2019年6月25日更新

水瀬いのり出演のおすすめアニメ10選!かわいい人気声優の歌手活動や女優としての一面も紹介

innocent flower

声優として多くのアニメ作品に出演し、ファンから絶大な人気を博している水瀬いのり。彼女は歌手としての活動や、女優としての活動でも成功を収めています。今回は彼女の出演アニメを厳選して紹介。さらに、歌手活動や女優としての活躍も追っていきます。

声優・水瀬いのりが可愛い!彼女の代表的アニメ作品やアーティスト活動を追う

若手女性声優の中で大人気を誇る水瀬いのり。ファンからはいのりん、いのすけなどの愛称で親しまれる彼女は、2016年アニメ『Re:ゼロから始める異世界生活』レム役などでどんどん躍進を重ねています。。親しまれています。 またアーティストとしても、2017年発売の1stアルバム『Innocent flower』がオリコンチャート3位を記録。さらに同年12月には単独では初となるライブを開催するなどその人気は留まるところを知りません。 今回はそんな水瀬いのりの意外な経歴やプライベートなどの情報を紹介します。

水瀬いのり プロフィールを紹介

水瀬いのりは、1995年12月2日生まれ。芸能事務所ソニー・ミュージックアーティスツが主催するオーディション、第一回アニストテレスに出場し、14歳の若さで見事優勝します。その後、2010年アニメ『世紀末オカルト学院』のゲストヒロイン・岡本あかり役で声優デビューを果たしました。 彼女はデビューから3年を経て『恋愛ラボ』のオーディションで棚橋鈴音役を勝ち取り、念願のレギュラーキャラクターを務めました。 その後、同じ女性声優では小清水亜美や後藤邑子などが所属する声優事務所アクセルワンに移籍し、話題のアニメに次々と出演。今や若手の中でも一、二を争う人気声優へと登り詰めました。

声優・大西沙織と仲良し

水瀬いのりは、プライベートでも親交がある声優として佐倉綾音、大西沙織の名前を挙げています。 水瀬と大西とはすごく仲が良いそうで、仕事をしている時間よりもプライベートで一緒にいる時間が多いと語るほど。二人が出演しているラジオなどからは仲の良さがひしひしと伝わってきます。 大西沙織は2012年にデビューした若手声優で、『冴えない彼女の育てかた』の澤村・スペンサー・英梨々役、『ダンまち』のアイズ・ヴァレンタイン役などで知られています。二人は共演した『ダンまち』がきっかけで仲良くなっていったようです。

水瀬いのり出演のおすすめアニメ10選

ここから、水瀬いのりが主演やメインキャラクターを演じた作品のなかから10作品を厳選して紹介します。彼女の演技の幅が感じられるのではないでしょうか。

『ご注文はうさぎですか?』チノ役(2014年)

日常系アニメとして大ヒットし、「ごちうさ」の略称で親しまれた2014年アニメ『ご注文はうさぎですか?』。2020年には第3期が放送予定の人気作品です。 高校入学をキッカケに、「木組みの言えと石畳の街」に引っ越してきた少女、ココア。彼女は「ラビットハウス」という喫茶店に下宿し、店員のチコとウサギのティッピーと共に働くことになります。 水瀬は、ラビットハウスの店員の少女・チノを演じました。作品としての人気も相まって、このキャラクターで水瀬いのりの名前を知った人も多いのではないでしょうか。水瀬が演じてきた人物なかでも、ファンから屈指の人気を誇るのキャラクターです。

『ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか』ヘスティア役(2015年)

メインヒロイン・ヘスティアを演じる

『ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか』(略称「ダンまち」)は、大森藤ノによる同名ライトノベル原作のアニメ作品です。 広大な地下迷宮・ダンジョンには、オラリオという都市が栄えていました。主人公の少年ベルは、英雄譚に登場するような異性との運命の出会いに憧れ、ヘスティア・ファミリアという冒険団に入団することに。 水瀬は、ベルの所属するファミリアを運営するヒロイン・ヘスティアを演じています。彼女の一人称は「ボク」、いわゆるボクっ娘です。また、ヘスティアの服装にある青いリボンは「例の紐」として話題を集めました。 ヘスティアは「ごちうさ」のチノに並んで、水瀬が演じたキャラクターの中でトップクラスの人気。感情豊かで奔放なキャラクターで、チノとはまた違った演技を見せてくれてます。

『戦姫絶唱(せんきぜっしょう)シンフォギアGX』キャロル・マールス・ディーンハイム役(2015年)

数百年を生きる錬金術師キャロル

『戦姫絶唱(せんきぜっしょう)シンフォギアGX』は「戦姫絶唱シンフォギア」シリーズの3作目。 同作は、歌声で変身して戦う少女たちシンフォギアの活躍を描くシリーズです。この3期では、新たに謎の戦闘集団が登場。強力な力を有する錬金術師と彼女が率いる自動人形(オートスコアラー)に、シンフォギア装者は対峙していくことになります。 この錬金術師キャロル・マールス・ディーンハイム役を水瀬いのりが熱演。彼女は長い三つ編みが印象的な少女ですが、実は何百年も生きているホムンクルスという役どころです。自身が長年追い求めてきた計画の遂行に並々ならぬ執念を燃やしており、水瀬の鬼気迫る演技が見事にハマっています。

『心が叫びたがってるんだ。』成瀬順役(2015年)

歌に心を込める熱演に涙があふれる

『心が叫びたがってるんだ。』はA-1 Pictures制作、長井龍雪(ながいたつゆき)監督によるオリジナル長編アニメーション映画です。 主人公は、自身の言葉のせいで両親を離婚に追いやってしまったことで、言葉を口にすることができなくなった少女。彼女が高校の出し物のミュージカルをきっかけに、周りと心を通わせ、変わっていく姿を描く物語です。 主人公の成瀬順役を水瀬いのりが担当。歌なら気持ちを伝えられるという難しい役どころを好演しています。2017年に公開された実写映画版にも、水瀬は女子生徒役として出演。アニメ映画・実写映画ともにファンは楽しむことができるでしょう。

『Re:ゼロから始める異世界生活』レム役(2016年)

異世界に召喚された主人公の冒険を描いた作品

『Re:ゼロから始める異世界生活』(略称「リゼロ」)は、長月達平による同名ライトノベル原作のアニメ作品です。 主人公のナツキ・スバルは、深夜のコンビニ帰りに突如として異世界に召喚されてしまいます。困惑していたところをエミリアというハーフエルフの少女に助けられ、彼は、彼女とともに旅をすることに。「死に戻り」という能力を駆使して、奮闘します。 水瀬いのりはヒロインの一人レムを演じています。普段は大人しいメイドですが、暴走すると鬼になるというレムの二面性を見事に演じ切り、メインヒロインに並ぶ人気のあるキャラクターとなりました。 「リゼロ」が放送された2016年は第10回声優アワードで主演女優賞、アニメ映画『心が叫びたがってるんだ。』の成瀬順役で第25回日本映画批評家大賞新人声優賞をそれぞれ受賞し、人気だけでなく実力も認められた年となりました。

『ViVid Strike!』フーカ・レヴェントン役(2016年)

たくましく強く生きる孤児を熱演

『ViVid Strike!』は「魔法少女リリカルなのは」シリーズから派生した作品の1つです。 本作は『魔法少女リリカルなのはViVid』の1年後を描く作品で、フーカ・レヴェントン(画像中央)を新たに主人公に据えたストーリーです。孤児として育ったフーカとリンネという2人の少女の別離と争い、和解が描かれていきます。 フーカ役は水瀬いのりが演じました。フーカは自身のことを「わし」と呼ぶキャラクターで、普段あまり聴くことがない広島弁風のイントネーションが楽しめる作品でもあります。エンディングテーマ曲「Starry Wish」も水瀬が担当。エンディングもあわせて楽しんでほしい作品です。

『少女終末旅行』チト役(2017年)

絶望の中で生き方を問う主演作

『少女終末旅行』はwebサイト「くらげパンチ」にて連載されたつくみずによる漫画を原作としたアニメです。 文明崩壊後の世界を旅する2人の少女が主人公。彼女らは数少ない他の生存者とふれあったり、遺された文明の軌跡に触れたりしながら、ゆっくりと旅をしていきます。未来の見えない状況ながら、どこかほのぼのとした空気が漂う作品です。 主人公の2人の少女、チセとユーリのうち、チセ役を水瀬いのりが演じました。派手な描写がない分、主演2人の演技が引き立つ作品です。水瀬の出演作のなかでも、とくに彼女の演技をじっくりと楽しめるアニメといえるでしょう。

『キラキラ☆プリキュアアラモード』キラ星シエル/キラリン/キュアパルフェ役(2017年)

元気なフランス語混じりがかわいいキラ星シエル

『キラキラ☆プリキュアアラモード』は、2017年から2018年にかけて放送された12代目のプリキュア。 スイーツに宿るエネルギー「キラキラル」を守るため、プリキュアが悪い妖精と戦うというストーリーです。本作はスイーツをテーマにしており、スイーツにちなんだパティシエ・プリキュアたちが主人公を務めました。 水瀬いのりの役どころは、キュアパルフェ(画像2枚目)に変身するキラ星シエルという少女。その正体は人間ではなくキラリンという妖精です。人間の姿になっているときは、パリでも有名な天才パティシエとして活躍しています。フランス語混じりの日本語を話すところがかわいいキャラクターです。

『政宗くんのリベンジ』小岩井吉乃役(2017年)

ヒロインの腹黒付き人・小岩井吉乃(こいわいよしの)

『政宗くんのリベンジ』は原作を竹岡葉月、漫画をTivが手がける復讐系学園ラブコメのアニメ化作品です。 かつていじめられっ子だった早瀬政宗(はやせまさむね)は、8年かけて誰もが認めるイケメンへと変身。自分に「豚足」というあだ名をつけて振った令嬢・安達垣愛姫(あだがきあき)に復讐すべく、計画を実行していくというストーリーです。 水瀬いのりが演じたのは、ヒロイン愛姫の付き人をしている小岩井吉乃(こいわいよしの)役。愛姫の前では従順な付き人として振る舞っていますが、裏では政宗の計画に協力するという腹黒な一面も持っているキャラクターです。重大な秘密を持っており、作品におけるキーパーソンを担っています。

『宇宙よりも遠い場所』玉木マリ役(2018年)

南極を目指す女子高生たちの青春ストーリー

『宇宙よりも遠い場所』はマッドハウスによるオリジナルアニメです。 同作は4人の普通の女子高生が南極を目指す物語。周りから不可能と言われても懸命に南極を目指す姿や、その過程でそれぞれが抱える内面の葛藤と向き合っていく姿が印象的な作品です。 水瀬いのりが演じたのは主人公の女子高生・玉木マリ役。彼女は何かにチャレンジして失敗することを怖がってしまうという性格の少女です。しかし南極に挑戦するという目標に向かって、仲間たちと一緒に邁進していきます。成長していく姿が心に響く役どころとなっています。

女優としても活躍!CMやドラマの出演作は?

『あまちゃん』成田りな役(2013年)

2013年に宮藤官九郎脚本、能年玲奈主演で社会現象を巻き起こしたNHK連続テレビ小説『あまちゃん』に出演していた水瀬いのり。気になる役どころはというと、架空のアイドルグループ「アメ横女学園芸能コース」、通称「アメ女」のメンバーとして出演していました。 水瀬は、劇中に何度も登場する劇中歌「暦の上ではディセンバー」の歌唱を担当した6人のうちの1人でもあります。2013年の「紅白歌合戦」の企画ステージにも成田りな役で出演し、パフォーマンスを披露。人気声優でありながら、女優として「紅白」に出演したことのある珍しい経歴の持ち主なのです。

キリンレモン(2018年)

2018年に展開されたキリンレモン×若手アーティストのトリビュート企画に水瀬いのりが抜擢されました。第1弾ではBiSH、第2弾ではフレデリックが登場。そして第3弾で登場したのが水瀬いのりだったのです。 この企画ではキリンレモンのCMでおなじみの「キリンレモン、キリンレモン」と歌うあのCMソングを各アーティストが大胆にアレンジしました。 水瀬の歌う楽曲はアニメ主題歌にも使えそうなポップで爽快感のある仕上がりに。ファンを中心にネット上で大きな反響があり、かわいらしいMVとともに話題となりました。

ソイジョイ(2019年)

水瀬いのりは、2019年に公開されたソイジョイのweb CMに出演しています。CMは、商品に使われている原材料をキャラクター化したアニメーション風。登場する10ものキャラクターを水瀬が1人で声を当てています。30秒と短い時間に、いくつもの声色を聴くことができますね。 さらに、CMの最後には水瀬いのり本人も出演。声だけでなく彼女のかわいらしいルックスも堪能することができるCMになっています。web CMの第1弾・第2弾と出演しているので、今後の出演にも期待したいシリーズです。

歌手としても活躍し、ワンマンライブは2019年までに3回

2017年、自身の22歳の誕生日でもある12月2日には、東京国際フォーラムにて水瀬いのりファーストライブが開催されました。2015年の同日にアーティストデビューを果たした水瀬いのりにとっては、2周年&バースデーという記念すべき一日になりました。 争奪戦の末チケットを入手した約5000人のファンの拍手に迎え入れられ、デビュー曲「夢のつぼみ」からライブのタイトルにもなっている新曲「Ready Steady Go!」まで全20曲を歌い切り、会場を大いに盛り上げました。 その後、2018年には全国4会場を周るライブツアー、2019年には日本武道館でのライブも敢行。水瀬は声優としてだけではなく、歌手としても成功を収めています。

水瀬いのりは声優・女優・歌手など多岐にわたって大人気の人物 今後の活躍にも注目

今回は、声優水瀬いのりについて、彼女の活躍を紹介しました。 代表的なアニメ作品「ごちうさ」や「リゼロ」でアニメファンから支持があついだけでなく、歌手として武道館ライブに挑んだり、女優としてドラマに出演したり、幅広く活躍している人物です。 かわいい見た目と、ラジオなどで見せる「男らしい」一面も人気の理由。演技力だけでなく、人柄でも支持を集めています。 水瀬は1995年生まれということで、キャリアもまだまだこれからの人物。彼女の今後の活躍にも注目です。