映画『プーと大人になった僕』吹き替え声優一覧【堺雅人がクリストファー・ロビンに!】

2018年9月13日更新

人気キャラクターの実写化で話題のディズニーの新作映画『プーと大人になった僕』が2018年9月14日に日本で公開されます。この記事では、プーさんを始めとする個性的なキャラクターたちを演じる声優陣を紹介します!

『プーと大人になった僕』声優陣もキャラクター同様個性的!

日本での公開が2018年9月14日と間近に迫った『プーと大人になった僕』。世界的人気キャラクターがついに実写化されるとのことで日本でも注目が集まっています。 100エーカーの森を離れ長い年月が経ち、仕事に追われながら家族と暮らしているクリストファー・ロビンが主役の本作。すっかり大人になってしまった彼と、かつての親友であるプーさんと森の仲間たちが再会します。果たして彼は忘れてしまった「大切なモノ」を思い出すことができるのでしょうか。 この記事では、2018年8月現在発表されている日本語吹き替え版のキャストを紹介します!個性的なキャラクターたちを演じるのは一体誰!?

記事・作品情報はこちらから!

主役のクリストファー・ロビンはあの演技派俳優が!

クリストファー・ロビン(ユアン・マクレガー):堺雅人

プーさんの親友で、森の仲間たちのリーダー的存在でもある賢く思いやりのある少年であったクリストファー・ロビンを演じるのはユアン・マクレガー。今やロンドンで忙しく働いている彼には妻と娘がおり、家庭と仕事の両立に悩む1人の大人へと成長しています。 そんなクリストファー・ロビンの吹き替えを担当するのは俳優の堺雅人(さかいまさと)です。田辺エージェンシーに所属する舞台出身の俳優で、多くの映画やドラマでも活躍してきました。 ドラマ「リーガル・ハイ」シリーズの古美門研介役や『DESTINY 鎌倉ものがたり』の一色正和役、『北の桜守』の江蓮修二郎役など、様々な役をこなす演技派俳優の彼ですが、実写映画の吹き替えには本作が初挑戦!果たしてどんな声を聞かせてくれるか注目です。

プーさんの声はおじさんが担当!?

プー:かぬか光明

はちみつが大好きな、ディズニーが誇る世界的人気キャラクターのプーさん。予告映像に映っている彼の姿は少し色褪せていて時間の流れを感じさせますが、マイペースで優しい彼の性格は変わっていない様子がセリフから伺えます。 そんなプーさんの吹き替えを担当するのはケンユウオフィスに所属するかぬか光明(みつあき)。洋画の吹き替えはもちろん、アニメやゲーム、海外ドラマなど様々な役を経験している声優です。 アニメ版のプーさんの可愛らしい声とは違い、本作ではこんなおじさん声優が担当します。実は海外版の本作のプーさんの声優を担当するジム・カミングスもおじさんで、海外で話題になっていました。 これまでにアニメ「スポンジ・ボブ」シリーズではパトリック・スター役、映画『しあわせの隠れ場所』ではクィントン・アーロン演じるマイケル・オアー役を務めています。また、2018年8月10日に日本で公開された『オーシャンズ8』ではジェームズ・コーデン演じるジョン・フレイジャーの吹き替えを担当しています。

プーさんの親友の声はアニメ版から続投!

ピグレット:小形満

100エーカーの森に住む小さなブタのぬいぐるみのピグレット。プーさんの親友です。とても臆病ですが誠実でおだやかな性格で、森の仲間たちにとって欠かせない存在でした。 そんなピグレットの吹き替えを担当するのは声優の小形満(おがたみつる・写真左)です。マウスプロモーションに所属する彼は、アニメ『ダックテイルズ』でドナルドダッグの叔父であるスクルージ役を務めています。 彼はアニメ版「くまのプーさん」シリーズからピグレット役を担当していて、実写版でも引き続き吹き替えを担当します。アニメシリーズのピグレットを知っている人にとってはお馴染みの声優となります。

ティガーの声を担当するのは大御所声優!

ティガー:玄田哲章

ティガーは自信家で明るい性格の持ち主で、暴れすぎてしまうこともあるお調子者のトラのぬいぐるみです。アニメ同様しっぽでぴょんぴょんと跳ねている姿が本作の予告映像でも見られます。 そんなティガーの吹き替えを担当するのは81プロデュースに所属する声優の玄田哲章(げんだてっしょう)。アニメ版「くまのプーさん」シリーズからティガー役を務めており、実写版でも続投です。 アーノルド・シュワルツェネッガーとシルベスター・スタローンの吹き替えを持ち役として持つ彼の活躍は多岐に渡ります。アニメ『クレヨンしんちゃん』のアクション仮面役、映画「トランスフォーマー」シリーズのオプティマスプライム役などの他、TBS番組『マツコの知らない世界』のナレーションなども担当しています。

イーヨーの低い声の主は一体どんな人?

イーヨー:石塚勇

イーヨーは少しのろまで、物事を悪い方向に考えてしまう悲観的な性格です。しかし実は寂しがり屋の一面も持っていて、友達思いのロバのぬいぐるみです。 そんなイーヨーの吹き替えを担当するのは歌手の石塚勇(いしづかいさむ・写真右端)。ザ・キング・トーンズというコーラス・グループのメンバーで、オクタビスト(超低音歌手)としてのソロ活動も行なっています。 メディアへの露出が少ない彼は、歌手活動が本業であるため多くの方が知らないと思います。彼の魅力は超低音の声であり、アニメ版「くまのプーさん」シリーズではイーヨーの歌唱部分の吹き替えを担当していました。 声優業の経験は浅い彼ですが、本作ではイーヨーの全ての声を担当することとなりました。日本一低いと言われている歌声を響かせるシーンはあるのでしょうか。

「実写版プーさん」他のキャラクターの吹き替え声優は!?

2018年9月現在、ディズニーから公式に発表されているキャストは以上の5人ですが、予告映像には森の仲間であるカンガとルーの親子やラビット、オウルの姿が見えます。 演技派俳優から大御所声優、コーラス歌手がキャストに名を連ねている本作は2018年9月14日に公開されます。新たな情報の発表を楽しみに待ちましょう!