Supplied by LMK

『セントラル・インテリジェンス』ドウェイン・ジョンソンがおデブになる!?【あらすじ・キャスト】

2017年10月28日更新

高校時代の人気者と元いじめられっ子が中年になって再会。立場がすっかり変わってしまった2人がトラブルに巻き込まれる騒動を描く『セントラル・インテリジェンス』。ドウェイン・ジョンソン主演の、新たなバディ・ムービーの登場です。

痛快バディ・ムービー『セントラル・インテリジェンス』とは

2016年製作のアメリカ映画『セントラル・インテリジェンス』は、21世紀のアクションスターの第一人者ドウェイン・ジョンソン主演作です。アメリカで絶大的人気を誇るコメディ俳優のケビン・ハート共演で、CIAエージェントと冴えない会計士が巨大な陰謀に巻き込まれる騒動をコミカルに描いた、バディ・アクション・ムービーです。

『セントラル・インテリジェンス』あらすじ

高校時代はスーパースターだったものの、中年となった今はしがない会計士となっていたカルヴィンの元に突如、デブでいじめられていた元クラスメートのボブから連絡が来ます。ところが20年ぶりに会ったボブは、ムキムキボディを持つイケメンCIAエージェントとなっていました。 見た目がすっかり変わってしまったボブの姿に、ショックを受けるカルヴィン。ところがそのボブは、云われようのない濡れ衣を着せられており、それを晴らすために協力してほしいとカルヴィンに助けを求めてきます。一体何の事かも分からないまま、一緒に行動するはめになったカルヴィン。はたしてこのトラブルの顛末やいかに?

『セントラル・インテリジェンス』キャスト

ボブ・ストーン(ドウェイン・ジョンソン)

高校時代はいじめられっ子だったのに、大人になり敏腕CIAエージェントとなったボブ。自身に懸けられた疑惑を晴らすべく、かつてのクラスメートのカルヴィンに助けを求めます。 ボブを演じるのは、「ワイルド・スピード」シリーズでの特別捜査官ホブス役でおなじみのドウェイン・ジョンソン。今やアクションスターの第一人者として活躍する彼は、そのホブスを主人公にしたスピンオフの製作が決定するなど、主演作が目白押しとなっています。

カルヴィン・ジョイナー(ケビン・ハート)

高校時代は充実していたのに、中年になってからはパッとしない生活を送るカルヴィン。しかし、元クラスメートのボブに再会した事で思わぬ事態に巻き込まれることとなります。 カルヴィンを演じるケビン・ハートは、アメリカ屈指の人気コメディアンとして知られます。米フォーブス誌発表の「世界で最も稼いだコメディアン2016」で第1位に輝いたほどで、アニメ映画『ペット』では声の出演をしています。日本でも大ヒットしたフランス映画『最強のふたり』のハリウッドリメイクに主演が決まっているなど、今後の活躍も絶好調となっています。

パメラ・ハリス(エイミー・ライアン)

ボブと同じCIA所属のパメラ。ボブが敵と内通していると主張し、彼の行方を追います。次第にその方法がエスカレートしてとんでもない事態を引き起こすことに……。 演じるエイミー・ライアンは、『ゴーン・ベイビー・ゴーン』でアカデミー最優秀助演女優賞にノミネートされた演技派。ほかにも、『バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)』、『ブリッジ・オブ・スパイ』といったアカデミー受賞作品に続けて出演しています。

フィル・スタントン(アーロン・ポール)

パメラの元同僚で、ボブに殺されたとされるフィル。彼の仇としてボブを追うパメラですが……。 フィルを演じるアーロン・ポールは、人気テレビドラマシリーズ『ブレイキング・バッド』のジェシー役で知られます。映画出演作としては『ニード・フォー・スピード』、『アイ・イン・ザ・スカイ 世界一安全な戦場』などがあります。 本作では、その『ブレイキング・バッド』を見ていた方ならニヤリとするセリフを喋ったりするのでお楽しみに。

監督は『なんちゃって家族』のローソン・マーシャル・サーバー

本作の監督ローソン・マーシャル・サーバーは、監督デビュー作『ドッジボール』に『なんちゃって家族』と、ダメ人間が成長していく大ヒットコメディを次々と手がけてきた名手です。 次回監督作『スカイスクレイパー』(原題)でもドウェイン・ジョンソンと再タッグを組み、その次にはバート・レイノルズ、ジャッキー・チェンといったオールスターが共演したカーアクションの、『キャノンボール』のリメイクを手がける予定です。

ドウェイン・ジョンソンのおデブ演技(!?)が必見!

本作で注目は、ドウェイン扮するボブの変わりようです。高校時代は陽気にシャワーを浴びながらダンスをするという性格なのに、そのおデブ体型をからかわれ、いじめられていたボブ。それが大人になったら180度変化してイケメンマッチョになっているというギャップが愉快です。 もっとも高校時代のボブは、太った体型の俳優にドウェインの顔をモーフィングして演じているものの、彼の陽気な顔演技だけでも十分見ものです。

人は見た目では分からない!両極端な2人の成長物語でもある

元人気者と元いじめられっ子。それが大人になって見た目から何からガラッと変わってしまった両者の騒動をコミカルに描く『セントラル・インテリジェンス』。ですがその裏には、人は見た目だけでは判断できないというテーマが内包されています。 一見非の打ちどころのない身体を持てたのに、内面は大人になりきっていないボブ。かたや落ちぶれた境遇を悲観しすぎて、本来の自分を見失ってしまったカルヴィン。この両者が再会することで、互いに気づかなかったものを見つけていくという成長物語にもなっているのです。

ドウェイン&ケヴィンの再共演作『ジュマンジ/ウェルカム・トゥ・ジャングル』も注目

本作で絶妙なコンビネーションを披露したドウェイン・ジョンソンとケヴィン・ハートですが、この2人は早くも再共演しています。それは、1995年製作の『ジュマンジ』のリブートにあたる、『ジュマンジ/ウェルカム・トゥ・ジャングル』です。 ゲーム「ジュマンジ」の世界に迷い込んでしまった4人の高校生が繰り広げるアドベンチャー大作で、ドウェインとケヴィン以外にジャック・ブラック、カレン・ギランがメインキャストを務めます。日本では2018年春公開予定です。

『セントラル・インテリジェンス』の日本公開日は?

アメリカでは2016年6月に公開された『セントラル・インテリジェンス』は、いよいよ日本でも2017年11月3日から公開です。凸凹コンビが贈る痛快バディ・ムービーを、とくと楽しみましょう!