2018年10月19日更新

山内マリコ原作『ここは退屈迎えに来て』キャスト・あらすじ紹介【廣木隆一監督】

© 2018「ここは退屈迎えに来て」製作委員会

山内マリコの小説『ここは退屈迎えに来て』が2018年秋公開決定!廣木隆一監督のもと、橋本愛、門脇麦、成田凌といった次世代のスターが出演します。この記事ではあらすじやキャスト情報を紹介します。

小説『ここは退屈迎えに来て』が廣木隆一監督によって映画化!

『ここは退屈迎えに来て』(プレス)
© 2018「ここは退屈迎えに来て」製作委員会

山内マリコのデビュー作であり、郊外化により地方の独自性が失われる「ファスト風土」小説としてネット上でも話題となった小説『ここは退屈迎えに来て』が、廣木隆一監督で映画化することが決定しました。 出演するのは橋本愛、門脇麦、成田凌といった若手新鋭俳優陣。人気、実力ともに名高いキャストたちと、登場人物の繊細な心を描くことに秀ている監督がタッグを組み、実写化に挑みます。

『ここは退屈迎えに来て』のあらすじ

『ここは退屈迎えに来て』
© 2018「ここは退屈迎えに来て」製作委員会

何者かになりたくて東京で就職したものの、結局10年後地元に戻ってきた私(橋本愛)。高校時代の友人と、勢いで憧れの同級生・椎名くん(成田凌)に連絡し、会いに行くことになります。 一方、元彼・椎名を忘れられないあたし(門脇麦)は、東京に憧れを抱きつつも恐怖心もあり、地元に残ったままです。椎名がいなくなった途端、彼氏面してくる冴えない男の誘いを断るのが面倒だからという理由で適当に遊んでいますが、彼女の心は椎名がいた青春時代の輝かしい記憶にとらわれています。 ここではないどこか――東京にはあるはずの、自らの退屈を埋めてくれる何かを、椎名くんに追い求める2人。その先にあるものとは?椎名くんの大人になった姿とは?

出演キャストは今後の映画界を担う新人俳優たち

主演キャストは橋本愛。透明感溢れる演技が魅力

東京で就職した後、地元に戻ってきた「私」を演じるのは橋本愛です。東京で就職してから10年経ったのち地元に戻ってきたものの、毎日冴えない日々を送っている彼女。そんな退屈な日々に変化を求め、椎名くんに会いに行きます。 橋本は映画『告白』(2010)でひときわ存在感を放ち、NHK連続テレビ小説『あまちゃん』(2013)で国民的人気を獲得。その後も『さよならドビュッシー』(2013)や『渇き。』(2014)でも好演を披露しました。 橋本は今回の作品出演について、好きな小説の映画化に関われたこと、また廣木監督の現場にも興味があり、ダブルで夢が叶ってよかったとコメントしています。

元彼が忘れられない「あたし」役は門脇麦。圧倒的な存在感と体当たりの演技が話題

東京に憧れを持ちつつも怖さから地元を出れずにいる「あたし」役を務めるのは門脇麦。元彼・椎名くんとの青春時代を忘れずにいます。 門脇麦といえば『愛の渦』(2014)での体当たりの演技が話題となり、主演を務めた『二重生活』(2016)など数々の話題作に出演していますが、今作品では「あたし」をどのように演じてくれるのでしょうか。 門脇は「歳を重ねるにつれて削がれていくであろう苦しくて退屈な時間もいつかは愛おしく感じられるのかな、そんな風に思える瑞々しい作品になるのではないかと思う」とコメントしています。

椎名くん役に成田凌。みんなの憧れの存在を演じる

そして、みんなの憧れの存在「椎名くん」役を演じるのは、注目の若手俳優、成田凌。本作では様々な女優たちとどのように関わっていくのにかにも注目したいですね!

映画『ここは退屈迎えに来て』の監督は廣木隆一!

廣木隆一監督は、1982年に『性虐!女を暴く』で映画監督デビューしています。1994年、サンダンス・インスティテュートの奨学金を獲得して渡米後、発表した『800 TWO LAPRUNNERS』(1994)で文化庁優秀映画賞ほかを受賞。 過去作品に榮倉奈々と瑛太が主演を務め実話をベースに描かれた『余命一ヶ月の花嫁』(2009)、前田敦子が主演を務め話題になった『さよなら歌舞伎町』(2015)、人気少女マンガの実写化である『ストロボ・エッジ』(2015)などがあります。また、2017年には3本の映画を手掛け『PとJK』、『彼女の人生は間違いじゃない』、『ナミヤ雑貨店の奇蹟』が、それぞれ劇場公開されています。 廣木は今作品のことを、もがきながらハートを揺り動かしてくれるキャストと富山の町を走りぬけた映画だとコメントしています。

原作小説『ここは退屈迎えに来て』とは?

小説『ここは退屈迎えに来て』は、山内マリコのデビュー作で、「R-18文学賞」読者賞を受賞した「十六歳はセックスの齢」を含む連作小説です。 登場人物の繊細な心を鮮やかに描いた今作品は、2012年に発売される際にも紀伊国屋書店スタッフがオススメするベスト30「キノベス!」にも選ばれました。

フジファブリックが主題歌・劇伴を担当!

人気バンドであるフジファブリックが『ここは退屈迎えに来て』の主題歌と劇伴を担当することに。劇伴を担当するのはデビュー14年目にして初めてのことだそう。 また、楽曲の作成にあたって撮影現場にも足を運んだり、監督と打ち合わせを行い、意欲的に取り組んでいる様子なので、映画の楽曲にも注目していきたいですね!

映画『ここは退屈迎えに来て』は2018年秋公開予定!

橋本愛、門脇麦、成田凌といった繊細な心を持つ登場人物たちを演じる新スターたちと、またそのようなキャラクターを撮るのに長けている廣木監督という最強タッグのもと、製作された『ここは退屈迎えに来て』。 公開は2018年10月19日からです!