2018年7月24日更新

人間の脳は何を見るか『ゴースト・ストーリーズ 英国幽霊奇談』公開

© GHOST STORY LIMITED 2017 All Rights Reserved.

『SHERLOCK/シャーロック』で人気沸騰のマーティン・フリーマン出演の新作映画が7月21日(土)より公開。あらすじや見所、キャスト・スタッフ情報と上映スケジュールをお届けします。

『ゴースト・ストーリーズ 英国幽霊奇談』が7月21日(土)より上映開始

夏には怪談に食指が動く!そんなあなたに吉報

ロングランヒットを記録した英国発の舞台『ゴースト・ストーリーズ』の映画版が、2018年7月21日(土)より日本の劇場で封切りとなりました。 『ゴースト・ストーリーズ 英国幽霊奇談』と銘を打ちスクリーンデビューを飾った本作品は、英BBCの人気ドラマ『SHERLOCK/シャーロック』のジョン・ワトソン役でおなじみのマーティン・フリーマンが出演するということでも注目を集めています。 さっそく映画のあらすじを確認しながら、見所を探求してまいりましょう。キャストおよびスタッフ情報と全国各地の上映スケジュールも併せて掲載いたします。

超常現象否定派の心理学者が「究極の事例」の解明に挑む

ゴースト・ストーリーズ
© GHOST STORY LIMITED 2017 All Rights Reserved.

市街地では石造りの古い建物がせめぎ合い、郊外では深い緑に包まれた丘陵が時に陰鬱な表情を覗かせる国、英国。その美しくも愁いを帯びた景観は、まさしく仄暗い怪奇物語を紡ぐにはうってつけ。ブラム・ストーカーの小説『ドラキュラ』の舞台にこの地が選出されたことにも大いにうなずけます。 良質な怪談の産出国とも言うべき英国が放つ期待の映画『ゴースト・ストーリーズ 英国幽霊奇談』とは一体どのようなお話なのでしょうか。

あらすじ

ゴースト・ストーリーズ
© GHOST STORY LIMITED 2017 All Rights Reserved.

オカルト否定派の心理学者フィリップ・グッドマン教授(アンディ・ナイマン)は、数々の超常現象のトリックを暴き出してきたという経歴の持ち主。ある日のこと、彼のもとに3件の調査依頼が舞い込みます。その依頼主は、15年前に消息を絶っていたチャールズ・キャメロン博士なる人物でした。 斯くしてグッドマン教授は問題の超常現象を体験した3名の人物ーー老齢の夜間警備員(ポール・ホワイトハウス)、両親との間に問題を抱える10代の青年(アレックス・ロウザー)、第一子の誕生を控えていた資産家の男性(マーティン・フリーマン)と面会します。 人の脳は見たいものだけを見る、迷信や超自然的な現象に人生を左右させてはならない。 そう息巻いていたグッドマン教授ですが、調査が進むにつれて過去と現在が交錯し、彼自身の心に潜む古傷が開き始めます。果たして教授の脳が見るものとは......。

英国流の怪奇談の世界とはいかに?滲みゆく現と幻の境界線

ゴースト・ストーリーズ
© GHOST STORY LIMITED 2017 All Rights Reserved.

誰しもが多かれ少なかれ抱えているであろう胸にしまい込んだはずの過去。そして自己の目視する現象が絶対的な真実であるという驕心。本作品では、そんな人間心理のからくりによって覚醒する化物をそこはかとない不安感を漂わせる映像と共に描きます。 この映画を表現するにあたりホラーという単語は必ずしも至当ではなく、むしろ怪奇、すなわち謎の追及に重点を置くミステリといった修辞のほうがより集約的と言えるのかもしれません。 本国の批評家からは『夢の中の恐怖』(1945)や『テラー博士の恐怖』(1965)のようなアンソロジー仕立ての古典的英国怪奇映画を連想させるという感想が寄せられており、大手新聞社のガーディアン紙では複数のライターが四つ星の判定を下すなど概ね高評価を得ている模様です。

原作の舞台『ゴースト・ストーリーズ』の監督・脚本陣が再タッグ

原作の舞台『ゴースト・ストーリーズ』は2010年に英国・リバプールで初上演されて以降、国内外の劇場でヒットを記録した作品です。このたびの映画化に伴い、舞台版で監督および脚本を務めたジェレミー・ダイソンとアンディ・ナイマンが再集結。2人で監督を担当しています。

ジェレミー・ダイソン監督プロフィール

1966年に英国・リーズで出生のジェレミー・ダイソン。脚本家、俳優、文筆家、音楽家という多彩な肩書を持ち、特にテレビ業界にて高評を得ています。コメディとホラーを得意とし、代表作には舞台からBBCの人気コメディ番組へと成長を遂げた『リーグ・オブ・ジェントルマン 奇人同盟!』が挙げられます。

監督と主演を兼任!グッドマン教授役のアンディ・ナイマン

1966年、英国・レスター出身

英国の名門、ギルドホール音楽演劇学校卒のアンディ・ナイマンは、俳優や脚本家、プロデューサーとして幅広く活躍中。なかでも人気メンタリスト・マジシャンのダレン・ブラウンが出演する番組や舞台のプロデュースで大きな成功を収めています。 俳優としては『アイヒマン・ショー/歴史を映した男たち』でマーティン・フリーマンと共演を果たし、アニメーション映画「ミニオンズ」シリーズには声優として出演しています。 ちなみに、前項でご紹介したジェレミー・ダイソンとは少年時代からの友人関係にあるナイマン監督。37年物の友情を誇る彼らですが、怪奇映画への情熱は出会ったころ既に共有していたとのこと。

キーパーソン!資産家の男性を演じるマーティン・フリーマン

1971年、英国・オールダーショット出身

マーティン・フリーマン
Sthanlee Mirador/Sipa USA/Newscom/Zeta Image

言わずと知れたBBCの大人気ドラマ『SHERLOCK/シャーロック』でジョン・ワトソンを演じたマーティン・フリーマン。『ゴースト・ストーリーズ 英国幽霊奇談』では、臨月の妻が入院中で家には独りきりであったはずの資産家の男性マイク・プリドルを演じました。 飛ぶ鳥を落とす勢いのフリーマンは、これまでに映画『ラブ・アクチュアリー』や「ホビット」シリーズ、『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』、『ブラックパンサー』、ドラマ『FARGO/ファーゴ』などのヒット作に出演のほか、シェイクスピア劇『リチャード三世』といった重厚な舞台作品でも活躍しています。 なお『ゴースト・ストーリーズ 英国幽霊奇談』の予告編のナレーションは、マーティン・フリーマンの吹き替えを務める声優としておなじみの森川智之が担当。日本語吹き替え版のファンの方は必聴です。

全国各地の上映スケジュール

『ゴースト・ストーリーズ 英国幽霊奇談』は、7月21日(土)に東京のヒューマントラストシネマ渋谷およびユナイテッド・シネマ渋谷にて公開初日を迎えました。 北海道のディノスシネマズ札幌劇場では7月28日(土)から、愛知のセンチュリーシネマと大阪のシネ・リーブル梅田では8月4日(土)からの上映が決定しています。 そして宮城、山形、石川、京都、兵庫、岡山、愛媛、沖縄では8月から9月にかけて上映が開始される予定です。映画公式サイトで最新情報をお確かめの上、ぜひ劇場でお楽しみください。

合わせて読みたい