2021年2月24日更新

『彼女、お借りします』のあらすじや魅力をネタバレありで解説!最新19巻までの内容をおさらい

彼女、お借りします
(C)宮島礼吏・講談社/「彼女、お借りします」製作委員会

宮島礼吏の漫画『彼女、お借りします』は2017年から週刊少年マガジンに連載され、2020年にはアニメ化もした人気ラブコメです。この記事では、そんな「かのかり」のあらすじや魅力を最新19巻までネタバレありで紹介します!

『彼女、お借りします』の魅力をネタバレありで解説!“レンタル”した彼女はS級美少女!

彼女、お借りします
(C) 宮島礼吏・講談社/「彼女、お借りします」製作委員会

宮島礼吏の漫画『彼女、お借りします』は、2017年から週刊少年マガジンに連載され、2020年にはアニメが放送されている人気ラブコメです。略称は「かのかり」。 物語は、恋人にフラれた男子大学生の主人公が恋人代行サービスを利用することから始まります。レンタル彼女の美少女は偶然にも主人公の同級生でした。そのせいで周囲に誤解されながら2人の関係が変化していく、という王道のラブコメ展開が魅力の作品です。 この記事では、そんな「かのかり」のあらすじや魅力を、19巻までネタバレありで紹介していきます! ※ciatr以外の外部サイトでこの記事を開くと、画像や表などが表示されないことがあります。

『彼女、お借りします』の魅力はズバリ、“主人公への共感”と“ほどよいハーレム感”

彼女、お借りします
(C)宮島礼吏・講談社/「彼女、お借りします」製作委員会

2020年7月からアニメも放送された「かのかり」。その人気の理由は主人公への共感、女性キャラ、ほどよいハーレム感の3つでしょう。 主人公は作品のファンからも「クズ男」などと揶揄されがちなキャラクターですが、こじらせた童貞らしい行動が多いです。そんな主人公に実は共感している読者もいるのではないでしょうか。 また、本作の何よりの魅力は女性キャラが立っていることです。とくに、メインヒロインの水原千鶴(みずはらちづる)はビジュアルはもちろんのこと、振る舞いやセリフ、人生観に至るまで立派です。 他にも、腹黒い元カノの七海麻美、一途で積極的な更科るか(さらしなるか)、極度の人見知りの桜沢墨(さくらさわすみ)など、1度読んだら忘れられない濃いヒロインたちが集まっています。 こうした強烈なヒロインたちが、徐々に主人公と距離を近づけていき、気が付けば実質的なハーレム状態に……。しかし、あくまでスタートはレンタル彼女です。このほどよいリアリティが、多くのファンを獲得している理由でしょう。

1巻あらすじネタバレ

初めてできた彼女・七海麻美から、交際1ヶ月でフラれてしまった男子大学生・木ノ下和也。寂しさを紛らわせるために、レンタル彼女サービス(レンカノ)に申し込みます。 レンカノとして現れた水原千鶴は容姿も言動も完璧な美少女でした。喫茶店でのデートに浮かれる和也でしたが、後にネットを見て、千鶴の対応がマニュアル通りであることを知ります。落胆した和也は千鶴に対して「虚しくならない?」などと嫌味を連呼。千鶴も耐えきれずに怒り出し、口論に。 そんな中、和也の祖母が病気で倒れてしまいました。レンカノの契約時間内だったため、和也は千鶴を連れて祖母の見舞いに行きます。そして、祖母に千鶴を「彼女だ」と紹介。病院内には千鶴の祖母もいたため、誤解が広がります。その場では話を合わせてくれた千鶴ですが、「2度と申し込んでこないで!」と和也を拒絶するのでした。 しかし和也と千鶴は偶然にも同じ大学で、アパートの部屋も隣同士だったと発覚します。さらに、別れたはずの麻美が思わせぶりな態度で和也を家に誘ってきて……。奇妙な三角関係がはじまります。

2巻あらすじネタバレ

和也は大学の仲間と一緒に海に旅行に訪れました。偶然、海には千鶴も来ており、2人は鉢合わせになってしまいます。 以前、和也は友人の栗林に対して本当の恋人であるかのように千鶴を紹介していたため、嘘がバレないか焦ります。また、千鶴もレンカノのバイトを周囲に隠していたため2人とも冷や汗をかくのでした。 一方、麻美は自身と別れた和也がすぐに美人と交際しはじめたことに不快感を覚えていました。そこで、和也に思わせぶりな態度を取り、千鶴との恋路を邪魔しようと画策します。和也も、麻美との復縁を望む思いがあったため、誘いに乗って岩陰で2人きりに……。しかし、麻美の嫌味に対して、和也は「水原はそんな子じゃない!」と千鶴を守ります。 終盤で、和也の親友からチケットもらい、和也と千鶴はフェリーに乗ることに。体調が悪かった千鶴は海に転落してしまいますが、和也が躊躇なく追って飛び込み救助します。険悪だった和也と千鶴の距離が、少し縮まったのでした。

3巻あらすじネタバレ

和也と千鶴の祖母たちは、2人が本当に交際していると信じています。そのため、温泉旅館でも和也と千鶴を同室にするいたずらをしてくるのでした。 結果としてプライベートの千鶴(本名・一ノ瀬ちづる)と接する時間が増えた和也は本気で彼女を意識しはじめます。麻美との復縁よりも、千鶴と本当の交際を望みはじめるのです。 そんな中、栗林の彼女・更科るかが登場します。るかと栗林、和也と千鶴、という組み合わせでダブルデートをすることになりました。すると、るかは千鶴に対して「あなた、レンタル彼女ですよね?」と驚きの指摘をします。 ダブルデート終了後、栗林にバレないように、和也はるかを問いただしました。なぜレンカノだと気付いたのかを詰問すると、るかは「私もレンタル彼女なんです」と自身の境遇を話しはじめるのでした。

4巻あらすじネタバレ

るかは生まれつきの心臓の病気で心拍数が少なく、何をしても“ドキドキしない”という、味気ない日々に悩んでいたと言います。レンカノのバイトも、ときめきを求めてはじめたとのこと。 レンカノのバイトでも“ドキドキ”する経験はできなかったものの、利用客の栗林を通じて、同業者である千鶴の話を耳にしました。ただの“レンタル彼女”に対して「最高の彼女だ」と言い張る和也に対し、るかは人生最大の“ドキドキ”を経験したのです。 こうした経緯で、和也にただならぬ興味を持ったるかはアパートにまで押しかけて来ます。そして、彼女は和也に「付き合ってください!」と宣言。 千鶴に気がある和也が拒否すると、るかは声をあげて泣き出しました。そのやり取りを見て不憫に思ったらしい当の千鶴は「付き合いなさい」と助言してきます。和也は千鶴の助言に従い、るかと“お試し”交際をはじめるのでした。 一方で、千鶴が女優になることを目指していたことが発覚します。彼女が俳優仲間とショッピングをしていることに嫉妬し後を追っていた和也ですが、実は千鶴は彼が海に飛び込んだ時に壊れたケータイのお詫びにスマホケースを購入していたのです。

5巻あらすじネタバレ

るかは和也が困惑するほど積極的です。和也をラブホテルに誘ったり、同じカラオケ店でバイトをはじめたりと、可能な限り接近をして来ます。 また、千鶴の祖母たちの初詣にまでついて行ったるかは、千鶴に対して「和也君のこと、好きじゃないんですか?」「その気がないなら身を引いてください」と、明確に敵意を表します。ただし、千鶴がレンカノだと周囲にバラすのは気が引けてしまい、祖母たちの前では友好的に接するのでした。 そんな中、和也の前には桜沢墨という、新たなレンカノが登場します。墨は極度の人見知りを克服するべくレンカノになった少女でした。しかしあまりにもコミュニケーションが下手で、利用客からクレームが出てしまっていたのです。 同業の先輩である千鶴は、和也に墨と練習デートをして欲しい、と頼むのでした。

6巻あらすじネタバレ

和也と墨の練習デートは大成功。墨を不良から守るなど、和也も男らしい一面を見せることができました。 しかし墨と和也が一緒にいるところを、元カノの麻美に見つかってしまいます。麻美は最近の和也がモテ過ぎていることに不審感を覚え、ネットで情報を収集。ついに千鶴や墨がレンカノであることを見抜きました。 そして、麻美は偽名で千鶴のレンタルサービスに申し込みます。指定のカラオケ店に千鶴が現れると、嫌味を交えつつ、和也との関係についてカマをかけました。対する千鶴も、麻美に和也との関係性を質問。和也と付き合う気があるのか追求します。その女同士の言い争いを、カラオケ店でバイト中の和也は、偶然聞いてしまうのでした。 その夜、アパートの廊下で和也は千鶴を待っていました。麻美との口論について謝罪と感謝を述べ、「君がいいっ!!君がっ!!!」と、千鶴に告白とも取れる言葉を伝えますが――。

7巻あらすじネタバレ

千鶴に「君がいい」と感情をぶつけた和也でしたが、我に返って言い訳をはじめます。千鶴は女優活動に専念するために、レンカノを辞めることを検討中でした。そこで和也はレンカノを辞めて欲しくないという意味で「君がいい」と言ったのだと、強引な説明を追加。千鶴に呆れ顔です。 そんな千鶴は、有名演出家が担当する舞台へ出演し、演技が大評判になっていました。しかし演出家とのコネの関係で、千鶴は次回のキャスティングからは落選。落ち込む千鶴を和也は励まし、レンカノに申し込んでデートをすることにします。 デート中、レンカノとして“理想のキャラ”を作ろうとする千鶴に対して、和也は「いつも通りの水原が“理想”なんだ」と伝え、自然体に戻るように伝えました。 レンカノとしての契約時間である17時を過ぎても、千鶴はバッティングセンターや祖母に見舞いに、和也を連れ出します。恋人ではないものの、プライベートでの関係を千鶴に認められたのでした。

8巻あらすじネタバレ

麻美は和也の部屋を訪れた際、女物のバッグがあるのを目にして、周辺を探りはじめました。 麻美からの呼び出しに出向いた和也。ひとけのない教室で、麻美は「千鶴さん、レンタル彼女なんだって?」「本気になってないよね?」と核心を突いてきます。和也はとっさに社会勉強だと説明し、その場を切り抜けるのでした。 一方、るかはバイト帰りに和也の家で手作りカレーを振る舞いたい、と言い出します。当初、るかは偶然を装っている素振りでしたが、献立メモや避妊具まで用意していた上、その晩は台風で家に帰れないという状況も計算済みだったと判明。 るかは、身体の関係を求めているかのように、夜中に和也の背中に触れてきます。興奮する和也でしたが、以前千鶴にもらったスマホケースを見たことで理性が復活。るかに対して「中途半端なままヤっちゃいけない」「本当は飛び跳ねるくらい嬉しい」と正直な想いを伝えるのでした。 その夜には何も起こらなかったものの、翌朝、るかから頬にキスされます。隣の部屋に住む千鶴は、るかが和也の部屋で一夜を過ごしたと察し、人知れず顔を紅潮させるのでした。

9巻あらすじネタバレ

和也は墨に相談に乗ってもらいながら、千鶴への誕生日プレゼントを選びました。千鶴にベランダからメッセージカードと梅干しを渡します。また、るかと肉体関係はない、という旨も和也は千鶴に伝え、誤解を解きました。千鶴は「ちょっとジジ臭かったけど」と言いつつも、梅干しに喜んでいる様子です。 その後、大学の飲み会にて、地味な格好の千鶴が和也の彼女として現れた少女ではないかと、正体がバレそうになるハプニングが発生。しかし和也が機転を利かせて、仲間たちに酒を飲むように誘導します。酒で判断力を鈍らせることで、千鶴の秘密を守ることに成功したのでした。 一方、和也の周りを嗅ぎ回っている麻美はバイト先のカラオケ店にも顔を見せました。店頭で、るかは麻美が元カノだと察知。自分が今の和也の彼女だと明言し「和也くんの周りをウロチョロしないでよ!」とハッキリ伝えるのでした。 麻美は不快感を覚えつつもカラオケ店を出ることに。しかし今度は電車で千鶴に再会し――。

10巻あらすじネタバレ

麻美は、和也の部屋にあったカバンが千鶴の持ち物だと確信します。電車で千鶴を隣に座らせ、皮肉交じりに会話した後、もう和也とは会っていないかどうかを尋ねました。すると千鶴は、真剣な表情で「はい」と答えるのでした。 さらに麻美は、和也の祖母のSNSアカウントを見つけ、和也の親族にもコンタクトを取ろうと画策しはじめます。 そんな麻美の暗躍を知らない和也は、気晴らしに千鶴との「制服デート」を申し込みます。久しぶりの正式なレンカノの依頼として、プリクラを撮ったり、観覧車に乗ったりと、楽しい休日を満喫。 その翌日、和也の祖母が、和也と千鶴の合同誕生日会を開くと連絡してきます。また、るかが誕生日会の話を聞きつけ、強引に参加して来ることに。断りきれなかった和也は、千鶴に連絡して同意を取りました。しかし、誕生日会の当日、約束の18時を過ぎても、千鶴は現れませんでした。

11巻あらすじネタバレ

千鶴が誕生日会に遅れたのは、千鶴の祖母・小百合の病状が悪化したためでした。 遅刻したものの、和也の祖母・和(なごみ)に会った千鶴は完璧な作法で挨拶します。るかは、千鶴の“神対応”を見て、女性として負けていると実感。リードしたい思いから、2人きりになったタイミングで和也にキスをするのです――。 そんな状況をしらない和也の祖母・和は先祖代々伝わる指輪を、千鶴にプレゼントすると言い出します。まるで嫁入り前のような親族の行動に、和也も千鶴も困惑。 もう嘘を続けられないと感じた和也は、祖母たちにレンカノの真実を伝えようと千鶴に提案しました。そんな中、小百合が倒れたという連絡が入ります。彼らは急いで病院へと駆けつけましたが、医師の話では、先は長くないとのこと。 和也は本当のことを打ち明けようと、千鶴に提案します。しかし彼女の返答は意外にも「(真実を)言いたくない」というものでした。「とっくにただの嘘じゃないの」と千鶴は口にして、和也から指輪を受け取るのでした。 るかは小百合の様態を案じ、「休戦です、千鶴さんとの関係」と恋敵への優しさを見せます。

12巻あらすじネタバレ

制服姿で現れた墨は、和也を元気づけようと、水族館デートに誘ってくれました。館内を巡り、イルカショーでずぶ濡れになる2人。墨は自分のプランが失敗したと落ち込みますが、和也は気に留めていない素振りで「すごく楽しい」と彼女を励まします。 感情が高まった墨が和也に「好き」と告白しかけるのですが、相変わらず声が小さくて、彼には伝わりませんでした――。 それでも健気な墨は夜の公園で、和也に誕生日プレゼントのニット帽を渡します。また和也が千鶴の祖母の容態に抱える不安や、千鶴に何かしてやりたいという思いを打ち明けると、墨は涙を流すほど共感しながら、和也の悩み相談に乗ってくれたのでした。 墨に勇気づけられた和也は千鶴のために自分にできることを模索。そして、答えを見つけて千鶴の部屋に赴きます。和也が提案したのは、クラウドファンディングで自主制作映画を作ることです。千鶴は「できる?本当に……」と確認してきます。 千鶴は、和也の本気を感じ取ると「作って……私の映画」と涙を浮かべて懇願。和也は「やってやる!必ず最後まで!何があっても!」と叫ぶように誓いました。 そして200万円程の費用を集め、映画を制作して祖母に見せるという計画が動き出します。

13巻あらすじネタバレ

何としても映画の制作を成功させたいと思う和也でしたが、現実はそう甘くありません。クラウドファンディング用のプランをひと晩かけて考えるものの、不合格を言い渡されてしまいます。 その晩ベランダ越しに話す和也と千鶴。千鶴は和也を励まし、和也は千鶴の強さに改めて関心しました。2人きりの時間を満喫する2人ですが、不意に隣人から声をかけられます。 「ベランダでイチャイチャ話をするくらいなら付き合えばいいのに」と見ず知らずの人に言われてしまい、2人は今後ベランダで話すのは控えようと決めます。その隣人は和也の大学の後輩で、八重森(やえもり)みにという女の子でした。みには和也とすぐに打ち解けます。 ベランダ会議ができなくなったため、千鶴は和也の部屋を訪れました。そこに、るかがやってきて修羅場のような状況に。和也もさすがに言い訳できず、るかに事情を説明します。するとるかも、映画に参加すると言い出すのでした。 企画を練り直したことで、ついにクラウドファンディングの審査に合格。和也と千鶴は夢に向かって気合を入れます。

14巻あらすじネタバレ

クラウドファンディングが始動し、和也は次に脚本家を探し始めました。行き詰まって夕飯の買い出しに出かけた和也を、強引に部屋に引き入れたのは隣の部屋の“みに”という少女。彼女は以前の和也と千鶴・るかとの修羅場を録画していました。 観念した和也がレンカノのことやこれまでの事情を話し、みには数少ない和也と千鶴の関係を知る人物に。さらにレンカノを借りるために和也がつぎ込んだ金額を知り、その行為に感動したみには和也のことを「師匠」と呼び始めます。 滑り出しは順調に見えたクラファンですが、次第に勢いは減衰。しかし和也は必死に駆け回り、ひとまず脚本家と監督を確保することができました。 みには実はコロネ丸という名義で活動するコスプレイヤーで、配信やネット文化に強いことが判明します。クラファン経験者でもあった彼女は、和也・千鶴・るかを集めて問題点を指摘しました。 彼女の発案で、返礼品に千鶴の私物を提供することに。一方で和也とるかはビラ配りをして、企画の知名度アップを図ります。そんな中、みには千鶴に、和也は千鶴が好きだと言ってしまうのです。

15巻あらすじネタバレ

みにが和也の気持ちを勝手に暴露してしまったことで、心なしか千鶴の態度が冷たいことに落ち込む和也。和也には彼女が冷たい理由が分からなかったため、翌日みにに尋ねてみると、みにが和也の気持ちを千鶴に言ってしまったというのです。 信用を失ったのではと焦る和也でしたが、千鶴から連絡がきてホッと一息。千鶴によると、千鶴の役者仲間でインフルエンサーでもある海が、クラウドファンディング最終日にSNSでRTしてくれるというのです。喜ぶ和也でしたが、千鶴の様子が変なことに気付きます。 千鶴は海に観劇に誘われていました。協力してもらう手前、断りにくいという千鶴。和也も本音では行かせたくありませんが、クラウドファンディング成功のため、彼女を送り出します。海にモーションを掛けられながらも、千鶴の中では和也への気持ちが大きくなっているようでした。 海のRTのおかげもあって、クラファンは目標金額を達成。夏休みに入り、映画の撮影がスタートします。るかも千鶴の後輩役で出演することに。千鶴の芝居を目の当たりにして、改めて和也も自分の将来について考え始めます。

16巻あらすじネタバレ

夢に近づく千鶴に引け目を感じる和也は、彼女を自然と避けてしまいます。それに気づいた千鶴に問いただされ、胸の内を明かす和也。弱気な和也に対し、千鶴は和也に会って後悔したことなどないと断言します。またも彼女の言葉が、和也を救いました。 順調に進んだ撮影は、残すところラストシーンの撮影のみ。頼んでいたスタッフが来られないということで、代わりに和也が向かうことになりますが、ラストシーンは温泉で泊まり込みの撮影です。千鶴と2人きりでの宿泊撮影を避けるため、和也はみにとるかを誘い、4人で向かうことに。 しかし、みにの仮病作戦により、結局千鶴と和也の2人きりで向かうことになります。千鶴は和也の前で平然を装っていましたが、トイレで1人っきりになると耳まで真っ赤に……。彼女もまた和也を意識していたのです。 満天の星空の下でラストシーンを撮影する2人。最高のロケーションで千鶴は和也に感謝の言葉を伝え、和也も彼女の役に立てた嬉しさから涙を流します。 お互いへの好意を強く自覚することになった撮影の翌日。駅にはみにに騙されて同行できなかったるかの姿が。和也はるかへの罪悪感もあり、彼女の言うことをひとつ聞くと約束してしまいます。

17巻あらすじネタバレ

和也とるかは、るかのお願いである誕生日デートでプールに行きます。楽しい時間を過ごし、和也も満更でもありません。彼女は誕生日のプレゼントとして、呼び捨てとタメ語の許可をもらいます。「和也」と呼び捨てにされ、少し2人の距離が縮まりました。 千鶴は、映画の撮影が無事終わったことを百合子に報告します。映画上映に向けて、みんなの気持ちが盛り上がっていきます。しかしあと少しというところで、百合子の病状が悪化。持ってあと数日という現実が突きつけられ、千鶴主演の映画を見せてあげるという夢は実現不可能に。 さらに千鶴は百合子に大きな嘘をついていました。和也と恋人だということです。和也はこのまま嘘を貫いていいのかと、千鶴に問います。そして「水原の気持ち最優先で行って欲しい」と、最後の判断を彼女に委ねるのでした。 そんな折、和也のスマホに1件のLINEが入ります。それは部長からのメッセージでした。和也は強くスマホを握りしめます。

18巻あらすじネタバレ

嘘を百合子に明かすべきか悩む千鶴の元に、連絡を受けて飛び出していった和也が戻ってきます。その手には出来上がったばかりのフィルムが。意識があるか分からない百合子と千鶴の、2人きりでの上映会が病室で始まります。 女優の姿を見せるという夢を、不完全な形ではあるものの実現した千鶴。しかし刻一刻と百合子の時間は減っていきます。そして千鶴は隠している嘘があるものの、その内容は伝えないという選択をするのでした。百合子はそんな選択を受け入れ、「可愛い孫が選んだ答えなら、どちらでもいいわ」と伝えます。 最後の力を振り絞り「素敵な映画をありがとう」と言う百合子。こうして2人の夢に一旦の終わりが訪れます。 翌朝驚くほど気丈な態度で振る舞う千鶴。あまりに“完璧な彼女”の姿の千鶴に、和也は無力感を感じます。そこに現れたのは墨でした。墨は“レンタル彼女と客”や“マンションのお隣さん”という関係性に悩む和也をデートに誘います。 口下手な墨は行動で、落ち込んでいる人を励ます方法を伝えていたのです。墨とのデートで元気をもらった和也は、今度は自分の番だと意気込みます。彼は千鶴を元気にするためのデートを計画するのでした。

19巻あらすじネタバレ

eeeeeeeeee

前借りしたバイト代を全てはたいて、千鶴をデートに誘った和也。お通夜ぶりに顔を合わせた千鶴は笑顔を装っていたものの、まだ落ち込んでいる様子が見られます。和也は1日掛けて彼女を元気づけるために、まずは千鶴が好きな映画館へ連れて行きました。 映画の最中に手を繋いだり、感想を述べ合ったりしたことで心の距離が縮まった2人。和也の思いに気付いた千鶴は、改めて映画に協力してくれたことに感謝の意を伝えます。 その後も2人はボルダリングや豪華なランチなどを楽しみました。しかし夕食後に訪れた公園で線香花火をしていると、亡くなった祖母との思い出が沸き上がったのか、彼女の目には涙が浮かびます。 本当は悲しいはずなのに気丈に振る舞う彼女に対して、和也は「俺の理想の彼女はさ……たまにちょっと泣くんだ」と告白。千鶴は堪えきれずに和也に抱きついて泣き出してしまいます。 すぐに泣き止んで笑顔を見せた千鶴に戸惑いつつ、デートを終えた2人は帰宅。悶々とする和也とは反対に、千鶴は祖母の写真が飾られた仏壇に向かって「和也には欠点が多々あるけれど、泣いたら寂しかった気持ちが収まった」と独白していました。

『彼女、お借りします』のメインキャラクターを紹介

魅力的なヒロインと主人公の関係性が、「かのかり」の大きな見どころです。主要キャラクターを以下で紹介するので是非振り返りに活用してくださいね。

木ノ下和也

主人公は、男子大学生の木ノ下和也です。1巻時点での年齢は20歳。 人生で初めてできた彼女・七海麻美に交際1ヶ月でフラれ、寂しさを埋めるためにレンタル彼女サービス(レンカノ)を利用します。そこで水原千鶴と出会うのでした。優柔不断で見栄っ張りな性格ですが、行動力が有ます。 また、物語が進むにつれ、徐々に自分の行いを反省したり、ヒロインを助けたりと成長して、頼れる男になりつつあります。

水原千鶴/ 一ノ瀬ちづる

本作のメインヒロインが、水原千鶴です。年齢は1巻の時点で19歳。和也が初めて申し込んだ「レンカノ」として登場します。 顔立ちや服装の可愛さはもちろん、仕草や言葉づかいも完璧で、ネット上のレンカノ評価サイトでも大人気です。ただし、本来は強気で計算高い性格をしています。プライベートでは、レンカノをしていることを周りに隠し、メガネをかけた地味な三編み少女として生活しています。 本名は一ノ瀬ちづる。両親がいないこともあって、祖母想いです。女優だった祖母の影響を受けて、映画女優になる夢を持ちました。バイトをする理由も、女優養成所の費用捻出のためです。

七海麻美(ななみまみ)

七海麻美(ななみまみ)は、和也の同級生で元カノで、髪型はボブカットです。普段は明るく振る舞っていますが腹黒い面があり、1人になるとSNSの裏アカでネガティブなことを書き込んでいます。 自身と別れた和也が、即座に千鶴と付き合いはじめた姿を目撃。悔しさと執着心から、和也の恋路を妨害しはじめるのです。他のヒロインに直接会いに行って嫌味を言ったり、和也の自宅に押しかけたりと、恐ろしいほどの行動力を見せています。

更科るか(さらしなるか)

更科るか(さらしなるか)は和也の友人の彼女として登場した、ショートヘアの美少女です。実際は友人の彼女ではなく、るかもレンカノでした。 心臓の持病のため、胸が高鳴る体験ができていないと感じており、素敵な“ドキドキ”を求めてレンカノのバイトを開始。和也に本気の恋心を抱くようになります。 良くも悪くも一直線で、悪口も恋の告白も、包み隠さずに相手に伝える性格です。和也に最も積極的にアプローチしているヒロインで、和也のお試し交際相手になっています。

桜沢墨(さくらさわすみ)

桜沢墨(さくらさわすみ)は、千鶴と同じ事務所に所属するレンカノで、桜色の髪が特徴です。 極度の人見知りで、コミュニケーションの苦手を克服するために、レンカノのバイトに応募します。しかし、あまりにも会話が下手なうえにあがり症なため、なかなか克服できずにいました。 結果、レンカノの先輩である千鶴の紹介で、和也と練習デートをすることに。和也に不良から守ってもらったり、エスコートしてもらったという体験から、恋心を持ちはじめます。しかし、内向的なだけに、和也にも想いを伝えられていません。

「かれかり」の今後の展開からも目が離せない!ヒロインたちの想いはどうなる?

彼女、お借りします
(C)宮島礼吏・講談社/「彼女、お借りします」製作委員会

レンタル彼女サービスからはじまるラブコメ『彼女、お借りします』。毎回の引きが上手く、続きが気になるエピソードが連続しますね。 本作は魅力的なヒロインたちと、お泊り、水族館、遊園地、手作り料理……などの王道のシチュエーション続く、夢の世界だとも言えるでしょう。また、物語序盤はクズ男の代表のような行動が多かった主人公・和也も、少しずつ成長していきます。 和也は女性への接し方も自然になり、不良からヒロインを守ったり、プレゼントをあげたりもできるようになった上、積極的に自主制作映画活動もはじめました。 和也がどう成長し、最後はどのヒロインとゴールするのか、そして負けヒロインはどう描かれるのか、今後も気になるところですね。