な選手をチームに引き入れ着々と力をつけており、「新鋭の暴君」とも呼ばれています。 「キセキの世代」の青峰大輝が在籍しています。

男子バスケットボール部のユニフォーム、ジャージは共に黒ベースに赤ラインです。男子の学生服はブレザーで、赤と黒のレジメンタルストライプのネクタイが特徴的です。女子の制服は黒のスカートに赤いリボンです。

黒子テツヤとの関係は

『黒子のバスケ』黒子テツヤ

黒子テツヤと桃井さつきは同じ帝光中学バスケットボール部の選手とマネージャーでした。出会った当初は黒子の影の薄さに戸惑っていましたが、黒子の試合姿を見て普段とのギャップにときめき意識し始めました。

そして練習後の帰り道、男子に混ざりづらそうにしていた桃井に黒子が当たりのアイス棒を差し出したことをきっかけに、桃井の黒子への恋が始まりました。

しかし、彼女を自称したり、デートに誘ったりなど積極的に好意をアピールするも黒子は気付いていない様子です。

青峰大輝との関係は

『黒子のバスケ』青峰大輝

青峰とは家族ぐるみの付き合いの仲の幼馴染です。桃井さつきは幼少期は「大ちゃん」と愛称で呼んでいましたが、中学に入った際に周りからの目を気にして「青峰君」と呼ぶようになりました。

ウィンターカップでの敗北をきっかけに青峰が吹っ切れてからは呼び方を「大ちゃん」に戻しています。ちなみに青峰からは「さつき」と呼び捨てにされています。

桃井は当初、黒子と同じ誠凛高校に入学したかったのですが、バスケへの情熱を失い荒んだ青峰が心配だったため青峰と同じ桐皇に入学しました。

あだ名のセンスが独特

キセキの世代『黒子のバスケ』

桃井は「キセキの世代」のメンバーと火神のことを変わったあだ名で呼んでいます。黒子は「テツくん」、黄瀬は「きーちゃん」、緑間は「ミドリン」、紫原は「ムッ君」と呼んでいますが、赤司だけはなぜか普通に「赤司君」と呼んでいます。火神のことは「かがみん」とよんでいます。

実は似ている?桃井さつきと相田リコとの関係

『黒子のバスケ』桃井さつき相田リコ

桃井さつきは誠凛高校の監督兼マネージャーの相田リコには強い対抗意識を持っています。一方、リコも会うたびに自分の胸(貧乳)をからかってくる桃井を小娘と呼び、張り合っています。

そんな犬猿の仲の二人ですが、マネージャーとして分析能力に長けているところだけでなく、料理のうでが壊滅的という点も似ています。例として彼女たちが作る「レモンのはちみつ漬け」とは「レモンを丸ごとはちみつに漬けただけ」というおそろしいものです。