©UNIVERSAL PICTURES

続編『ワイルド・スピード9(仮)』多くのキャストが続投!あらすじはどうなる?【公開日決定】

2017年10月30日更新

16年の間ヒット作を生み出し続けてきた「ワイルド・スピード」。シリーズ新作となる第9作目の制作について明かされました!作品ごとにインパクトを増していく次回作のキャストとあらすじ、は一体どうなるのでしょうか?前作を振り返りながら紹介します。

続編に次ぐ続編『ワイルド・スピード9』は一体どんな作品に?

2001年に公開された『ワイルド・スピード』から立て続けにヒット作を生み出してきた「ワイルド・スピード」シリーズの新作である『ワイルド・スピード9(仮)』の制作がいよいよ動き出すようです! 2017年に公開された第8作目である『ワイルド・スピード ICE BREAK』の大成功を受け、第9作、そして第10作へとシリーズが続くことがわかっています。新作では一体どんなキャストがどんな困難に立ち向かうのでしょうか? 過去シリーズを少し振り返りながら『ワイルド・スピード9』について紹介したいと思います!

前作「アイスブレイク」に続く新作のあらすじとは?

脚本を担当するクリス・モーガン

『ワイルド・スピード9』の脚本を担当するのは第3作目の『ワイルド・スピードX3 TOKYO DRIFT』からシリーズを通して脚本を担当しているクリス・モーガンになるようです。「ワイルド・スピード」シリーズ以外にも『ウォンテッド』や『47RONIN』などの脚本を手がけた経験があります。

第三次世界大戦の次は......宇宙!?

脚本家クリス・モーガンはインタビューにて『ワイルド・スピード9』についてのアイデアを語っています。次回作はドミニクが宇宙に行くのではないかというジョークに対して、もしうまく話が繋がりそうならドミニク達をどこかの星に送り込むのも面白いと返答するなど、『ワイルド・スピード9』の可能性は無限大のようです......。 シリーズ第8作目の『ワイルド・スピード ICE BREAK』では、大三次世界大戦へともつながるようなテロリストの計画を止めるために活躍するなど、ドミニク達の活躍の幅はどんどん広がっていっています。車だけでなく潜水艦が登場した前作を考えると『ワイルド・スピード9』はさらにインパクトのある作品になることが予想されます!

『ワイルド・スピード9(仮)』気になる監督とキャストはいかに!

ジャスティン・リン監督が再びメガホンをとる!

今作を監督するのは、シリーズ3~6弾を監督してきたジャスティン・リン。脚本家が先に決まり、監督が誰になるのか注目されていましたが、主演を努めるヴィン・ディーゼルがこれをFacebookにて発表しました。

ドミニク役のヴィン・ディーゼルが続投!

第1作目より登場したドミニク役のヴィン・ディーゼルと共に多くのメインキャストが『ワイルド・スピード9』にも続けて登場することがわかっています。ドミニクの「ファミリー」の熱い絆の物語が新作でも見れるはずです!

ミアが帰ってくる!

さらに、『ワイルド・スピード9』には亡きブライアン(ポール・ウォーカー)の妻であり、ドミニクの妹であるミアが再登場します。 彼女は『ワイルド・スピード:ICE BREAK』には登場しなかったものの、彼女を演じる女優ジョーダナ・ブリュースターが今作、そして次作の『ワイルド・スピード10』に出演が決定している事が報道されました。

濁されたドウェイン・ジョンソンが続投はいかに……。

2011年に公開された5作目『ワイルド・スピード MEGA MAX 』にて初めて登場し、メインキャストの仲間入りをしたルーク・ホブス役のドウェイン・ジョンソンですが『ワイルド・スピード9』への出演はインタビューでは濁されています。 前作で娘との休暇を過ごすことを決めたホブスの新作への再登場が気になるところです。

シャーリーズ・セロンの再登場?

前作『ワイルド・スピード ICE BREAK』でシャーリーズ・セロンは一流サイバーテロリストであるサイファーを演じました。 発表こそされていないものの、ラストで死を免れたサイファーが新作にも再登場して、ドミニク達を困らせる可能性も高いと考えられます。

「ワイルド・スピード」のキャスト同士の絆が込められた作品の行く末は?

ポール・ウォーカーとヴィン・ディーゼルの二人をメインキャストに始まった「ワイルド・スピード」シリーズは友情をテーマにした作品ですが、ドミニクが彼の仲間を「ファミリー」と呼ぶようにキャストの間の友情も「家族の絆」にまで成長しているがわかります。 不運の事故で無くなってしまったポール・ウォーカーに捧げた『ワイルド・スピード SKY MISSION』ラストのメッセージに心が動かされた方も多いはずです。ブライアンへのドミニクの言葉が、ポール・ウォーカーと親しい友人であったヴィン・ディーゼルの気持ちが重なった瞬間でした。 ヴィン・ディーゼルは過去8作で共演したキャストの多くと家族ぐるみの友人関係を続けており、『ワイルド・スピード9』でもキャスト同士の強い絆が見れそうです。

「ワイルド・スピード9」の時間軸は未来?

9作目の「ワイルド・スピード」シリーズとなる『ワイルド・スピード9』ですが、時系列順に見ると少し作品が交互しているのをご存知でしょうか?実際に3番目に公開された『ワイルド・スピードX3 TOKYO DRIFT』は時系列的には6作目と7作目の間に位置します。 第3作目が少し先の未来を舞台にしたように、『ワイルド・スピード9』が第8作目より少し先の未来を舞台にした作品を制作する可能性もあるのではないでしょうか。 20世紀フォックスが「X-MEN」シリーズの中でコメディ要素の強い『デッドプール』やホラー的要素の強い『ニュー・ミュータンツ』を制作していますが、ユニバーサル・ピクチャーズが「ワイルド・スピード」シリーズで未来を舞台にしたSF要素の高い作品を制作ということもあるかもしれません!

『ワイルド・スピード9』邦題にも注目が集まる!

日本で「ワイルド・スピード」シリーズとして知られてはいますが、英語版の原題は少し違っているために次作が公開される度に小さな注目を集めているのが映画の邦題です。 第1作目の「The Fast and the Furious」と言うオリジナルのタイトルから『ワイルド・スピード』いう邦題が発表されてから8作目まで「ワイルド・スピード」のタイトルが使われています。そして6作目よりは「ワイルド・スピード」に「EURO MISSION」や「SKY MISSION」などの作品の内容に関係したネーミングがされました。 『ワイルド・スピード ICE BREAK』に続く『ワイルド・スピード9』の邦題にも注目が集まります!

『ワイルド・スピード9』の公開日はいつ?

残念ながらキャストの多くや監督までもがまだ決まっていない『ワイルド・スピード9』ですが、公開日は2020年の4月10日と発表されています。 実はこの公開日はもともと2019年の4月10日とされていたのが1年引き伸ばされての発表となりました。これは、ドウェイン・ジョンソン演じるホブスとジェイソン・ステイサム演じるデッカード・ショウをメインキャストにしたスピンオフ作品の公開が2019年に予定されたためと考えられています。 新作スピンオフ、『ワイルド・スピード9』、そして2021年に公開予定のさらなる続編『ワイルド・スピード10』と「ワイルド・スピード」シリーズから目が離せません!