2018年7月11日更新

映画『ブリグズビー・ベア』が私たちに教えてくれたこと【「好き」が紡ぐ絆と旅立ち】

© 2017 Sony Pictures Classics. All Rights Reserved.

ミニシアターを中心とした上映ながら、日本でも各レビューサイトで高評価を獲得するなど大きな話題を呼んでいる映画『ブリグズビー・ベアー』。多くの人の心を震わせる本作の魅力と作品に込められたメッセージについて解説していきます。

切なくも愛おしいハートフルストーリー『ブリグズビー・ベア』

多数の映画祭でノミネート!

カンヌ国際映画祭で新人監督賞ノミネート、サンダンス映画祭ではグランプリノミネートなど、各映画祭を賑わせ話題を呼んでいる映画『ブリグズビー・ベア』。ミニシアターなどを中心とした小規模の公開ながらも口コミで人気を広げ、感動的な人間模様とで創作への愛に溢れる作品として多くの人々を魅了し、高い評価を獲得しています。 本作に込められたメッセージとは、鑑賞者の心を虜にするこの優しさは何なのか。映画『ブリグズリー・ベア』を縁取る切なくも愛おしいその魅力について解説していきます。

映画『ブリグズビー・ベア』のあらすじ

両親は誘拐犯、生きてきたのは偽りの世界、それでも「彼」への愛は本物だった。

優しいけれど少し退屈な両親と、外の世界から隔離された不思議な家で淡々とした日々を過ごす主人公ジェームス。そんな彼の唯一の楽しみは、毎週送られてくる教育ビデオ「ブリグズビー・ベア」を観ること。 いつもどおり番組研究とファン仲間とのチャットに勤しんでいたある日、突然やってきたサイレンと共に両親と引き離され、外の世界に連れ出されてしまいます。なんとジェームスは赤ん坊の頃に病院で行方不明となっており、25年間両親だと信じていたふたりの男女は、彼を誘拐した犯人だったのです。 初めて触れる世界と本当の両親、新しい日常の始まりに戸惑いながらも、胸の中に留まり続ける唯一無二のヒーロー「ブリグズビー・ベア」の続編を自ら製作すべく、気さくで優しいSFオタクのスペンサーや妹のオーブリーたちと共に力を合わせるジェームスでしたが……。 好きなものへの情熱と愛、家族の温かさが沁みわたるちょっぴり異色のハートフルコメディーです。

個性的な実力派キャストと制作陣が作品をより魅力的に!

主演は『サタデー・ナイト・ライブ』でもお馴染みのカイル・ムーニー

主人公ジェームスを演じたのは、コメディーユニットGOOD NEIGHBORのメンバーとして活躍中のカイル・ムーニー。同ユニットで人気バラエティー番組『サタデー・ナイト・ライブ』に何度も出演するなど、根強い人気を集めています。本作では主演のみならず共同脚本も務め、シナリオライターとしての才能も発揮しています。

「スター・ウォーズ」シリーズで知られるマーク・ハミル

ジェームスを誘拐した偽父テッド役を務めたのは、映画「スター・ウォーズ」シリーズなどの超大作で知られるベテラン俳優マーク・ハミル。本作について、彼は「予想以上の感動と希望に満ち溢れた作品である」と語っています。「誘拐犯」という言葉からは想像できない、愛ある優しい“父”に扮しました。

『レゴムービー』などの監督としても有名なあのふたり

本作のプロデューサーを務めたのは、『レゴムービー』や『21ジャンプストリート』などのコミカル且つハートフルな人気作で名を馳せるクリストファー・ミラーとフィル・ロードら。ふたりの独特のセンスを以って生み出される笑いと感動が、本作でも十分に発揮されています。

「好き」を貫くことの尊さ

本作において最も大きなテーマとも言えるのが、自分だけにしかない「好き」を貫くことの尊さ。ブリグズビーと25年間を共に歩み、彼から多くを学んできたジェームスにとって、ブリグズビーは唯一無二の心のヒーロー。それがたとえ自分だけしか知らない存在だとしても、ジェームスの中でブリグズビーは平和のために毎週戦い続けているのです。 そんなブリグズビーに対する、ジェームスの尊敬のまなざしと深い愛情は、次第に周りの人々の心にも優しい影響を与えていきます。誰もが心の中に秘める何かへの「好き」の気持ちは、時に柔らかく、時に想像し得ないほど強く大きな力になるのです。そして、その「好き」の対象への感情に無理に抗うことなく、自分なりの探求を続けることは、自分自身の自由や魅力を認めることに繋がるのでしょう。

ある創作物の背景にあるものについて

ジェームスの最高の友人で陽気で勇敢なブリグズビーですが、彼を創作したのはジェームスを長年に渡って誘拐していた犯罪者。そんな人物が作ったものを、大切な息子が敬愛しているという複雑で耐え難い現実に、本当の両親は頭を悩ませます。 作者の人柄や犯した罪と、創作物そのものの評価はどこまでイコール関係で結び付けられるのか、この議論は本作においても重要な役割を担っています。特にそれは、創作物の内容と作者の人物像が大きく乖離しているときに起こりやすい葛藤です。 本作でもブリグズビーのことばかり考え、番組の続編映画版を製作しようとするジェームスを両親は心配し、一時は無理矢理彼からブリグズビーを引き離そうとします。しかしそれではジェームスの本来の輝きは失われてしまうと感じ、最終的にはジェームスのブリグズビーへの思いを理解し受け入れ、映画の製作にも協力するようになります。 先ほど述べた通り、何かに対する愛情を認めることは、自分自身の肯定にも繋がります。他者の好きなものがたとえ自分には受け入れがたいものであったとしても、頭ごなしに否定せず、まずは歩み寄って考えることが大切。この映画のようにあまねく人々によき理解者が現れてほしいと、筆者は思いました。

『ブリグズビー・ベア』は希望と愛が溢れる名作!

各映画レビューサイトで上位にランクインし、劇場では関連グッズの品切れが相次ぐなど、確実な人気と評価を獲得している映画『ブリグズビー・ベア』。あらゆる「好き」を持つすべての人たちに観てほしい、温かさと希望に包まれた名作です。 少しずつ劇場公開が終了しつつありますが、まだまだ全国公開中ですので、この機会にぜひ劇場に足を運んでみてはいかがでしょうか。