今ホットな俳優!クリス・プラットの驚くべき逸話13選!【『ジュラシック・ワールド』主演】

2017年8月4日更新 246395view

クリス・プラッドが多くの作品に出演し、大きな成功を収めている裏には様々な驚くべき逸話が隠されていました。クリス・プラドは『ジュラシック・ワールド』の主役を演じたり『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』が世界中に大人気となるなど、今話題の俳優です!

『ジュラシック・ワールド』主演を務めたクリス・プラット

クリス・プラットは1979年6月21日生まれの36歳のアメリカの俳優で、大作映画に立て続けに出演しています。 2000年の映画『Cursed Part 3』でデビューし、その後、映画、テレビドラマを中心に俳優としてのキャリアを積んでいきます。2007年以降は毎年途切れることなく映画に出演しており、2010年『マネーボール』、2013年『her/世界でひとつの彼女』などの話題作を経て、2014年、アニメーション映画『LEGO ムービー』の主人公の声を演じ、マーベルの大作映画『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』で主演。そして2015年『ジュラシック・ワールド』で主人公オーウェン・グレイディを演じ、世界的に人気が爆発します。 そんなクリス・プラットがどのような人生を歩んできたのか、彼のことがよくわかる13の逸話をご紹介します。

1.高校からすでに人気者!

クリス・プラットはワシントン州、レイクスティーブンスで育ちました。彼は社交的で、アメリカンフットボールのクォーターバック、陸上、さらにはワシントン州有数のレスラーでもあり、アスリートでした。謙虚で明るい性格で友人も多く、卒業スピーチの代表にも選ばれています。卒業後、彼はレスリングチームについてのドキュメンタリーを撮影。自らナレーションも行い、高い評価を得ています。

2.映画のようなサクセスストーリー!

And here I am casually sniffing my knuckles.

chris prattさん(@prattprattpratt)がシェアした投稿 -

もともとクリス・プラットは俳優になるつもりはなく、仕事を求めて流れ者をしていました。しかし、あることがきっかけで彼の運命が大きく変わることになります。 友人にハワイ行きの飛行機チケットを渡され、クリスは将来を模索しにハワイへと向かいました。彼は車上で暮らしながら様々な仕事に就き、最終的にレストランに辿り着きます。そこで彼の運命を変えた女優レイ・ドーン・チョンと出逢うことになるのです。 レイ・ドーン・チョンはウェイターとして働いていた彼を気に入り、スカウトしました。そしてその数日後にはハリウッドでデビューすることとなったのです。

3.『エバーウッド 遥かなるコロラド』に出演していた!

クリス・プラットは、2002年~2006年にかけて放送されていたWB系列の人気テレビドラマ『エバーウッド・遥かなるコロラド』に計89話出演していました。彼が演じたのは、少し抜けていて愛されキャラのブライト・アボットです。 『エバーウッド 遥かなるコロラド』は、2015年8月現在、DVDの日本版は発売されておらず、輸入版のみ取り寄せが可能です。

4.クリス・プラットは優秀なセールスマンだった!

Totally natural pose. Didn't even know I was being photographed. But it's whatever.

chris prattさん(@prattprattpratt)がシェアした投稿 -

彼は本格的な演技レッスンを受けたことがありません。しかし、彼が就いた数ある仕事の内の一つが、現在の演技にとても役立っているといいます。レストランでウエイターとして働く前、彼はクーポンのセールスマンをしていたのです。 セールスマンをはじめて2年後、彼は自分のオフィスを持ち、従業員を雇うまでになっていました。玄関先でクーポンを売ることは簡単ではありません。しかし彼はこの難しい仕事を見事にこなしていたのです。

5.ミュージシャンとしての才能も!

@instylemagazine was kind enough to name me September's Man of Style. You can buy the #magazine on the stands now if it pleases you. This photo shoot was geared toward releasing the #magnificent #magnificent7 Movie in theaters September 23rd. Full disclosure I did not pick out any of the clothes which is kinda funny for a guy who is called the "man of style" ???? I mostly like T shirts with American flags on them. Usually I go for the one on the top of the "shirt pile" but I want to promote this nice magazine called In Style Magazine because everyone who was there that hot day we were doing the photo shoot was really nice. They had nice food spread out. And they played good country music. And there were horses all over the place. I feel like I took some pictures with some horses but those didn't make the magazine. Maybe I accidentally closed my eyes or maybe the horse's agent threw a Hollywood bitch fit for some reason. The people who picked out the clothes have good style. No doubt. Oh! They even gave me a shirt!!!! Such a nice shirt. Like a flannel shirt but made out of pajamas and the thing cost like $500 or something ridiculous but they just gave it to me!!! So. Anyways. Hopefully this helps them at least sell $500 worth of magazines to make up for that sweet ass shirt. It's up in Washington so I can't send a pic right now of the shirt. But trust me. It's great. @instylemagazine September 2016 Man of Style on newsstands now. Photographed by @thomaswhiteside; styled by @jamesvaleri; photo director @lisamartin0563; grooming by @bridgetbragerhair; production by @kelseystevensproduction.

chris prattさん(@prattprattpratt)がシェアした投稿 -

クリス・プラットの音楽的才能は、テレビドラマ『パークス・アンド・レクリエーション』などで確認することができます。彼はあまり音楽活動についての話はしませんが、ある雑誌のインタビューで彼の所有するギターや彼が作ったレコーディングスタジオの話をしています。 彼がスクリーンの中で歌っているシーンを観ることはできますが、しかしなぜミュージシャンとしての彼の作品を聞く機会がないのか?それは彼の忙しいスケジュールや子育てなどにより時間がないことが原因でしょう……。

6.結婚の驚くべききっかけ!

My wife is all things... Lover. Actor. Mother. Kite master.

chris prattさん(@prattprattpratt)がシェアした投稿 -

彼がコメディスターのアンナ・ファリスと結婚していることはあまり知られていない事実です。2009年『パーティー・ナイトはダンステリア』で共演し、二人は結婚しました。しかし驚くべきは彼らが結ばれるきっかけです。 それは虫の標本でした。クリスは撮影中アンナに、彼が所有する虫の標本コレクションについて話しました。すると彼女は意外なことに、標本に興味を持ちました。彼がコレクションを見せると彼女は涙を流して喜んだと言います。なんと、彼女も同じ趣味の持ち主だったのです! 現在二人は大きな家にたくさんの虫の標本と共に暮らしています。

7.クリス・プラットは大の動物好き?

I ain't fraid'a no goats

chris prattさん(@prattprattpratt)がシェアした投稿 -

先ほど、虫の標本を集めていることを紹介しましたが、その他にも様々な動物を飼育しています。過去にインタビューで明かしたペット事情を紹介します。それぞれに名前があるので、その名前とともに紹介します。 トカゲのパッフ、金魚5匹(ピンキー、ブライアン、ジョエル、ピール、サンディー)、アストロノータスのチェフ、二匹のパク、アルバノカエルのウィットニー、ハエトリグサ、そしてエビなどを飼っています。いかに動物好きかがわかりますね。

8.クリス・プラットは体重増減の鬼!

And here I am casually sniffing my knuckles.

chris prattさん(@prattprattpratt)がシェアした投稿 -

映画の役作りのための体重の増減について、クリスチャン・ベールの『マシ二スト』から『バットマン・ビギンズ』への体重の増加の話がよく出ますが、クリス・プラットについても語るべきです。 彼は2010年ごろから、『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』の撮影を終えるまでに31kgの体重増減を繰り返してきました。彼はこの作品の撮影終了後、すぐ撮り直しのために呼び戻されます。 2週間も経っていなかったにもかかわらず彼は9kgも増量していたのですが、彼はその体重を落とし、見事に撮影を乗り切りました。レスリングの経験が、このような急激な体重の増減を可能にしていると言われています。

9.実力で契約延長!

海外ドラマ『パークス・アンド・レクリエーション』のアンディは今となっては魅力的なキャラクターとして認知されていますが、クリス・プラットが演じたこのキャラクターは1シーズンのみの出演予定でした。 しかし彼がとても魅力的に演じたため、人気が沸騰。シーズンを通して出演することになったのです。

10.役作りのために野球のキャンプに参加!?

Six months no beer. #GOTG Kinda douchey to post this but my brother made me.

chris prattさん(@prattprattpratt)がシェアした投稿 -

役者は役作りのためにどれだけ努力しているのかという疑問を抱いた事があれば、『マネーボール』におけるクリス・プラットの役作りをチェックしてみて下さい。 この映画は、ノンフィクションの原作に忠実に作られたため、彼は元オークランド・アスレチックスの選手スコット・ハッテバーグを生活面だけでなく野球の面でも、リアリティをもって演じることが求められました。 クリス・プラットは、左打ちの練習をし、プロになるための選手が集まるキャンプに参加し、実際に野球の試合にも出場するなど徹底した役作りを行ったのです。

11.フィリップ・シーモア・ホフマンから学んだこと!

Just hanging with my bestie Jen. #passengersmovie

chris prattさん(@prattprattpratt)がシェアした投稿 -

クリス・プラットの『マネーボール』に関する逸話がもう一つあります。彼はこの作品でフィリップ・シーモア・ホフマンと共演しています。ホフマンはクリスの最も好きな俳優の一人で、クリスはホフマンからたくさんのことを学んだと言います。 クリス・プラットは撮影中、彼と様々なことを話したそうです。しかし撮影5分前には話しかけることができませんでした。ホフマンはその時間になると、頭を下げ、行ったり来たりして集中力を高めます。その集中は誰にも邪魔ができない特異な空間を作り出していたのです。 残念なことに、フィリップ・シーモア・ホフマンが2014年に46歳の若さで亡くなったため、この作品が初共演にして最後の共演作品となってしまいました。