2018年8月2日更新

シャーリーズ・セロン主演映画にニコール・キッドマン参加!セクハラをめぐる実話を描く

Adriana M. Barraza/WENN.com

かねてよりシャーリーズ・セロン主演で制作決定が報じられていた、FOXニュース社で起きたセクハラ問題から生じた裁判事件を描く実話映画に、ニコール・キッドマンも参加することがわかりました!

シャーリーズ・セロンとニコール・キッドマン共演!

FOXニュース社で起きた、セクハラをめぐる女性の闘いを描く実話映画

ニコール・キッドマン
Adriana M. Barraza/WENN.com

かねてより、シャーリーズ・セロン主演で制作決定が報じられていた、2016年にFOXニュース社で起きたセクハラ問題から生じた裁判事件を描く実話映画。この作品に、ニコール・キッドマンも参加することが米ニュースメディアVarietyによって報じられました! 同作は、最高経営責任者だったロジャー・エイルズが、キャスターだったグレッチェン・カールソンに性的な関係を迫り、拒否をした彼女を不当に解雇。その処遇は不当である、と裁判を起こし、権利回復のため闘った姿を描きます。 シャーリーズ・セロンは2016年当時、FOXニュースから放送されていた番組でMCを務めていたメーガン・ケリーを演じることになりますが、同じく重要な存在であるFOXニュースのキャスター、グレッチェン・カールソンを誰が演じるのかが、これまで不明の状態でした。今回の報道によれば、ニコール・キッドマンはこのグレッチェン・カールソンを演じることになるようです。 また、『アイ、トーニャ 史上最大のスキャンダル』に主演したマーゴット・ロビーもこの作品に注目しており、出演が検討されているようです。しかし彼女の場合はスケジュールの都合などがあり、調整が必要な段階とのこと。

実力派の監督、脚本家にも注目!

今回の映画の正式なタイトルなどはまだ未定ですが、『トランボ ハリウッドに最も嫌われた男』で知られるジェイ・ローチが監督を務め、『マネー・ショート 華麗なる大逆転』のチャールズ・ランドルフが脚本を執筆することがわかっています。 共に実話を基にした映画で注目を集め、そして実力を示した人物。これだけの人材を揃えたところを見ると、より一層制作陣の"本気度"が伺えます。 2018年8月現在、これ以上の情報はわかっていませんが、続報に期待して待ちたいところですね!