2018年6月13日更新

ベン・アフレックが新作映画で『ザ・コンサルタント』監督と再タッグを組む?

©︎Adriana M. Barraza/WENN.com

脚本家や映画監督としても活躍する俳優のベン・アフレック。2017年公開の映画『ザ・コンサルタント』でタッグを組んだギャビン・オコナー監督と再タッグを組むかもしれない、とDeadlineが報じました。

ベン・アフレックが『ザ・コンサルタント』の監督と再タッグを組むかも?

ベン・アフレック
Adriana M. Barraza/WENN.com

俳優ベン・アフレックの新作映画についてのニュースが、新たに米ニュースメディアDeadlineによって報じられました。 契約など、細かい部分は何も決定していないようですが、2017年公開の映画『ザ・コンサルタント』の監督ギャビン・オコナーと再タッグを組み、『The Has-Been (仮題)』というタイトルの映画を製作予定とのこと。 同作は元バスケットボールの選手だった男が主人公で、妻を失った苦しみの中でもがきながら、自身の母校にある、人種の入り混じった高校バスケチームのコーチとなって再起を図る物語となるようです。 また、ベン・アフレックは主演、ギャビン・オコナーは監督と役割をメインとしつつ、プロデューサーとしても製作に関わることを予定しています。

『ザ・コンサルタント』の続編企画も進行中!

ベン・アフレックは2018年6月現在、この他にNetflix製作の映画『トリプル・フロンティア (原題)』にも出演する予定で企画が進行しています。ギャビン・オコナー監督もまた、『スーサイド・スクワッド』の続編の監督を務める方針になっており、お互いに多忙な様子。 しかしながら2人はそんな中でも精力的に、『ザ・コンサルタント』の続編の企画にも取り掛かっているようです。こうした点に鑑みると、今回報じられた『The Has-Been (仮題)』は少し先の話なのかもしれませんが……続報に期待したいところですね。