2018年8月21日更新

シャーリーズ・セロン&セス・ローゲン主演のコメディ映画、2019年夏に公開へ

シャーリーズ・セロン
WENN.com

セス・ローゲンとシャーリーズ・セロンが主演し、うだつの上がらないジャーナリストと初の女性大統領の座を狙うバリキャリ女性の物語を描くコメディ映画が2019年の夏に公開決定!

シャーリーズ・セロン×セス・ローゲンのコメディ映画!2019年夏に公開

シャーリーズ・セロン
WENN.com

女優シャーリーズ・セロンと俳優のセス・ローゲンが主演するコメディ映画、『Flarsky (原題)』が2019年6月に封切られることが決まりました!制作側は直近の試写会において、95%という満足度の高い評価を得ていることに自信をつけ、2018年に『オーシャンズ8』が担った「夏の盛り上げ役」のコメディー枠に本作を据えるつもりのようだ、と米メディアVarietyなどが報じています。 『Flarsky (原題)』は、セス・ローゲン演じる運に見放されたジャーナリストの冴えない男が、一連の喜劇的な事件を介して、史上初女性大統領の座を狙うバリバリのキャリアウーマンの目に留まるというストーリー。このパワフルな女性を、シャーリーズ・セロンが演じます。 本作の監督はジョナサン・レヴィンが務め、セス・ローゲンとエヴァン・ゴールドバーグのコンビが製作総指揮を担当。このコンビはセス・ローゲンの出世作となった『無ケーカクの命中男 ノックトアップ』や、CGアニメーション映画で初めてR15指定を受けた『ソーセージ・パーティー』などで知られていますが、どれもこれも高評価を受けています。 さて、このチームにシャーリーズ・セロンが加わることで、一体どんな相乗効果が生まれるのでしょうか?日本での公開日はまだ不明ですが、期待して待ちたいものです。