2022年10月24日更新

2023年後期朝ドラ『ブギウギ』キャスト・出演者一覧!あらすじ・モデルも紹介

2023年度後期に放送予定の連続テレビ小説『ブギウギ』のヒロインが、NHK大阪放送局の記者会見で発表されました。 大人気「朝ドラ」の第109作目のヒロインを勝ち取ったのは、女優・趣里。『ブギウギ』の撮影は2023年春頃から始まり、放送時期は2023年秋から2024年3月頃までの予定です。 本記事では、2023年度後期朝ドラ『ブギウギ』のキャスト・出演者一覧や、あらすじ、ヒロインのモデルについて詳しく紹介していきます。

2022年後期朝ドラ『舞いあがれ!』の情報はこちら

2023年前期朝ドラ『らんまん』の情報はこちら

AD

『ブギウギ』ってどんな話?モデルは誰?

放送時期 2023年秋
ヒロイン 趣里(花田鈴子役)
モデル 笠置シヅ子
脚本 足立紳

『ブギウギ』のあらすじ

時代は大正。下町で育った主人公・花田鈴子は、歌や踊りが大好きな天真爛漫な銭湯の看板娘。 小学校を卒業した鈴子は、やがて「歌と踊りでたくさんの人たちを笑顔にしたい」と思うようになり、道頓堀の歌劇団へ入団します。抜群の歌唱力をもった鈴子は、日々の稽古でみるみるうちに上達し、のちに「ブギの女王」と呼ばれる頭角を現していくのでした。 時は経ち昭和13年、鈴子は上京します。そこでとある人気作家と出会い、鈴子は歌の指導を受けることに。この出会いが鈴子の運命を大きく変え、鈴子は「スウィングの女王」と呼ばれるほどの人気を獲得していきます。 しかし、そんな鈴子の毎日は戦争により一変。鈴子の歌は「敵性音楽」とみなされ、厳しく制限されることになります。家族の死、恋に落ちた青年の訃報など、度重なる不幸に悩む鈴子でしたが、鈴子には歌がありましたーー。

『ブギウギ』のモデルは?

『ブギウギ』のモデル・笠置シヅ子のプロフィール

本名 亀井静子
生没年月日 1914年8月25日 ~1985年3月30日
出身地 香川県大川郡相生村 (現:東かがわ市)

『ブギウギ』のヒロイン・花田鈴子は、戦後の大スター・笠置シヅ子がモデルになっています。 彼女は1927年に松竹楽劇部生徒養成所に合格後、娘役で初舞台を経験。1934年には「恋のステップ」でデビューを飾り、その後は「東京ブギウギ」「買い物ブギー」などの名曲をリリースし、「ブギの女王」として一世を風靡しました。 本作に原作はなく、笠置シヅ子の人生をモチーフに、脚本家のオリジナル作品として再構成が行われます。また、史実通りにはならず、団体名や登場人物名の名前も一部改変して制作される模様。あくまでもフィクションとして、ヒロイン・花田鈴子のスター歌手への成長が描かれる予定です。

AD

『ブギウギ』ヒロインは趣里!

趣里

花田鈴子役/趣里

オーディションにより、2471人の応募の中からヒロインに選ばれたのは女優・趣里。ドラマ『3年B組金八先生ファイナル』(2011年)でデビュー後、ドラマ『ブラックペアン』(2018年)、映画『もっと超越した所へ。』(2022年)など、多くの話題作に出演し、個性派女優として人気を集めています。 2016年度前期に放送された連続テレビ小説『とと姉ちゃん』では、「あなたの暮らし出版」の大塚寿美子役を熱演。朝ドラオーディション4度目、2度目の出演にして主演の座を手に入れました。 本作で主人公・花田鈴子を演じることになった趣里は、「まさか自分にこんな日が来るとは思っていなかった。これまで支えてくれた方々へ感謝の気持ちを忘れず恩返しができるように、視聴者の方々の心がブギウギ、ズキズキ、ワクワクするような作品が届けられるよう全力で頑張っていきたい」と朝ドラヒロイン決定の喜びを語っています。

『ブギウギ』キャストやあらすじ情報は随時更新【2023年後期朝ドラ】

​ヒロインが趣里に決定した、2023年度後期放送予定の連続テレビ小説『ブギウギ』。これまでの朝ドラとは違った、歌あり踊りあり、朝から心が「ブギウギ」するようなドラマを届けてくれることでしょう。 気になるヒロイン以外のキャストはこれから決定するそう。発表次第、随時更新していきます!