2018年9月28日更新

チャドウィック・ボーズマン主演最新映画の新キャストが続々発表!

Tony Forte/WENN

チャドウィック・ボーズマンが主演を務めるアクションスリラー映画『17 ブリッジズ (原題)』の追加キャストが発表されました!『セッション』で知られるJ・K・シモンズらが参加するようです。

チャドウィック・ボーズマン主演最新作の新キャスト発表!

J・K・シモンズ
©Sheri Determan/WENN.com

チャドウィック・ボーズマンが主演を務めるアクションスリラー映画『17 ブリッジズ (原題)』の追加キャストが発表され、Varietyなどによって報じられています。 新たに参加するキャストとして判明したのは、『セッション』の鬼教官を演じ、強烈な印象を残したJ・K・シモンズ、『アメリカン・スナイパー』で主人公の妻を演じた女優シエナ・ミラー、『ウルヴァリン:X-MEN ZERO』や『ローン・サバイバー』への出演で知られるテイラー・キッチュらの3名。 『17 ブリッジズ (原題)』は失態を犯したニューヨーク警察の刑事が、警官殺しの殺人犯を追うことで名誉挽回を図るというのが主な筋書きで、徐々に強行な捜査が行われ始め、ニューヨークへ繋がる17の橋を封鎖し、孤立させる物語が展開されているようです。 本作は主演のチャドウィック・ボーズマンと同じくMCU作品で一躍知名度を上げた映画監督兄弟のアンソニー・ルッソとジョー・ルッソのプロデュースのもと、『ゲーム・オブ・スローンズ』で有名なブライアン・カークが監督し、2019年7月の全米公開を予定して制作が進められます。 今回明らかになったキャストたちの役柄はまだわかっていないため、それぞれが物語のなかでどのように活躍することになるのかも不明です。このなかに警官殺しの殺人犯がいるのか、はたまた主人公に協力するようなキャラクターになるのか。続報が楽しみな作品となりそうです。