2018年、東京都内に誕生する2つの新映画館を徹底紹介!

2018年1月22日更新

2018年、東京都内には新たな映画館が2つ開館します。この記事では、新たな映画館、「アップリンク吉祥寺パルコ」ならびに「TOHOシネマズ日比谷」につい徹底紹介。

2018年、東京に新たな映画館が2つ誕生!

映画館 客席 フリー画像

2018年、東京都内には新たな映画館が2つオープンします。この記事では、都内に誕生する新映画館の紹介をしていきたいと思います!

インディーズ&アート系映画も多数上映、2018年冬開館「アップリンク吉祥寺」

uplink 吉祥寺 (プレス)

2018年初冬に開館が予定されている「アップリンク吉祥寺」は、インディーズ系、アート系映画を頻繁に上映する劇場としてシネフィルにも愛される「アップリンク渋谷」の代表・浅井隆が新たに手掛ける映画館です。アップリンク吉祥寺は、吉祥寺パルコの地下2階に5スクリーンを設けて運営される計300席のミニシアターとなります。 アップリンク吉祥寺では、これまでアップリンク渋谷で上映されてきたインディーズ系作品に加えて、地域の人が楽しめるようなファミリー向けの映画も上映されるとのこと。 多くのサブカル層に愛される中央線の中でもとりわけ人気の吉祥寺に、アップリンクがやってくるという事で、地域の活性化にも繋がりそうな劇場ですね!

「映画の宮殿」がコンセプト、2018年3月29日開館「TOHOシネマズ日比谷」

もう一つの注目の映画館は、2018年3月29日にオープンする「TOHOシネマズ日比谷」。この映画館の驚きのポイントは「映画の宮殿 THE MOVIE PALACE(ザ・ムービーパレス)」というそのコンセプト。 同映画館は、東京ミッドタウン日比谷に加えて、改装したTOHOシネマズ スカラ座・みゆき座を運営するとのこと。スクリーン数は13、全2830席を誇る大型映画館です。 「世界で最も小さな映画館」とも言われるアップリンク渋谷とは対極にあるような大型の劇場ですが、こちらが目指すのは最高の映画体験。IMAXデジタルシアターや、コンサートホールのような音響設備など、その充実の設備からも運営側の力の入れ具合が伺えるというもの。せっかく劇場で映画館を見るのであれば、こうした豪華な設備の映画館で楽しむのも素敵ですよね!

2017年にはこんな映画館も開館していた!?

「ココロヲ・動かす・映画館 〇 COCOMARU THEATER」

2017年に都内にオープンした映画館の中にはちょっと変わった名前の劇場も。それが、「ココロヲ・動かす・映画館 〇 COCOMARU THEATER」。吉祥寺にオープンした同劇場は、2014年に閉館してしまった人気映画館「吉祥寺バウスシアター」の意思を継ぐという劇場です。 昨年のオープン初日には、翌日以降の上映が中止になるなど、何かと話題になった劇場で、動向に注目が集まっています。

あなたのお気に入りの劇場を見つけて素敵な東京ライフを!

映画 カチンコ フリー画像

今回あげたのは、近年都内で開館予定、あるいは開館した映画館ばかりです。しかし、都内にはシネコン、ミニシアターを問わず、様々な素敵な劇場があります。 4月から都内で新生活を送ることになる方も多いと思いますので、ぜひ、お気に入りの映画館を見つけて素敵な東京生活を送ってくださいね!