少女たちが赤ん坊を殺害?ミステリー映画『シークレット・デイ』が1月6日に上映

2018年1月7日更新

ダイアン・レイン、エリザベス・バンクス、ダコタ・ファニングらが共演する映画『シークレット・デイ』が、2018年1月6日から「未体験ゾーンの映画たち」にて上映されます。この記事では、本作のあらすじ、キャスト、スタッフを紹介していきます。

ダイアン・レイン&ダコタ・ファニングら出演、ミステリー映画『シークレット・デイ』が1月6日から劇場公開

2017年9月にWOWOWでも放送されたミステリー映画『シークレット・デイ』が、2018年1月6日から渋谷ヒューマントラストシネマで開催される上映イベント「未体験ゾーンの映画たち 2018」にて上映されます。 ローラ・リップマンの小説『あの日、少女たちは赤ん坊を殺した』を映画化した本作には、ダイアン・レイン、エリザベス・バンクス、ダコタ・ファニングらが出演。この記事では、同作のあらすじやキャストを紹介していきます。

現在と過去、2つの誘拐事件の謎を巡る『シークレット・デイ』のあらすじは?

同作はとある田舎町で起きた、現在と過去、2つの事件を並行して描いていく作品。 過去の事件は、11歳の少女ロニーとアリスが犯人と言われている、アフリカ系判事の孫娘の誘拐殺人事件。そして現在では、ロニーとアリスが少年院から出所してきてから間も無く発生した幼女誘拐事件と、出所後に行方不明になったロニーを巡る事件が描かれます。

人気女優たちの豪華共演も見所!本作のキャストを紹介

ダイアン・レイン

本作は豪華女優陣の共演も大きな見所の一つと言われています。そんな本作に出演する女優の一人が、『トスカーナの休日』『運命の女』などで知られるダイアン・レイン。 アカデミー主演女優賞などへのノミネート経験もある彼女は、7年前の誘拐事件の犯人の一人とされ、自身の無罪を主張するアリスの母親・ヘレン役を演じます。

エリザベス・バンクス

本作には「スパイダーマン」シリーズや「ハンガー・ゲーム」シリーズなど、様々な代表作を持つエリザベス・バンクスも出演。 プロデューサー、監督としても活躍する彼女ですが、本作では現在と過去2つの事件を追う刑事、ナンシー・ポーター役を演じます。

ダコタ・ファニング

映画『アイ・アム・サム』『宇宙戦争』などで知られ、少女時代から俳優として活動してきたダコタ・ファニングにも本作に出演。彼女が演じるのは、7年前の事件の犯人の一人と言われ、出所後に行方不明になるロニー・フラー役。 妹のエル・ファニングと共に子役時代から活躍してきた彼女ですが、本作ではどんな演技を見せてくれるのでしょうか?

監督はドキュメンタリー映画も手掛けるエイミー・バーグ

本作のメガホンを撮ったのは、エイミー・バーグ。彼女は、若くして亡くなったロックシンガー、ジャニス・ジョプリンのドキュメンタリー映画『ジャニス:リトル・ガール・ブルー』などのドキュメンタリー映画も手掛けています。 ドキュメンタリー監督としても活躍する彼女が劇映画でどのような表現に挑戦したのか、注目したいですね。

アカデミー賞主演賞も獲得した女優、フランシス・マクドーマンドが製作

本作の製作の一人には、『あの頃ペニー・レインと』『バーン・アフター・リーディング』などに出演し、映画『ファーゴ』ではアカデミー主演女優賞受賞に輝いた女優のフランシス・マクドーマンドが名を連ねています。 キャスト陣に加えて、監督、製作など、本作の重要なポジションには女性が多数参加している点も、本作の特徴の1つと言えるのではないでしょうか。

映画『シークレット・デイ』は2018年1月6日から劇場公開!

WOWOWでも放送されたミステリー映画『シークレット・デイ』は、2018年1月6日から渋谷ヒューマントラストシネマで開催される上映イベント「未体験ゾーンの映画たち 2018」にて劇場公開! 現在と過去、2つの事件の結末が気になる方は、是非劇場に足を運んでみてください!