© 藤巻忠俊/集英社・劇場版「黒子のバスケ」製作委員会

『黒子のバスケ』青峰大輝・ディフェンス不可能、キセキのエースを紹介

2017年7月6日更新

キセキの世代最強とも言われる青峰。かつての黒子の相棒だった彼がどうして今に至ってしまったのか、そこには彼にとってとてもつらい過去がありました。最強でありながらも、つらい過去をもつ青峰大輝を紹介していきます。

青峰大輝のプロフィール

黒子のバスケ 青峰 大輝

青峰大輝は身長192cm、色黒の恵まれた体格をしています。

非常に傲慢、さらには自信家で「オレに勝てるのはオレだけ」と豪語しています。先輩に敬意を持つことはなく、暴力に訴えたこともあります。しかし、黒子のシュートの練習に付き合う等、面倒見がよく優しい一面も持っています。

キセキの世代なだけあって実力は圧倒的ですが、バスケに対して不真面目な態度で、練習を一切しません。

帝光時代の黒子の相棒ですが、現在では疎遠になってしまっています。しかし、今でも気に掛けており、彼のことを貶すチームメイトを一蹴したこともあります。

奇跡の世代エースの華麗なプレー

青峰 黒子のバスケ

キセキの世代の中でも最もスピードに優れています。ただ速いと言うだけではなく瞬発力や加速力、急停止する減速力などを持っています。

あらゆる位置、体勢からでもシュートを決めることができる「型のない(フォームレス)シュート」を武器にしています。その変幻自在かつ予測不能なプレーやフォーム、青峰自身のスピードから「DF不可能の点取り屋(アンストッパブルスコアラー)」と呼ばれています。

本来、偶発的にしか入れないはずの「ゾーン」に自分の意思で入ることができ、予測より速く動く「野性」、優れた反射神経から、作中でも圧倒的実力をもつプレイヤーです。

誠凛高校との死闘

黒子のバスケ

IH予選決勝リーグ初戦で黒子テツヤを擁する誠凛高校と対戦。この試合では青峰大輝の圧倒的強さで、ダブルスコアをつけて圧勝します。

しかし、WCでもう一度誠凛高校と試合した際、誠凛は前回よりはるかに実力をつけていたことで序盤から点の取り合いになります。

黒子の技を次々攻略し、視線誘導も切れ、勝利を確信したその時、黒子の新技「ミスディレクション・オーバーフロー」が発動します。その大技に翻弄され桐皇は点を取られてしまいます。

さらに、実力をつけた火神と戦うことで青峰はついに本気を出し、「ゾーン」に突入、同様にゾーンに入った火神との一騎打ちになります。

しかし、最後には黒子と火神の連携プレーの前に敗れます。

バスケに対する不真面目な態度

黒子のバスケ 青峰 大輝

© 藤巻忠俊/集英社・劇場版「黒子のバスケ」製作委員会

バスケの練習を一切せず、試合をサボることさえある青峰大輝ですが、最初からこうではありませんでした。

かつては純粋にバスケが好きな少年で、帝光中学に入学した当初もバスケに真摯に打ち込み、練習を欠かすこともありませんでした。しかし、中学2年でその才能が大きく開花すると周りの選手は青峰についていくことができなくなってしまいます。

他校の生徒も青峰の実力を前に戦意喪失、途中で諦めてしまう者ばかりに。自分と対等に戦えず、戦意を喪失していく相手を見た青峰はバスケの楽しみを失ってしまいました。

しかし、WCで誠凛に敗北した後に、また練習試合がしたいと発言、黒子にシュートを教えるなどとバスケへの情熱を取り戻し始めています。

旧光と影、黒子テツヤとの関係

黒子 テツヤ 黒子のバスケ

帝光中学時代、黒子テツヤの相棒で「テツ」と愛称で呼んでいました。黒子にとっても、中学時代試合でミスをして降板させられそうになった自身を庇ってくれた上、励ましてくれた青峰のことを大切に思っています。

しかし、才能を開花させてしまいバスケを楽しいと思わなくなってきてしまった青峰大輝は黒子に自身の憤りをぶつけます。黒子の言葉も切り捨ててしまい、青峰と黒子の仲はこじれていってしまうのでした。

緑間が黒子のことを影と呼び、最強である青峰が影を最も際立たせられる光、という発言から「光と影」の呼称が生まれたようです。

桐皇が誠凛に敗北し、全力でぶつかり合ったためか自然と黒子と仲直りをし、シュートの練習に付き合う等以前のような関係に戻りつつあります。

桃井さつきとの関係

相田リコ 桃井

帝光中学および桐皇学園高校バスケ部のマネージャーである桃井さつきとは幼馴染で、「さつき」と呼び捨てにしています。

桃井は「大ちゃん」と呼んでいましたが、中学からは周りにいろいろ言われると「青峰くん」に変わります。しかし、桐皇が敗北したことで吹っ切れて「大ちゃん」呼びに戻します。

桃井は黒子のことが好きで、本当は黒子と同じ高校に進学したかったようですが、荒んでしまった青峰を心配して桐皇に進学しました。

2人の非常に距離感は近いですが付き合っているわけではない、絶妙な関係にあります。

黄瀬良太の憧れだった?

黄瀬 涼太 黒子のバスケ

中学時代、黄瀬はどんなことでも見ただけで模倣、すぐにうまくなってしまうため、何に対してもやる気のもてない日々を送っていました。

しかし、体育館で青峰大輝がバスケをプレイするところを見たその天才的プレイに興味を持ちバスケ部に入部します。黄瀬は自分でも真似できないそのプレイに憧れ、何度も1on1を挑みましたが、結局勝つことはできませんでした。

また、青峰も黄瀬の実力を高く評価しています。

黄瀬との試合に敗れた灰崎祥吾が黄瀬を襲おうとしたときには、その行動を察して、黄瀬を守るために灰崎を殴っており、非常に大切に思っていることが伺えます。

青峰大輝のバスケットシューズは?

黒子のバスケ 青峰

青峰大輝が使用しているバスケットシューズはNIKE:ZOOM SKYPOSITE(ナイキ:ズーム スカイポジット ブラック×ブラック)。

作中ではナイキのマークが反転しています。デザインのかっこよさ、シューズの軽さから人気が高いシリーズで様々なカラーバリエーションが存在しています。

元々数が少ない上、輸入製品となってしまうため、非常にレアな商品です。さらにカラーバリエーションは豊富ですが、その分、自分の欲しい色が入荷されていないことも多く、入手するのは少々骨が折れるでしょう。

9:青峰大輝の声優は?

諏訪部順一

 諏訪部順一

1972年3月29日のベテラン声優で、演じる青峰とは28歳も年が離れています。

1ヶ月に90本以上ナレーションを担当するなど、当初はナレーターとしての仕事をしていました。しかし、テレビアニメ『テニスの王子様』の跡部景吾役を担当したことをきっかけに声優としても大ブレイク。現在でも第一線で活躍しています。

帝光中時代のエピソードを本腰入れて演じたくなりました。  TVシリーズを「もう一回やりませんか」? いやホント、マジで!!

TVでキャラクターの過去が明らかになると、それを踏まえてもう一度アフレコをしたくなるほど、思い入れがあるようです。