2018年3月29日更新

ミステリー界が騒然!『屍人荘の殺人』を徹底解説【実写化確定?】

デビュー作でありながら、推理ジャンルの新人文学賞「鮎川哲也賞」を見事に受賞した今村昌弘の『屍人荘の殺人』。ミステリー界がザワついた本作についてまとめてみました。

期待の大型新人・今村昌弘作『屍人荘(しじんそう)の殺人』

鮮烈な推理長編小説へ贈られる「鮎川哲也賞」を見事に受賞した、今村昌弘衝撃のデビュー作をご存知でしょうか? 2018年4月10日に大賞が発表される「本屋大賞」にもノミネートされた、話題の本作品。今回はそんな『屍人荘の殺人』についてご紹介します。一部ネタバレもあるので、このミステリーを存分に楽しみたい方は、Uターンしてくださいね!

なんと史上初の3冠!絶対おもしろい『屍人荘の殺人』

なんと宝島社の「このミステリーがすごい!2018」、文藝春秋の「週刊文春ミステリーベスト10」、そして原書房の「本格ミステリベスト・10」にランクイン。2017年の各ミステリランキングで1位となり、史上初の3冠を達成となりました。 あの有栖川有栖にも大絶賛されている『屍人荘の殺人』。いまだかつて、ここまで各出版社からプッシュされたミステリー小説があったでしょうか?おもしろくないわけがありません!

著者・今村昌弘について知りたい!

『屍人荘の殺人』の著者である今村昌弘は、 1985年長崎県生まれ。小さい時から本を読むのが好きでジャンルを問わず色々な作品を読んで育ちました。 岡山大医学部に入学し4年生になった頃、国家試験の勉強が嫌になって小説を書くようになったそうです。そして大学を卒業した後、放射線を用いた検査などを行う「放射線技師」として兵庫県のクリニックで就職。

仕事と並行して短編小説を書く日々を過ごすなか、新人賞に応募した際"今村昌弘の作品はキャラが立っている"といった好評価を受けるようになりました。それがきっかけで、もっと良い作品を書きたいという思いを抱きはじめます。 そして自分が書く小説の完成度を高めることに集中するため、29歳で仕事を辞めることを決意。その後は執筆にエネルギーを注ぎ、見事長編デビュー作となる『屍人荘の殺人』で第27回鮎川哲也賞を受賞したのでした。

『屍人荘の殺人』の評価は?

読み始めると止まらず、一気に読み切ってしまった!という声が続出している『屍人荘の殺人』。TBSの「王様のブランチ」をはじめとしたテレビ番組でも取り上げられ、2017年10月の発売以来すでに21万部の売り上げを突破。 『鷺と雪』で知られる推理作家・北村薫が、『屍人荘の殺人』は"奇想と本格ミステリの融合"が実に見事で、この頭の働きには素直に脱帽するしかありませんなどと評価しています。

『屍人荘の殺人』あらすじと解説※ネタバレ注意

あらすじ

関西にある大学・神紅大学「ミステリ愛好会」に所属する葉村譲が主人公。ある日、葉村が映画研究部の夏合宿に参加すると、連続して起きる殺人事件に巻き込まれてしまいます。 舞台は閉ざされた洋館の「紫湛荘(しじんそう)」、あたりが暗くなってから起きる殺人事件。まるで、よくある推理小説かのような状況のなか、同じ大学の剣崎比留子とともに犯人を突き止めようとしますが……。

タイトルに隠されたネタバレ

ゾンビ

本作のタイトルは『屍人荘(しじんそう)の殺人』。死体を連想させる「死人」をあえて使わず、「屍人」としています。屍人、つまり「生ける屍」……。 想像力がある方はすぐにピンときたはず。「生きている屍(しかばね=死体)」そう、ゾンビを意味しているのです!殺人犯などを推理するはずのミステリー小説に、まさかのゾンビが絡むという業界に衝撃を与えた作品なのです。

『屍人荘の殺人』主要キャラクターに注目

ミステリー好きの大学生・主人公の葉村

主人公の葉村譲(はむらゆずる)は、関西の私立大学・神紅(しんこう)大学経済学部の一回生です。 ある日"ミステリ愛好会"の会長を名乗る理学部三回生の明智恭介(あけちきょうすけ)に声をかけられ、ミステリー好きの葉村は思わず意気投合。その日から、メンバーふたりだけのミステリ同好会の活動を始めます。

探偵美少女?剣崎比留子

葉村と同じ大学に通う、剣崎比留子(けんざきひるこ)。過去に数々の事件を解決してきた、美人探偵として知られている大学二回生です。 映画研究部の夏合宿に参加する、彼女の友人のもとへ届いた脅迫文がきっかけで、その合宿に参加し葉村と知り合うこととなります。

『屍人荘の殺人』勝手にキャスト予想

主人公の葉村譲に古川雄輝

30代になった古川雄輝ですが、外見的にもまだまだ大学生役をこなせるだろうということで抜擢してみました。 『となりの怪物くん』など、数々の作品に引っ張りだこの彼。以前ミステリ-ドラマ『僕だけがいない街』で見事に主人公を演じていたため、『屍人荘の殺人』の主人公もうまく演じることができのではないでしょうか?

剣崎比留子は池田エライザ

美少女探偵である大学生・剣崎比留子役には、女子高生役を多くこなしている池田エライザ!とにかくいま旬の美人女優ということでいかがでしょう。 池田エライザ以外にも、この人も剣崎役似合うかもしれない……という20代前後の若手女優がたくさんいます。みなさんは誰で予想しますか?

『屍人荘の殺人』を実写化するとしたらドラマ?映画?

『屍人荘の殺人』は、ドラマシリーズではなく映画での実写化が良いのではないでしょうか?ゾンビが現れるところから登場人物たちが一気にパニックに呑まれていくため、テンポよく表現するかが見どころと予想します。 それに原作小説は300ページほどのボリュームで続編はまだ発表されていませんので、ドラマにするには難しいかもしれません。そのため映画の120分ほどの長さで実写化すれば、テンポよくおさめることができそうです。

ドラマシリーズ化も不可能ではないかも?

また本屋大賞のインタビューで、今後は『屍人荘の殺人』の登場人物である葉村と剣崎をメインに、シリーズ展開していく予定だと著者の今村昌弘は語っています。 もし『屍人荘の殺人』以降のシリーズ作が完成したら、ゾンビが登場する新しいタイプのパニック・ミステリードラマとしてシリーズ化してもおもしろいかもしれませんね!

『屍人荘の殺人』実写映画の監督はあの人がよさそう!

『アイアムアヒーロー』佐藤信介監督

『屍人荘の殺人』を実写化するとしたら、花沢健吾の大人気漫画『アイアムアヒーロー』実写版映画で監督をつとめた、佐藤信介で実現してほしいところです! 日本のゾンビ映画における最高傑作を作り上げた佐藤信介監督。今後も『BLEACH』や『いぬやしき』など、数々の監督作品が公開を控えています。 『屍人荘の殺人』を実写化するとすれば、やはりゾンビのクオリティが重要となってくるので、佐藤監督ならインパクト抜群の作品を生み出してくれると期待。

ぜひ『屍人荘の殺人』を実写化してほしい!

以上、ミステリー界がザワついた今村昌弘の小説『屍人荘の殺人』についてご紹介しました。普段あまりミステリー小説は読まないという人も、新しいタイプの作品で非常に読みやすくなっているのでぜひ手に取ってみてくださいね。 衝撃のデビュー作『屍人荘の殺人』、実写化すればさらに話題になること間違いなし!本記事では実写化した場合のキャストや監督を勝手に予想しましたが、いつの日か本当に実写化される日を楽しみに待ちましょう。