2018年3月3日更新

ジョーダン・ピール、『ゲット・アウト』の監督として知られる彼に注目!

©PRPHO/Landmark Media

世界中で話題を集めた衝撃のホラー映画『ゲット・アウト』の監督をつとめたジョーダン・ピール。本作で映画監督としてデビューを飾りましたが、ジョーダン・ピールはどんな人物なのかをまとめてみました。

ジョーダン・ピール監督がデビュー作『ゲット・アウト』で注目を浴びる!

2017年に公開された『ゲット・アウト』。アメリカ国内で公開後、初の週末だけで3000万ドル以上の売り上げを上げ週末興行収入ランキング初登場1位となった話題作です。 この衝撃的なホラー映画の監督と脚本をつとめたことで、日本でも名前が知れ渡ることとなったジョーダン・ピール。そんな彼は、実はアメリカではコメディアンとして有名だなんてご存知でしたか? ここではジョーダン・ピールのことについてもっと知るべく、プロフィールや出演作など、ジョーダン・ピールについてまとめてみました!

基本プロフィール

フルネームはジョーダン・ハワース・ピール。生年月日は1979年2月21日で、ニューヨークのアッパーウエストサイド出身。黒人の父親と白人の母親のあいだにうまれ、母子家庭で育ちました。 マンハッタンにあるサラ・ローレンス大学に入学後、ルームメイトでのちに『キー&ピール』を生み出すコメディー作家となる、レベッカ・ドライスデールと意気投合。2年通った大学を中退し、コメディアンへの道に進みました。

大人気の『キー&ピール』って?

『キー&ピール』とは2012~2015年まで放送され、合計5シーズン製作されたアメリカのスケッチ・コメディ番組。スケッチとは、日本でいうコントにあたります。 メインキャストであるキーガン=マイケル・キーとジョーダン・ピールの名前をそのまま使った本番組は、人種問題やポップカルチャーなど幅広く取り上げました。バラク・オバマ元大統領のモノマネコントなど数々の爆笑を生み出し、キー&ピールの名コンビは全米で大人気に。

この『キー&ピール』の大成功が、二人に大きな影響を与えます。キーは、ジョージ・クルーニー主演の『トゥモローランド』(2015年)やブライアン・クランストンのコメディ映画『Why Him?(原題)』などに出演し、俳優として幅広く活躍。 そして、ジョーダン・ピールも同じく俳優や映画監督、脚本家としてその才能を発揮することとなりました。

ジョーダン・ピールの代表的なスケッチ・コメディ「NOICE!」

いいね!という意味の「nice(ナイス)」という単語を、超サイコー!と強調するため「noice(ノォイス)」と変形させた造語をとにかく連発する「キー&ピール」の名コント。全く深い意味はないので、英語が苦手なひとでも気軽に見てみてくださいね。 最終的にこの「noice」の単語で会話が成り立っています。この「noice」、とってもくだらないけど言ってみるとテンションが上がってなんだかクセになる……。この2013年のコントから生まれたスラング「noice」を、あなたもぜひ今日から使ってみませんか?

『キー&ピール』の名コンビが大暴れ!『キアヌ』

全米2016年公開のドタバタ・猫レスキュー映画

たった一匹の子猫を取り返すためだけに、凶悪犯罪を繰り返すギャングに立ち向かっていく。そんなピールとキーのドタバタ劇は、スケールの大きなコントのようで大ヒットしました。 ギャングとの戦いということもあり、激しいアクションも楽しめる本作。ピールが脚本を担当しただけでなく、ピールとキーの二人はプロデューサー兼俳優として製作に関わりました。

ジョーダン・ピール初声優のアニメーション作品『コウノトリ大作戦!』

大人も楽しめるアニメーション作品

2016年公開の『コウノトリ大作戦!』でも、ジョーダン・ピールとキーガン=マイケル・キーの『キー&ピール』の名コンビが声の出演をしています。 見た目はイカついのに、赤ちゃんを溺愛する狼の役。そして、その役名が「アルファ・ウルフ」と「ベータ・ウルフ」となっているのがまたおもしろい!声優としても息ぴったりなふたりです。

『キャプテン・アンダーパンツ(原題)』にも出演

2017年に全米で公開されたアニメーション作品『キャプテン・アンダーパンツ(原題)』では、ジョーダン・ピールは天才発明家のこどもメルヴィン役を務めました。メルヴィンは主人公のジョージ(ケヴィン・ハート)とハロルド(トーマス・ミドルディッチ)の宿敵。 『コウノトリ大作戦!』についで2作目の、ジョーダン・ピールの声優作品となりました。スーパーヒーロー・コメディが好きな方はぜひチェックしてみてくださいね。

初監督作『ゲット・アウト』が2018年アカデミー賞にノミネート!

ジョーダン・ピール (ゼータ)
©PRPHO/Landmark Media

なんとジョーダン・ピール初監督作品の『ゲット・アウト』が、2018年のアカデミー賞作品賞にノミネートされました。ノミネート作品の中から最優秀賞を決める最終投票は、2月20日から2月27日まで行われ、そして3月4日の授賞式にて結果が発表されます。 『ダンケルク』や『シェイプ・オブ・ウォーター 』など、歴史に残る名作と並ぶ『ゲット・アウト』。果たして1999年の『シックス・センス』以来のホラー映画のノミネートとなっていますが、果たして受賞するのか?!2018年3月4日の授賞式は見逃せません。

私生活では、奥さんとラブラブなジョーダン・ピール

we both dont know our wedding anniversary❤️????

Chelsea Perettiさん(@chelsanity)がシェアした投稿 -

ジョーダン・ピールは2013年からコメディアンのチェルシー・ペレッティと交際。約2年後に婚約したあと、2016年4月あたりに駆け落ちという形で結婚したそうです。 ジョーダンもわたしも結婚記念日が何月何日だかわからないの、とチェルシーはインスタグラムに写真とともに投稿。そんなラブラブなふたりのあいだには2017年7月第一子が産まれ、充実したファミリーライフを送っています。

ジョーダン・ピールの今後の活躍に注目!

2017年に最も成功した映画のひとつとして名前が挙がる『ゲット・アウト』ですが、じつは続編製作の企画がすすんでいるそう。まだ詳しい情報はわかっていませんが、ジョーダン・ピールが描くユニークな作品になることは期待ができそうです。 また2019年に全米公開予定の『Abruptio(原題)』というホラー映画のダニーという役を、ジョーダン・ピールがを演じることが決まっているようです。こちらも詳細が分かり次第ご紹介します。

コメディアンや脚本家、また映画監督として大活躍する、ジョーダン・ピールについてご紹介しました。『ゲット・アウト』のアカデミー賞の結果と、今後の活躍に引き続き要注目ですね!