ちゃんと理解してる?サイヤ人の全形態一覧【ドラゴンボール】

2018年6月12日更新

超人気作品「ドラゴンボール」シリーズに登場する戦闘民族・サイヤ人。彼らには様々な形態が存在します。今回は基本となるサイヤ人そのものから強化形態である超サイヤ人、そしてその数々の発展系まで一覧にしてまとめました。

超サイヤ人ゴッド超サイヤ人(超サイヤ人ブルー)

超サイヤ人ゴッド超サイヤ人は映画『ドラゴンボールZ 復活の「F」』と、同作を元にしたテレビアニメ『ドラゴンボール超』に登場するサイヤ人の一形態です。名称が長いため「超サイヤ人ブルー」の略称が使われる他、正式名称も「超サイヤ人ゴッドSS」と略される事があります。 この形態は劇中で超サイヤ人ゴッドの力を持ったサイヤ人が超サイヤ人になった姿と説明されています。瞳と髪、そしてオーラが水色となるのが特徴で、このデザインは鳥山明によると強く穏やかな精神で冷静に戦えるようになった事を表したものとのことです。 変身条件は神の力をその身に取り込み、力のコントロール技術を上げる事。神の力は超サイヤ人ゴッドを経験する以外にも、純粋な修行で手に入れる事が可能です。 体力の消費は超サイヤ人ゴッドを更に超える粋に達しているらしく、使用者はパワーを体内に封じたり、他形態と併用することで負担を軽くする工夫を取っています。

超サイヤ人ロゼ

超サイヤ人ロゼはテレビアニメ『ドラゴンボール超』に登場したサイヤ人の強化形態です。バラ色を意味するロゼの名の通り、髪色がピンク色となります。オーラは紫色で、瞳は灰色(通常時)かピンク色(全力時)です。 変身者は未来世界からやってきた悪の悟空、ゴクウブラックです。その真の姿はドラゴンボールの力で悟空と体を入れ替えた第10宇宙の王、ザマスでした。 サイヤ人の形態としては唯一の、サイヤ人の体を使用してサイヤ人以外が到達した姿でした。敵役としての登場だったためか、詳細が明かされずに終わりましたが、その実力は超サイヤ人ゴッド超サイヤ人と同等レベルにあります。 以上、通常形態を含めた12形態が2018年2月現在のサイヤ人の全形態です。豊富で複雑ですが、知っていると「ドラゴンボール」シリーズの作品がより楽しめることでしょう!