2018年8月30日更新

ジュード・ロウが語る『シャーロック・ホームズ3』のキーポイント

© Warner Bros.

2020年全米公開予定の『シャーロック・ホームズ3』のキーポイントについて、ワトソンを演じるジュード・ロウが語りました。

『シャーロック・ホームズ3』鍵となるのはホームズとワトソンの「共依存」

ジュード・ロウ
WENN.com

11月公開のハリーポッターシリーズのスピンオフ映画第2弾『ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生』で若き日の二枚目ダンブルドアを演じるジュード・ロウが、『シャーロック・ホームズ3』のストーリーのキーポイントについて語りました。 Entertainment Weeklyの取材によれば、ジュード・ロウは以下のようにインタビューに答えています。 「定番だが、物語の本質はホームズとワトソンの共依存関係なんだ。ぼくらが最後にホームズとワトソンを演じてからもう何年も経ったからね、物語の中の彼らも”実際に何年も顔を合わせていないということ”を重視して演技に臨まなきゃならないよ」 どうやら『シャーロック・ホームズ シャドウゲーム』におけるラストの演出が、ついに回収されることになるようですが……果たして、最強の宿敵モリアーティ教授との対決のその後は、どんな事件に巻き込まれていくのでしょう?期待が高まりますね。 ロバート・ダウニー・Jr主演の『シャーロック・ホームズ3』は、前二作を監督したガイ・リッチーが監督するかどうかはまだ未定の様子。 ガイ・リッチーを継ぐ監督が誰になるか、そこに今後注目が集まりそうです。