2018年8月11日更新

クリプラ主演の大作が無期限の制作延期。なぜ?

©Sthanlee Mirador/Sipa USA/Newscom/Zeta Image

日本でも大人気のハリウッド俳優、クリス・プラット。『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』や『ジュラシック・ワールド』で活躍してきた彼の次回作には『カウボーイ・ニンジャ・バイキング』が決定しており、楽しみにしてきたファンも多いはず。公開日まで決まっていたのに、なぜ?

『カウボーイ・ニンジャ・バイキング』が無期限制作停止!

日本でも人気のクリプラことクリス・プラット主演の期待作、『カウボーイ・ニンジャ・バイキング(原題)』が、無期限で制作延期されることが発表されました。 本作は、同名のグラフィックノベル(大人向けのアメコミ)が原作となっているダークヒーローもの。以前ciatrでもアツく紹介していました。 米国ではすでに2019年6月28日公開と具体的な日にちも決まっていたにも関わらず、無期限の制作延期が決定。ファンにとってはかなりがっかりなニュースとなりました。また、制作再開の目処は今の所立っていないようです。

なぜ、無期限延期になってしまった?

米メディアDeadlineによると、映画製作側は、延期の理由として脚本に問題があったと発表しており、「無理に公開スケジュール合わせるよりも、時間をかけて脚本を練り直す方が良いと判断した」とコメントしているとのことです。 しかし、具体的な脚本の問題は明らかにされていません。本作の脚本をつとめているのは、『デッドプール』のレット・リースとポール・ワーニック他、超有名作を手がけてきた脚本家陣。総勢5名の脚本家の合作となっています。 脚本家間の問題なのか、脚本自体の問題なのか、何が問題なのか明らかにされていない上、今後それら脚本家が続投するかも不明です。 ただ、延期になったとしても、公開された作品は数知れずあります。以下の記事でも紹介していますので、気をとり直して、気長に待ちましょう!