フリー画像

映画『さよならの朝に約束の花をかざろう』が楽しみすぎる【『あの花』の脚本家、岡田麿里初監督作】

2017年12月15日更新

『あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。』で人気となった脚本家、岡田麿里。『機動戦士ガンダム鉄血のオルフェンズ』など、活躍の場を広げ、次の挑戦は劇場版アニメの監督です!今回はそんな『さよならの朝に約束の花をかざろう』の情報をご紹介します。

映画『さよならの朝に約束の花をかざろう』が公開決定!

TVアニメ『あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない』をはじめ、近年ヒット作を次々と手がけている脚本家、岡田麿里。その初監督作である映画『さよならの朝に約束の花をかざろう』の公開が決定しました。 30秒の予告映像からは「1人ぼっちと1人ぼっちの出会い」、「出会いと別れが紡ぐ永遠の一瞬」等、気になるワードが散りばめられています。 脚本だけでなく、監督として描かれる岡田麿里の世界は、私たちにどんな衝撃を与えてくれるのでしょうか。

気になるストーリーは?

本作は、10代半ばで外見の成長が止まり、極めて長い寿命を持つため、「別れの一族」とも呼ばれるイオルフ族の民・マキアの物語。人里離れた場所で静かに暮らしていたマキアですが、長寿の血を求めるメザーテ軍によって襲撃を受けることで、その穏やかな日常は一変してしまいます。 命からがら襲撃から逃れたマキアは、ひとりぼっちの赤ん坊、エリアルを発見し、行動を共にするようになります。しかし、いつまでも少女のままのマキアと成長するエリアルの間には、「時の隔たり」があったのです。互いに「ひとりぼっち」だった二人は、どんな運命を辿るのでしょうか?

声優も遂に発表!石見舞菜香、入野自由らが参加!

マキア役は大型新人・石見舞菜香

主人公のマキア役を演じるのは、『クジラの子らは砂上に歌う』『ゲーマーズ!』への出演などで注目を集める大型新人・石見舞菜香。1998年生まれの若手声優の彼女が、ベテラン声優たちの中でどんな演技を見せるのか?期待が高まりますね!

入野自由、茅野愛衣、杉田智和、梶裕貴ら豪華声優陣も参加!

エリアル役を演じる入野自由をはじめ、脇を固める声優陣にも数々の人気作品に出演している豪華声優陣が参加します。現在明らかになっているのは茅野愛衣、梶裕貴、沢城みゆき、細谷佳正、佐藤利奈、日笠陽子、久野美咲、杉田智和、杉田智和です。

主題歌はrionosが担当!

主題歌を担当するのは、『クジラの子らは砂上に歌う』のエンディング主題歌などを担当したrionos。rionosは自身のTwitter上で、「純度の高い作品、音楽も心を込めて作り歌いました」とコメントしています。

『あの花』『ここさけ』を生み出した脚本家、岡田麿里とは

1998年頃からTVアニメの脚本家としての仕事を始めた岡田麿里ですが、シリーズ構成の仕事も受け持ち『花咲くいろは』や『黒執事』等、担当したヒット作品は多数。 こつこつと脚本家としての仕事を積み重ね、不登校であった自身の経験も踏まえてか、不登校児を主人公とした『あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。』でその名前を世に知らしめました。 必ずしも登場人物が皆幸せになれるわけではありませんが、一人一人しっかりと自らの抱える問題と向き合い、ぶつかりながら成長していくその作風は多くのファンを虜にしています。

映画『さよならの朝に約束の花をかざろう』の公開日は?

映画『さよならの朝に約束の花をかざろう』の気になる公開日は2018年2月24日!2017年7月8日から、限定クリアファイル付きのムビチケカードが前売りされています。 タイトルや公開された予告映像から、岡田麿里作品独特のノスタルジーが漂っており、ストーリーや世界観など彼女のファン必見の一作となりそう。 また、『花咲くいろは』や『SHIROBAKO』などのクオリティの高い人気アニメ作品を多数手がけているP.A.WORKSが制作を手掛けることから、岡田麿里のファンではない方も楽しむことができる作品になるのではないでしょうか!