2018年3月24日更新

「ここは断じて通さん!」オマージュ溢れる『ボス・ベイビー』のトリビアを紹介!

(C) 2017 DreamWorks Animation LLC. All Rights Reserved.

見た目は赤ちゃん、だけど立ち振る舞いは”ボス”の”ボス・ベイビー”が主人公の映画『ボス・ベイビー』には、映画ファンなら思わずニヤリとするオマージュがたくさん。その中のいくつかをご紹介します。

『ボス・ベイビー』にはトリビアやオマージュネタがたくさん

ボス・ベイビー
(C) 2017 DreamWorks Animation LLC. All Rights Reserved.

2017年全米で公開され、実写版『美女と野獣』を追い抜いてボックスオフィス1位となったアニメ映画を知っていますか?見た目は赤ちゃん、だけどパリッとスーツを着こなし大人のように降るまうボス・ベイビーが主役の作品『ザ・ボス・ベイビー』です。 映画の原作は絵本であり、もちろん子供向けのアニメーションではあるのですが、作品中には思わず大人でもくすっとなるような有名作品のパロディやオマージュが点在しています。 そんな思わずもう一度見返したくなる『ボス・ベイビー』に隠されたネタシーンを紹介します。

1.「ここは断じて通さん!」ティモシーの時計に隠された秘密

ある日突然ボス・ベイビーの兄になってしまった7歳の少年ティモシー。劇中に登場する彼の特徴的な時計が気になった方もいるでしょう。 ティモシーの声を演じているのはアメリカ出身の俳優マイルズ・バクシですが、このバクシという名前どこかで聞いたことがある人もいるかもしれません。マイルズの祖父、ラルフ・バクシは『フリッツ・ザ・キャット』などで知られるアニメーション作家なのです。 ラルフ・バクシは1978年に『指輪物語』のアニメ版を製作しています。そでに対するオマージュか、ティモシーの時計は『指輪物語』に登場する魔法使いガンダルフの形をしています。「ここは断じて通さん」という名言が再び見れるのはファンとしては大興奮ですね!

2.まるでインディ・ジョーンズ!

ボス・ベイビーのミッションは、子犬に押され気味な赤ちゃんの人気を取り戻すこと。その為ティモシーと一緒に、赤ちゃんたちのライバル会社”パピー・コーポレーション”に潜入します。 そこで、あるファイルをティモシーとボス・ベイビーがすり替えようとするシーンに既視感を覚える方が多いかもしれません。そのシーンは探検家インディ・ジョーンズが『レイダース/失われたアーク《聖櫃》』で金色の像を元にあった場所から動かそうとするシーンにそっくりです。 もちろんファイルを動かしたあとのボス・ベイビー達は、インディ・ジョーンズと同じ運命を辿り、床ごと下に降下していきます。

3.どこかで見たようなお天道様

今まで一人っ子として、両親の愛情を一身に受けてきたティモシーにとって、新しい弟の存在は面白くありません。しかもボス・ベイビーは普通の赤ちゃんではないのでより一層のこと…… そんなわけで、ボス・ベイビーとティモシーの初対面はいいものとは言えませんでした。翌日二人を照らす太陽はティモシーの心境とは裏腹にニコニコ笑っています。 この笑う太陽にピンときた方、そうです、これは1997年に放送されていたイギリス子供向け番組『テレタビーズ』へのオマージュなのです。『テレタビーズ』といえば、ずんぐり体型の4人のキャラクターが印象的ですが、番組のオープニングも太陽の真ん中に赤ちゃんの顔が出てきてニコニコ笑うというなかなかシュールなものです。

4.ライバルアニメからも!?ボス・ベイビーの電話にも見覚えが

『ボス・ベイビー』の世界では、ボス・ベイビーの他にも大人のように振る舞う赤ちゃん達がいます。そんな仲間とボス・ベイビーはおもちゃの電話を使って連絡を取り合っています。 この電話、どこかで見覚えがありませんか?そう、ボス・ベイビーの電話は『トイ・ストーリー3』でサニーサイド保育園にいた電話のおもちゃと同じです。保育園でウッディやバズのサポートをしたあとティモシー家に引き取られたのでしょうか?もしくは、彼の兄弟がボス・ベイビーのサポートをしているのかもしれません。

5.因果応報!?ミーティング中の一言にも注目

時にボス・ベイビーは他の赤ちゃん達とミーティングもします。重要なミーティング中なのですが、参加者の一人ジンボという赤ちゃんはつい美味しそうなクッキーにつられて一口……そんなジンボをボス・ベイビーはぴしゃりと叱りつけます。その時に彼が言う”cookies are for closers”と言うセリフ。これは、彼の声優であるアレック・ボールドウィンのある出演作に対するオマージュです。 ボールドウィンは1992年に出演した『摩天楼を夢見て』の中で、ある不動産会社に本社からやってきた冷酷な幹部ブレイク役を演じでいます。ブレイクはできの悪い部下がコーヒーを飲もうとしているところに”cofee is for closers”と叱りつけます。 “Closer”とは仕事ができて稼ぎがいいビジネスマンを示します。つまりは稼ぎがない奴にやるコーヒー(クッキー)はないということです。

6.マクグラス監督から兄へのラブレター

ボス・ベイビー
(C) 2017 DreamWorks Animation LLC. All Rights Reserved.

本作品は、監督であるトム・マクグラス監督の兄へのメッセ―ジを込めた作品です。マグクラス監督は、兄弟とは競いあう存在でもあるが、親友でもある特別な存在であり、自分の人生の中における一番近い人間であると語っています。 そして、マグクラス監督の兄もプレミアムを見て弟からの思いを感じて涙を流したようです。本作品を自分の兄弟や姉妹との関係性と重ね合わせて見てみると新しい観点を得られるかもしれません。

『ボス・ベイビー』の最高のオマージュ、あなたはいくつ気付きましたか?

ボス・ベイビー
(C) 2017 DreamWorks Animation LLC. All Rights Reserved.

ご紹介したパロディ、オマージュネタにあなたはいくつ気づけましたか?全く気づかなかったと言うあなたも、ご紹介したネタ以外も知っていると言うあなたも、もう一度『ボス・ベイビー』見返してみてはどうでしょうか?きっと1度目よりも楽しめること間違いなしです。