2020年7月10日更新

『オーシャンズ8』豪華キャスト一覧&あらすじ解説 有名俳優の出演シーンがカットに?【ネタバレ注意】

『オーシャンズ8』
© WARNER BROS./zetaimage

人気アクションシリーズのリブート『オーシャンズ8』。この記事ではその豪華すぎるキャストやあらすじ解説、豪華キャストを一挙に紹介します。あの世界的セレブがカメオ出演していた?

目次

『オーシャンズ8』の豪華キャスト&あらすじ解説 大胆不敵な計画のまさかの結末とは?

2018年公開された映画『オーシャンズ8』は、「オーシャンズ」シリーズの主人公・ダニー・オーシャンの妹・デビーが主人公のリブート版です。主演はサンドラ・ブロック。そして彼女とともに犯罪計画を練る仲間たちを演じるのは、超豪華な女性キャストばかり! この記事では、そんな『オーシャンズ8』の豪華キャストやあらすじ解説、トリビアなど盛りだくさんの内容でお届けします。 ※本記事には作品に関するネタバレを含みます。未鑑賞の方はご注意ください。

映画を今すぐ観たい方はこちらをチェック

『オーシャンズ8』の気になるあらすじは?

「オーシャンズ」シリーズの主人公だったダニー・オーシャン。その妹・デビー・オーシャンが仮釈放されるところから、物語は幕をあけます。 すっかり反省したように見えたデビーですが、そこは「あのオーシャンの妹」。出所した彼女は、早速7人の犯罪のプロフェッショナルに声をかけてゆきます。 彼女たちが狙うのは、ニューヨークで行われる最大級のファッションショー・メットガラ。厳重なセキュリティを破るため、着々と作戦を練るオーシャンたち。果たして、華麗なるファッションの世界で決行される彼女たちの華麗なる犯罪計画とは、いったいどのようなものなのでしょうか?

吹き替え版の声優キャストについてはこちら

『オーシャンズ8』あらすじ解説【ネタバレ注意!】

大胆不敵な作戦内容

オーシャンズ8
©Warner Bros./Photofest/zetaimage

今回、デビーたちが実行した作戦は、実に大胆。事前に警備会社のシステムに入り込み、メットガラの会場の防犯カメラをハッキングすることで宝石の強奪現場を死角に変える、というものです。 さらに、ショー当日までにデザイナーのローズが宝石のデータを入手し、3Dプリンターで本物とすり替えるための複製品を完成させます。 当日は宝石デザイナーのアミ―タが会場の厨房スタッフに扮してターゲットのダフネの食事に薬を仕込み、ターゲットが薬のせいで吐き気を催しトイレに駆け込んだところでスリ師のコンスタンスが案内スタッフのふりをして鮮やかな手さばきで首元のネックレスを盗みました。そしてそれを他の配膳スタッフの持っていた食器に忍ばせ、厨房へ運び出しアミ―タが回収し分解していきます。 ダフネの首元の宝石がなくなったことに警備スタッフが気が付き、会場をいったん封鎖し捜索が始まったタイミングで、イベントプランナーに扮していたタミーがあらかじめ用意していた模造品を差出してその場を治めます。 かくして、誰にも気が付かれず本物とすり替え、今回の作戦は見事に成功したのでした。

ドリームチームのまさかの結末

オーシャンズ8
©Warner Bros./Photofest/zetaimage

ハラハラどきどきのワンシーンがありつつも、スムーズな計画の実行と想定外の事態にも慌てず力を合わせて実現させた臨機応変なファインプレーが功を奏し、最高峰の警備体制が敷かれたメットガラから宝石の強奪を成功させたオーシャンズ。 しかしターゲットのダフネはその神経質な性格と目利きの良さゆえに当初からオーシャンズが仕組んだ計画に勘づいており、事件発覚後には彼女たちが犯人であることをいち早く突き止めてしまいます。 ところが、それもデビ―にとっては想定内。警察に知らされる前に先手を打ってダフネに計画の全貌を伝え、逆に仲間に引き入れ資金を山分けすることを提案します。オーシャンズの計画と集まりに惹かれたダフネは交渉を快諾し、犯行のすべてをデビ―の元恋人で裏切者のクロードのしわざに見せかけるための大きな役割を担い、それも見事に遂行します。 ひとりあたりの取り分が減ってしまうのではないかと疑問を投げかけるダフネに、ルーは作戦の全貌を解説。当初の予定では盗むのはダフネのネックレスだけでしたが、実はそれ以外のすべての展示品も模造しており、前作にも登場した軽業師のイエンの協力のもと、すり替えて盗み出すことに成功していたのです。 宝石強奪からデビ―の復讐まですべての計画を遂行し、多額の財産を得たオーシャンズの面々。それぞれの目的の達成のために、歩き出していくのでした。

『ゼロ・グラビティ』が高評価のサンドラ・ブロックがオーシャンの妹・デビー・オーシャンに!

サンドラ・ブロック
JOHN ANGELILLO/UPI/Newscom/Zeta Image KeywordsNews Motion Picture, Universal Studios, New York City

デビー・オーシャンはメットガラでの華麗な盗みを企てた「オーシャンズ」のリーダー。服役していた5年8ヶ月の間に練っていた奇想天外なアイデアを、出所後に実行に移します。窮地に陥っても冷静に対処できるカリスマ的司令塔です。 デビーを演じたのは、2015年、ピープル誌が選ぶ「世界で最も美しい女性」で第一位に輝いたサンドラ・ブロック。 1994年の『スピード』でキアヌ・リーブスの相手役として脚光を浴び、『デンジャラス・ビューティー』、『トゥー・ウィークス・ノーティス』などでハリウッドを代表する女優の1人に。『しあわせの隠れ場所』でアカデミー賞主演女優賞を受賞したほか、『ゼロ・グラビティ』での演技も絶賛されました。

『ブルージャスミン』のケイト・ブランシェットが相棒のルーに!

ケイト・ブランシェット
WENN.COM

ルー・ミラーは人を惹きつける魅力を持つ「人たらし」で、チームのメンバーをスカウトしていくデビーの右腕。頭の回転が速くクールな女性で、独自の美学を持っています。デビーの服役中は偽酒の販売で稼いでいました。 デビーの親友であり、犯罪計画のパートナーを務める事になるルーを演じるのは、ケイト・ブランシェット。 オーストラリア出身のケイト・ブランシェットは、1998年の『エリザベス』エリザベス1世を演じ、ゴールデングローブ賞を受賞。「ロード・オブ・ザ・リング」シリーズでのガラドリエルで世界的な地名度を築き上げます。 その後、2004年の『アビエイター』と2013年の『ブルージャスミン』でアカデミー賞助演女優賞と主演女優賞の両方をそれぞれ獲得。2015年の『キャロル』で演じたタイトルロールでも強い印象を残すなど、演技派女優として広く知られています。

『レ・ミゼラブル』のアン・ハサウェイが今回のターゲット・ダフネ・クルーガーを演じる!

アン・ハサウェイ
WENN.com

ダフネ・クルーガーは世界的な人気と影響力を持つ大物ハリウッド女優。美貌とファッションセンスによってメットガラのホスト役を務めることになりますが、実は若手女優ペネロペの存在が気になっています。注目を集めるのが好きで、大げさな話し方が特徴。 ダフネ・クルーガーを演じるのは、人気絶頂のアン・ハサウェイ。2001年、19歳のときに『プリティ・プリンセス』で鮮烈なデビューを飾った彼女は、『プラダを着た悪魔』で有名ファッション誌「ヴォーグ」の編集長アシスタントを務めて成長してゆく女性を演じ、一躍大スターに。 『ラブ & ドラッグ』や『バレンタインデー』などのラブコメ作品から『アリス・イン・ワンダーランド』などのファンタジー映画にも出演。ミュージカル映画『レ・ミゼラブル』では髪をベリーショートにしてファンティーヌ役を熱演。アカデミー賞をはじめとした数々の賞を受賞しています。

個性的派女優のヘレナ・ボナム=カーターが神経質なファッションデザイナー・ローズに!

ヘレナ・ボナム=カーター
Daniel Deme/WENN.com

ローズ・ワイルはかつては一時代を築いたファッションデザイナー。神経質な性格で、メディアから酷評を受けて今や崖っぷちに立たされています。気弱なところもありますが、計画ではダフネがメットガラで着るドレスを担当しました。 ローズを演じるのは、ヘレナ・ボナム=カーター。イギリス出身の彼女は、1986年の映画デビュー作『眺めのいい部屋』での瑞々しい演技がいきなり絶賛。『鳩の翼』や『ファイト・クラブ』でキャリアを築いてゆきます。 その後、『スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師』や『アリス・イン・ワンダーランド』など、パートナーでもあった奇才・ティム・バートン監督の映画でその個性が炸裂。また、「ハリー・ポッター」シリーズでのエキセントリックな魔女・ベラトリックス・レストレンジ役でも有名です。

天才宝飾デザイナー・アミータ役にコメディ女優のミンディ・カリング!

アミータは手先の器用な天才ジュエリーデザイナー。絶賛婚活中で、「早く結婚しろ」と口うるさい母親が天敵です。デビーとは旧知の仲のようで、実家を出たいがために、デビーの誘いにすぐに乗ってしまいます。 インド系アメリカ人のコメディエンヌ・ミンディ・カリングが、アミタを演じます。彼女はテレビドラマ『ザ・オフィス』などで活躍したのち、『40歳の童貞男』で映画デビュー。また、『シュガー・ラッシュ』や『インサイド・ヘッド』などの声優も務めています。

実力派女優のサラ・ポールソンが演じるタミーは、ただの主婦!?

タミーは2児の母で郊外に暮らす普通の主婦ですが、実は盗品ディーラーのエキスパート。情報収集が得意で、適応力とコミュニケーション能力にも長けています。イベントプランナーとしてメットガラへの潜入もこなしました。 タミーを演じるのは、サラ・ポールソン。2013年に公開された映画『それでも夜は明ける』などで知られています。海外ドラマ『アメリカン・ホラー・ストーリー』の演技においてはエミー賞やゴールデングローブ賞にノミネートされるなど、高い評価を得ました。 また、2015年の『キャロル』では、今回ルーを演じるケイト・ブランシェットとも共演しています。

歌手のリアーナも天才ハッカーのナインボールとして参戦!

リアーナ
©︎Lia Toby/WENN.com

メットガラの厳重な警備システムを突破するためスカウトされたナインボールは、どんなものにでもハッキングできる天才ハッカー。秘密主義の一匹狼タイプで、ナインボールという名は大好きなビリアードから取られているようです。 世界的シンガーソングライターとして有名なリアーナも、ナイン・ボールという役で本作に出演します。 リアーナは17歳のときに歌手デビューを果たし、デビューアルバムである「ミュージック・オブ・ザ・サン」は全米で62.3万枚を売上瞬く間に人気歌手となりました。 歌手としてのイメージが強いリアーナですが、実は『バトルシップ』など、いくつかの映画に出演しています。2017年には『ヴァレリアン 千の惑星の救世主』でバブルというキャラクターで登場しています。

人気ラッパーのオークワフィナは天才スリ師のコンスタンスに!

Shot by the illest @casi.moss

Noraさん(@awkwafina)がシェアした投稿 -

ニューヨークの街角で観光客を相手に手品をしながらスリを働く天才スリ師コンスタンス。手品のチップを稼ぐかたわら、目にも留まらぬ早業でちゃっかりスリでも儲けています。相手にすられたことさえ気付かせません。 コンスタンスを演じるのは、中国系アメリカ人の父と韓国人の母を持つオークワフィナ。女性ラッパーとして活躍する傍ら、ノラ・ラムと言う名前で女優としても活動の幅を広げている話題の人物です。 女優としての認知度はまださほど高くないものの、最近では全米で大ヒットを記録したコメディ映画『ネイバーズ』の続編『ネイバーズ2』に出演しています。

クロード・ベッカー/リチャード・アーミティッジ

リチャード・アーミティッジ
©FayesVision/WENN.com/Zeta Image

画廊キュレーターのクロード・ベッカーを演じたのは、イギリス人俳優のリチャード・アーミティッジ。ベッカーはデビーの元カレで、彼女が刑務所に入る原因を作った因縁の相手です。メットガラではダフネのエスコート役を務めていました。 リチャード・アーミティッジはピーター・ジャクソン監督の「ホビット」シリーズのトーリン役で知られています。テレビドラマ『ハンニバル』では連続殺人鬼フランシス・ダラハイドを演じ、強烈な印象を残しました。 本作の撮影に参加していたダミアン・ルイスが当初は悪役を務めるとされていましたが、どうやらこの役柄はリチャード・アーミティッジが引き継いだようです。出所後すぐにデビーが会いに行った相手がベッカーでしたが、彼の動きにも要注意!

『オーシャンズ8』トリビアを紹介 豪華セレブがカメオ出演

『オーシャンズ8』がシリーズ最高のオープニング記録に

オーシャンズ8
©Warner Bros./Photofest/zetaimage

『オーシャンズ8』のオープニング興収が、シリーズ史上最高を記録しました。 米Variety誌などが伝えるところによれば、『オーシャンズ8』は公開3日間で4150万ドル(推定)の興行収入を記録。『オーシャンズ11』の3810万ドル、『オーシャンズ12』の3915万ドル、『オーシャンズ13』の3613万ドルを抜いて、シリーズ最高の米国におけるオープニング記録となります。 今回の快進撃については、女性や大人からの支持を集めたことが大きいといわれています。Variety誌によると、観客の7割近くが女性で、年齢でいうと25歳以上がやはり7割弱を占めたのだといいます。

マット・デイモンが登場する予定だった?

マット・デイモン
WENN.com

公開前、マット・デイモンが本作に「オーシャンズ」シリーズのライナス・コールドウェル役として登場するといわれていました。 しかし、のちに彼がカメオ出演したシーンが全てカットされていたことが明らかになりました。 これは、2017年頃から続くハリウッドにおけるセクハラを告発する「#MeToo」運動に対してのデイモンの発言を受けてのものだと言われています。デイモンは同運動について、「レイプとセクシャルハラスメントを一括りにすべきではない」といった趣旨の発言をし、世間の反発を招く自体に。 やがて彼を『オーシャンズ8』から降ろすための署名運動にまで発展したということです。

豪華なセレブリティの面々がカメオ出演

物語の舞台がセレブリティが集まる豪華ファッションショー・メットガラということもあり、様々なセレブリティが本人役でカメオ出演しています。 その筆頭が、「ヴォーグ」誌の編集長として知られるアナ・ウィンター。映画『プラダを着た悪魔』でメリル・ストリープが演じたキャラクターのモデルとも言われている人物です。

メットガラを再現するためメトロポリタン美術館で2週間もロケ!

舞台となったメットガラは、毎年ニューヨークのメトロポリタン美術館で開催されています。オープニングイベントは「ファッション界のアカデミー賞」ともいわれ、世界から各界の著名人も招かれる豪華絢爛なもの。 このイベントを再現するために、なんとメトロポリタン美術館で2週間もの撮影を行ったといいます。メトロポリタン美術館からこの映画史上最長の撮影期間の許可が降りたため、作品は無事に完成しました。

豪華すぎるキャストは正真正銘の実力派ぞろい!合わせた受賞歴がすごい

『オーシャンズ8』
© WARNER BROS./zetaimage

8人のメインキャストたちは全員合わせて、アカデミー賞を4つ、エミー賞を3つ、グラミー賞を9つ、ゴールデングローブ賞を7つ、加えて英国アカデミー賞を5つと全米映画俳優組合賞を10つも受賞していることになります。正に実力派ぞろいの豪華な女優陣! サンドラ・ブロックは2010年の『しあわせの隠れ場所』で4つの映画賞で主演女優賞を受賞。ケイト・ブランシェットは2014年の『ブルージャスミン』で主演女優賞を総なめしています。グラミー賞はもちろんリアーナのもの。

女優陣をまとめる監督はゲイリー・ロス

シリーズを通して監督してきたスティーヴン・ソダーバーグは今回プロデューサーにまわり、代わってゲイリー・ロスが監督を務めました。 もともとは脚本家として『ビッグ』や『デーヴ』など80年代のコメディ映画を手掛けてきたロスは、1998年にソダーバーグのプロデュースの下、『カラー・オブ・ハート』で監督デビュー。2003年に大ヒットした『シービスケット』や『ハンガー・ゲーム』の監督としても有名です。 日本では2017年に『ニュートン・ナイト 自由の旗をかかげた男』が公開されました。

『オーシャンズ8』で実力派女優たちの豪華絢爛な共演を目撃せよ

ファッション界のアカデミー賞ともいわれるメットガラのイベントを舞台に、美を競い合う豪華絢爛な女優たち。しかも文句なしの実力派ばかり! そんなバリューある共演を見せつけてくれるのが『オーシャンズ8』です。彼女たちが繰り広げる華麗で大胆な計画をぜひ堪能してください。