©Vandeville Eric/Abaca/Newscom/Zeta Image

ウェス・アンダーソン、13年ぶりに来日決定!『犬ヶ島』キャストも来日!

2018年5月15日更新

あのウェス・アンダーソン監督が5月25日の映画『犬ヶ島』の公開に先駆け、13年ぶりに来日決定!そのほか、同作の出演者であるコーユー・ランキンとジェフ・ゴールドブラムも来日します!

ウェス・アンダーソンが『犬ヶ島』を引っ提げて来日‼︎

犬ヶ島
(c)2018 Twentieth Century Fox Film Corporation

来る5月25日に日本公開される映画『犬ヶ島』。その公開に先立ち、なんとウェス・アンダーソン監督が来日するとの情報が!監督が来日するのは、2005年に日本公開された『ライフ・アクアティック』のプロモーション以来、13年ぶりとなります。 やはり日本が舞台であるこの映画を監督しただけあり、日本には長年再訪したいと願っていたそうです。

コーユー・ランキンとジェフ・ゴールドブラムも来日!

犬ヶ島
(c)2018 Twentieth Century Fox Film Corporation

そして今回は、同作の主人公・アタリの声を演じたカナダ出身の子役・コーユー・ランキンと、犬のデュークの声を演じたジェフ・ゴールドブラムも来日します。 コーユー・ランキンは今回が記念すべきプロモーション初来日!一方、ゴールドブラムは『インデペンデンス・デイ:リサージェンス』の公開以来2年ぶりの来日となります。 三人は、5月22日に来日舞台挨拶に登壇する予定。いったいどのような思いを語ってくれるのでしょうか?