©︎NHK提供

朝ドラ『まんぷく』あらすじ・キャスト【ヒロインは安藤サクラ!2018年10月放送】

2018年3月27日更新

NHKの平成30年度後期連続テレビ小説『まんぷく』のヒロインを、女優の安藤サクラが務める事が明らかになりました。この記事では、安藤が主演する同作の情報をご紹介していきます。

朝ドラ『まんぷく』が2018年10月に放送!ヒロインは安藤サクラ

安藤サクラ(プレス)
©︎NHK提供

映画『百円の恋』で、第39回日本アカデミー賞最優秀主演女優賞にも輝いた女優の安藤サクラが、平成30年後期スタートのNHKの連続テレビ小説『まんぷく』で主演を務める事が明らかになりました。 この記事では、同作のあらすじなどを紹介していきます。

朝ドラ『まんぷく』のあらすじ

ARIGATO @togaarchives @natadecoco @hoshino_kanako

安藤サクラさん(@sakuraando)がシェアした投稿 -

朝ドラ『まんぷく』は、インスタントラーメンを生み出した実業家の安藤百福と、その妻・仁子の反省をモデルにした作品です。劇中では、大阪を舞台に、戦前から高度経済成長期を懸命に生き抜く夫婦のサクセスストーリーが描かれます。 なお、同作の脚本は、大河ドラマ『龍馬伝』や、木村拓哉主演の「HERO」シリーズなどで知られる福田靖が担当します。

ヒロインキャストは安藤サクラ!朝ドラ初のママさんヒロイン

立花福子/安藤サクラ

ARIGATO???? @twiggymiho @natadecoco @hoshino_kanako ????✨@vancleefarpels

安藤サクラさん(@sakuraando)がシェアした投稿 -

朝ドラでは、ヒロインの立花福子役を演じることになった安藤。2017年に第一子を出産したこともあり、出演に対しては当初ためらいもあったとか。 そんな彼女が本作への出演を決意したのは、夫で俳優の柄本佑をはじめ、両親の奥田瑛二と安藤和津、義父の柄本明と角替和枝らの言葉だったと言います。特に父・奥田瑛二からは「これは挑戦じゃないな、冒険だな。挑戦は途中でリタイアできるけど、冒険は止めることができないから」と背中を押されたとのこと。 そんな言葉を受けて、同作への出演を決意した安藤は、同作の出演中は大阪に生活拠点を移し、育児と撮影の両立を目指すそうです。

夫・立花萬平のキャストは長谷川博己に決定!

立花萬平/長谷川博己

まんぷく(プレス)
©︎NHK提供

本作で、安藤が演じる立花福子の夫役・立花萬平を演じるのは、映画『散歩する侵略者』などでも知られる長谷川博己。劇中では、様々な困難にぶつかりながらも、全財産を失った47才の頃に食文化に革命を起こすという活躍を見せるそうです。 20代の頃に何度も朝ドラのオーディションに落ちたという長谷川は、40代を迎えた今、朝ドラの相手役を務めることに初めは「ちょっとどうなのかなぁ」と思ったとのこと。それでも出演を決意したのは、萬平のモデルとなっている安藤百福に惹かれた事が一因となっているそうです。 安藤サクラと同じく、長谷川博己も様々な役を演じ分ける表現力を持った俳優なので、早くも夫婦の演技合戦に期待が高まりますね!

朝ドラ『まんぷく』ヒロインの家族が続々発表!豪華なキャストに注目

まんぷく
©︎NHK提供

福子の姉・香田克子/松下奈緒

ヒロイン・福子の姉・香田克子役を松下奈緒が務めます。松下が朝ドラに出演するのは、2010年前期の朝ドラ『ゲゲゲの女房』以来のなんと8年ぶり! 『まんぷく』では『ゲゲゲの女房』とは打って変わり、妹を思いつつも、奔放で歯に衣着せぬもの言いで家族とたびたび衝突する次女を演じます。 家族や周囲の反対を押し切り自分の愛する人と結婚し、4人の子宝に恵まれた克子は、決して楽な生活ではありませんが、幸せに暮らしている人物。 物語の序盤から終盤まで、福子を支えていく重要で大切なキャラクターとなるそうで、彼女の言動に視聴者を元気をもらえそうです!

克子の夫・ 香田忠彦/要潤

克子の夫で、画家の香田忠彦を要潤が演じます。要が朝ドラに出演するのは2002年後期の朝ドラ『まんてん』以来16年ぶり! 香田忠彦は、穏やかな性格ながらも画家としての芸術へのこだわりが強く、「画商から依頼されるような商売用の絵は描かない」というポリシーを掲げている人物。克子と子供達と共に幸せな生活を送っていましたが、大変洋戦争の激化すると彼の元に赤紙が届いてしまいます。

福子と克子の姉・今井咲 /内田有紀

福子と克子の姉で、家族の大黒柱として家族を支える長女・咲を朝ドラ初出演の内田由紀が演じます。 咲は心が優しすぎるあまり、自分のことを後回しに回してしまうこともしばしば。いつもは、家族を支えるために、貴金属店で働いていました。しかし、福子が嫁いだことをきっかけに、自身も大手企業に勤める小野塚真一と結婚します。

咲の婚約者・小野塚真一/大谷亮平

咲の夫・小野塚真一を『逃げるは恥だが役に立つ』で注目・人気を集めた大谷亮平が演じます。 真一は口数は少なく、落ち着いた人物。器の大きい人物でもあり、福子たちは真一が義兄となったことを喜びます。また大企業に勤めていることから収入が安定しており、咲の母・鈴からも気に入られますが、太平洋戦争の終盤に彼の元へも赤紙が......。

福子たちの母/今井鈴

本作の中で注目していきたい人物の一人でもある福子たちの母・今井鈴を松坂慶子が演じます。 萬平と福子と暮らすことになった鈴は、財政の安定しない萬平の職業に不満を抱きながらも、萬平と福子の間で立ち回る役柄。彼女の奮闘ぶりが本作の注目すべき点かもしれません。 松坂慶子が朝ドラに出演するのは、今回で3回目。松下奈緒との共演は『ゲゲゲの女房』以来の2回目となります。

さらに追加キャストが発表!

世良勝夫/桐谷健太

萬平の才能を発掘する世良勝夫を演じるのは、桐谷健太。連続テレビ小説の出演は初めてとなります。

神部茂/瀬戸康史

萬平を支える神部茂を演じるのは、「D-BOYS」の瀬戸康史。 ドラマ『海月姫』に出演し、2018年には映画『寝ても覚めても』の公開が控えている瀬戸は、『あさが来た』に続いて2度目の朝ドラ出演となります。

香田タカ/岸井ゆきの

福子の姪である香田タカを演じるのは、波に乗っている女優・岸井ゆきの。 2018年は『モンテ・クリスト伯 -華麗なる復讐-』(フジテレビ)、『やけに弁の立つ弁護士が学校でほえる』(NHK)など、主にテレビドラマでの活躍が目立つ岸井。 偶然にも同じNHKの大河ドラマ『真田丸』でも、同じ「たか」という名前の役を演じていますが、朝ドラ出演は今回が初めてです。

保科恵/橋本マナミ

福子の働くホテルの先輩・保科恵を演じるのは、グラビアアイドルであり、最近は女優とし手の活躍もめざましい橋本マナミ。 2018年はNHKの時代劇『そろばん侍 風の市兵衛』やテレビ東京系列の『スモーキング』など、ドラマを中心に活躍しています。

鹿野敏子/松井玲奈

福子の女学校時代からの親友・鹿野敏子を演じるのは、松井玲奈。 SKE48卒業後、主に女優として活動している松井は、『海月姫』などドラマを中心に活動しています。

池上ハナ/呉城久美

女学校で福子・敏子と三人組で友情を見せる池上ハナを演じるのは、呉城久美。 呉城は『ひよっこ』に続いて2度目の朝ドラ出演となります。

牧善之介/浜野謙太

内田有紀演じる咲に想いを寄せる歯科医・牧善之介を演じるのは、ミュージシャンで俳優の浜野謙太。 「在日ファンク」のボーカルとして知られる浜野ですが、『花のち晴れ〜花男 Next Season〜』などのテレビドラマでも活躍しています。朝ドラは、2016年の『とと姉ちゃん』以来2度目の出演。

野呂幸吉/藤山扇治郎

福子の同僚であり、彼女に想いを抱く野呂幸吉を演じるのは、松竹新喜劇の藤山扇治郎です。 主に舞台で活躍する藤山は、映画『家族はつらいよ』とその続編『妻よ薔薇のように 家族はつらいよIII』に出演しています。

加地谷圭介/片岡愛之助

萬平とともに会社を興す加地谷圭介を、片岡愛之助が演じます。 2018年はNHKのドラマ『風雲児たち 〜蘭学革命(れぼりゅうし)篇〜』に出演し、2019年には映画『七つの会議』への出演も決定しています。

岡幸助/中尾明慶

萬平が開業した製塩所の従業員・岡幸助を演じるのは、中尾明慶。 日本テレビのドラマ『奥様は、取り扱い注意』や映画『今夜、ロマンス劇場で』での出演も記憶に新しい中尾ですが、朝ドラ出演は今回が初めてです。

三田村亮蔵/橋爪功

大阪の経済界における重鎮・三田村亮蔵を演じるのは、大御所俳優の橋爪功。 長いキャリアを誇るため、出演作は枚挙にいとまがありませんが、映画「家族はつらいよ」シリーズや『三度目の殺人』、『DESTINY 鎌倉ものがたり』といった話題作に出演しています。

NHK朝ドラ『まんぷく』は2018年10月1日より放送開始

まんぷく(プレス)
©︎NHK提供

非常に高い演技力を持つ事で知られる安藤が主演を務めるという事で、朝ドラ『まんぷく』への期待度は高まる一方ですね。この記事は、その他の出演キャストなど、続報が明らかになり次第随時更新していきたいと思います。 なお、『まんぷく』の放送は、2018年10月1日からスタート予定です!