2017年12月22日更新

『ダ・ヴィンチ・コード』原作者、30万ユーロをリットマン・ライブラリーに寄付。その粋な使い道とは

ダ・ヴィンチ・コード

『ダ・ヴィンチ・コード』の原作者として知られるダン・ブラウンが、30万ユーロ(日本円で約4,054万円)をリットマン・ライブラリーに寄付しました。この記事では、リットマン・ライブラリーについてなどを解説していきます。

『ダ・ヴィンチ・コード』原作者、リットマン・ライブラリーに多額の寄付

2017年12月現在、『ダ・ヴィンチ・コード』などの「ロバート・ラングドン」シリーズの原作者として知られるダン・ブラウンが、オランダのリットマン・ライブラリーに30万ユーロ(日本円で約4,054万円)を寄付したと話題になっています。 リットマン・ライブラリーとは何なのか、寄付金はどう使われたのかなどを解説していきます。

ダン・ブラウンってそんなに儲かってるの?

30万ユーロと言えば大金ですが、「そもそも寄付出来るダン・ブラウンはそんなに設けているのか?」というのは誰もが気になることではないでしょうか? 彼の収入は、2013年の時点で200億円以上とも言われています。『ダ・ヴィンチ・コード』でブレイクし、世界で2億部以上の売り上げを上げた小説家というのはやはりすごい……!

リットマン・ライブラリーとは?

映画館 カーテン フリー画像

Ritman Library(以下、リットマン・ライブラリー)は、オランダ・アムステルダムにあります。ここはジュースト・R・リットマンが収集した珍しい本を取り扱う図書館です。 これまで、その文化的な功績が評価され、いくつかの賞を獲得しています。気になるその用途は?

寄付されたお金はどう使われたのか?

さて、ダン・ブラウンが寄付したお金ですが、これはどのように使われたのか?実はこのお金は、3500冊あまりのオカルト文献をデジタル化するために利用されたとのこと。 都市伝説をベースにした小説の原作者の寄付が、こんな形で利用されるなんて夢があります。ちなみに、この書籍のカタログはタダでダウンロードできるそうですよ! (下記リンク参照)