2018年8月24日更新

製作30周年、映画『ゼイリブ』HDリマスター版がスクリーンで公開決定!

ゼイリブ(オフィシャルから使用許可もらってます)
ゼイリブ

コアな人気を博し、長きに渡って多くの人に愛されてきた映画『ゼイリブ』。製作から30周年を記念して、あのカルトSF映画がHDリマスター版となってスクリーンに帰ってきます。今回はそんな本作の魅力やHDリマスター版公開についてご紹介していきます。

あの傑作SFがスクリーンに帰ってくる!映画『ゼイリブ』30周年記念企画

鬼才ジョン・カーペンター監督が生み出したカルトSF映画『ゼイリブ』。製作から30年が経った今でも根強い人気を誇り、コアなファンを獲得し続けています。そしてついに2018年9月、そんな本作がHDリマスター版でスクリーンに還ってきます。今回は記念企画の概要を紹介しつつ、作品について解説とともにおさらいしていきます。

私たちの日常は、すでに包囲されている!

ゼイリブ(オフィシャルから使用許可もらってます)
ゼイリブ

失業者の数が増大し貧富の差が広がり続ける中、肉体労働で日銭を稼いで日々をしのいでいる主人公ネイダ。彼はそんなある日、労働者仲間からの誘いで寝泊まりしているキャンプ地に置いてあるテレビから、「世界は気づかないうちに物質主義者に支配されている」という謎の予言が放送されているのを目撃。さらにその数日後、近くの教会で段ボール箱に詰められた黒いサングラスを発見し、興味本位でかけてみることに。 すると目の前に現れたのは、人間を装って日常生活を営むエイリアンたちの姿だった!この世界がエイリアンに支配されていると理解したネイダは、同じく労働者で苦しい生活にあえぐフランクを仲間に引き入れ、富裕層に紛れ込み人間を貧しい生活に追い込んだエイリアンたちを紛糾すべく、反撃の狼煙をあげることを決意する……。

監督は鬼才ジョン・カーペンター

ジョン・カーペンター (ゼータ)
©C.M. Wiggins/WENN.com

SFとアクション、ホラーといった異なるジャンルの要素をふんだんに盛り込みながらも、一貫した作品の世界観を実現させたのは、映画界の鬼才としても名高いジョン・カーペンター。アメリカのニューヨーク州出身の映画監督で、学生の頃に製作した短編映画『ブロンコ・ビリーの復活』でアカデミー賞短編実写映画賞を受賞するなど、その才能を早々に開花。 1978年にはスプラッター映画『ハロウィン』が低予算ながら大ヒットを記録し、1982年公開の監督作品『遊星からの物体X』では全編に渡って独自の演出を施しオリジナリティあふれるクリーチャーを登場させ、映画史に残る名作を生み出したとしてその名を馳せました。 『ゼイリブ』では、人間の世界に知らぬ間にエイリアンが侵略していたという驚きの物語設定と、真実が見えるサングラスというキャッチ―でアイコニックな素材を見事に掛け合わせ、世間に蔓延する物質主義への痛烈な批判と資本主義社会の弊害と恐怖を表現することに成功しました。

資本主義社会へのアンチテーゼ

ゼイリブ(オフィシャルから使用許可もらってます)
ゼイリブ

先ほどからも述べている通り、本作は行き過ぎた物質主義に対するアンチテーゼであり、資本主義社会で翻弄される人間たちへの皮肉と警告を示した風刺映画であり、その痛烈なメッセージ性とユニークな表現方法から、多くの人々から支持を得てきました。 それを特に象徴としているのは、エイリアンたちが街中の広告や紙幣に潜ませたサブリミナルメッセージ。「命令に従え」「考えるな」「消費しろ」などの命令をを身近な物体に取り入れ、人間が無意識にそれを行うように促しているのです。作中で描かれているこのような思考操作は、私たちが生きる現実世界においても決して無関係なことではありません。 表層的な価値に囚われ、あらゆる物事の本質について考えることを放棄することの危険性の暗示であり、過剰な資本主義に憑りつかれた現代社会の行き先を警告する作品と言えます。

製作30周年記念企画開催!

HDリマスター版をリバイバル上映

ゼイリブ(オフィシャルから使用許可もらってます)
ゼイリブ

製作から30周年に当たる今年、ついに『ゼイリブ』がHDリマスター版でスクリーンに登場。画質リマスターと音響リマスターにより実現した美しい映像と豊かな音響表現を、劇場で鑑賞することができるというファン待望の企画となっています。 オリジナルマスターを日本国内でキズやノイズの除去、明るさや色調補正などを施し、また低音域へ重点的に調整を加えることで音質向上を実現。鮮やかな映像表現と迫力のサウンドが『ゼイリブ』の世界を観客の目前に召喚し、感覚を包み込むかのごとく作品の中へ誘います。

親衛隊になって豪華グッズを手に入れろ!

ゼイリブ(オフィシャルから使用許可もらってます)
ゼイリブ

今回のHDリマスター版のリバイバル上映に際し、資金の支援を募るクラウドファンディングが行われました。このクラウドファンディングは通常の予算集めとしてだけでなく、支援を実行した者すなわち「ゼイリブ親衛隊」へのリターンとして用意されたスペシャルグッズの提供という意味合いのもと行われています。 親衛隊限定のグッズとして今回用意されたのは、何度でもHDリマスター版を楽しみたいという方向けの本編収録の特製ブルーレイディスクをはじめ、クリアファイルやステンレスボトル、パーカーやワイヤレスヘッドフォンといったファン歓喜の貴重性も実用性も高いオリジナルグッズ。リバイバル上映もその後も楽しめる、非常に幅広いラインナップが揃いました。

2018年9月29日よりリバイバル上映開始!

ゼイリブ(オフィシャルから使用許可もらってます)
ゼイリブ

カルト的な人気を博し、唯一無二の存在感を映画ファンの間で発揮し続けている不朽の傑作『ゼイリブ』。そんな本作のHDリマスター版が、ついに2018年9月29日から東京の新宿シネマカリテにてリバイバル上映されます。 あらゆるテクノロジーの発展が進み、利便化の名の下に大量消費を繰り返している昨今。30年前の作品ながら、今の世界へのメッセージとして機能している要素が作中には多数存在しています。すでに本作のファンだという方も、そうでない方も、このスペシャルな機会にぜひ『ゼイリブ』を鑑賞し、今一度私たちの生きる社会の未来について思考してみてはいかがでしょうか。

クラウドファンディングはこちらから

なお、同作を盛り上げるクラウドファンディングがCAMPFIREで実施中。パーカーやポスター、1週間の上映が可能になるなど、様々な特典も用意されているので、ぜひサイトでチェックしてみて下さい!