2018年11月24日更新

【ネタバレあり】名作!2003年版のドラマ『白い巨塔』の各話のあらすじを振り返ろう

これまで何度も映像化されてきた『白い巨塔』。2019年には岡田准一主演で5夜連続放送されることが決まっています。今回は、過去の映像化の中でも大成功を収めた、2003年の唐沢寿明主演版のあらすじをおさらいしておきましょう。ネタバレ注意!

2003年版『白い巨塔』の各話あらすじを、ネタバレしつつおさらい

高視聴率だったリメイクドラマ版もいまや15年前……。

2019年、岡田准一主演で放送される、医療系社会ドラマ『白い巨塔』。テレビ朝日開局60周年記念として、5夜連続で放送されます。 1966年以来、くりかえし映像化されている『白い巨塔』は、高視聴率をキープし続けてきました。原作者は『華麗なる一族』や『沈まぬ太陽』も手がけた、山崎豊子です。 一方、2003年〜2004年のフジテレビ開局45周年記念ドラマでは、主人公の財前五郎役を唐沢寿明が演じました。トップの医師による「総回診」の出だしは、記憶にある方もいるのではないでしょうか。 この記事では第1話から第21話(最終回)までのドラマのストーリーを、ネタバレありで紹介していきます!

キャストも豪華で見逃せない!

第1話:医者は神様か人間か

視聴率: 22.8%

舞台は、関西一の大学病院である浪速大学病院。そこに勤める財前五郎(唐沢寿明)は、天才的な医者で、次の教授になるのは自分だと信じています。しかし、自信家ゆえに、患者の心に寄り添った治療をおこなわなかったり、教授である東(石坂浩二)から妬まれたりしていました。 東教授は財前の天才的な技術を認めつつも、彼の野心を快く思っていないため、次期教授にしたくありません。 財前とは同期でありライバルの里見(江口洋介)は、正反対のアプローチにより患者からの信頼が厚い人物。ある女性患者の見過ごされていたすい臓がんを発見します。 財前は早期すい臓がんという珍しい手術に挑戦したがりますが、それが医学部長である鵜飼(伊武雅刀)の見落としだとわかると、手術を放棄します。どうしても教授になりたい財前は、鵜飼や対立している東の機嫌を損ねる対応をとりたくないのです。 「医者は神様ではなく人間だ」という、里見に言われたセリフを財前はそのまま返し、権力闘争にまみれた第1話は幕を閉じます。

第2話:権力を握るには、抜け穴を探せ

視聴率: 21.6%

財前は、患者である小西みどり(河合美智子)のすい臓がん手術を一度は断りました。 しかし、鵜飼医学部長にも東教授にもバレないように、高度なすい臓がん手術をこっそり引き受けることにしました。財前は医者としての意欲と功名心を優先させたのです。手術自体は、大成功でした。 しかし、のちに鵜飼医学部長の見落としを指摘するような手術を秘密裏でおこなったことが、本人にバレてしまいます。 鵜飼に高価な絵をプレゼントする財前。ところが、ワイロを受け取ったことになっては困る、と鵜飼に微妙な反応を返されます。

第3話:財前の土下座よりも大切なのは真実だ

視聴率: 19.3%

鵜飼医学部長にプレゼントした絵をうやむやにされ、うろたえる財前。見かねた舅の又一(西田敏行)は、地区医師会長の岩田(曾我廼家文童)を紹介。岩田は鵜飼にとっては恩人にあたる人物で、財前を応援するよう約束します。 一方、相変わらず財前を疎ましく思っている東教授。里見を呼び出し、先日財前がおこなったすい臓がん手術の件を問いただします。さらには財前に、審問教授会に出席するよう命令。 危機迫った財前は、里見を呼び出して土下座しますが、里見は真実を報告すべきだと告げます。 教授選が迫り、里見は妻・三知代(水野真紀)との、財前は愛人・ケイ子(黒木瞳)との空気もピリピリしてくるのでした。

第4話:医療技術だけではのし上がれない

視聴率: 21.5%

いつも営業に来ている加奈子(木村多江)を里見が診察しますが、もう助からない末期ガンであると判明。 財前は、救えない患者の手術はしないスタンス。延命治療を施したい里見と、再び意見が対立します。 財前は財界の大物である五十嵐(大林丈史)の手術を引き受けることになります。財前にいいところを持っていかれたため、東は渋い顔です。 五十嵐は危うく命を落とすところでしたが、なんとか無事に済みました。お礼として一億円を財前に贈ります。 同じころ、東は次期教授候補として目をつけている菊川(沢村一樹)を呼び出していました。財前は、自分の競争相手になるにちがいない菊川と鉢合わせてしまいます。

第5話:医者なんていない

視聴率: 19.2%

財前は五十嵐から受け取った大金を「医学部記念式典の基金として使おう」と鵜飼医学部長に提案し、東以外の人気を得ることに成功します。 教授たちが盛り上がる裏で、教授婦人会「くれない会」が開催中。風当たりが厳しくなるなか、東の妻・政子は倒れてしまいます。他の婦人たちは心配しているフリをします。東の娘・佐枝子(矢田亜希子)は見え透いたウソに窮屈さを感じ、財前らに政子が治療されることを拒否。彼らのなかに「医師はいない」からです。 教授会の日が迫り、又一は選考委員となる教授たちにワイロを渡します。財前を勝たせるためなら何でもやる気です。 教授決めは財前で決まりかと思われていたそのとき、厳格な大河内教授(品川徹)が選考委員に名乗り出ました。権力闘争や茶番に業を煮やしていたのです。

第6話:やさしさだけでは救えない

視聴率: 20.2%

醜い権力闘争を嫌う大河内教授が、選考委員長に選ばれます。財前にとっては、大河内と次期教授選で闘うことになる菊川を敵視せざるを得ません。 患者思いの里見は、末期ガンである加奈子に最後まで看取ると約束していました。とはいえ、病室にはいつまでも空きがあるわけではありません。 加奈子自身もそうした病院の現状を認識し、手術をすることなく退院していきます。それは、財前が「大河内教授の機嫌をとってもらう代わりに、加奈子の手術を引き受けよう」と里見に告げた直後のことでした。 里見はどこまでも患者を大事にしたいと思っていますが、うまくいかないことに苦しみます。一方の財前は、悩むことが患者のためになるかわからないからこそ、確実なものを求めているのでした。

第7話:教授になるためなら、頭を下げまくれ

視聴率: 20.7%

教授選考委員会では、大河内が驚くべき発案をします。なんと全国公募となり、財前は動揺を隠せません。 東宅で菊川への最後の激励をしているところへ、財前がやって来ます。助手として、東のオペに参加を申し出るためです。一体あの財前が、なぜでしょうか。 手術が終わったあと、東は真意を探るために財前を誘い、教授にしてくれと素直に頼まずにまどろっこしい手段をとる財前を、問いただします。 つづいて財前は里見のもとへ、大河内教授との間を取り持つように懇願しますが、里見は行くなら自分で行くようにと言い放ちます。 財前は教授になるためなら手段を選びませんが、あくまで慎重でいたい姿勢も見せます。

第8話:腹の探り合いが続く

視聴率: 21.8%

教授になりたくない。ーーー財前五郎は、大河内教授の心を動かそうと芝居をします。黙りっぱなしの大河内教授に、たじろぐ財前。 そこへ里見が入ってきます。大河内教授は里見に、浪速大学病院の代表として市民講座の講師をするよう頼み、「気が進まないなら辞退してもいい」とも加えます。財前はそれを、大河内が自分へ向けた言葉だと悟ってその場を去るのでした。 財前は予想よりも票が入らなさそうな現状を知って驚いたり、愛人のよそよそしさに気が立ったり、里見の誠意あふれる市民公開講座を見て困惑したりしながら、教授選の結果が出る日までをやり過ごします。 待ちに待った教授選。東教授はなんと投票を棄権します。表向きの理由は愛弟子の財前にも、もう一人の元助教授にも、推薦した菊川にも絞ることができないからとのことですが、人々は動揺します。

第9話:候補者へまさかの直談判

視聴率: 20.8%

教授選挙への投票を突然棄権した東。教授会は騒然となります。食道がん患者・佐々木庸平の診察中に財前はその事実を知り、佐々木を放り出して飛び出してしまいます。患者を人扱いしない財前の対応を受けて、佐々木の妻の不安は募るばかり。 ついに、投票結果が出ました。東と菊川の決選投票へと持ち越されます。東側も財前側も、破れた3人目の候補者を支持していた野坂の指示を得ようと、必死でアプローチ。 財前のもとで働いている佃と安西は、菊川に候補から降りるよう直接言い渡すため、金沢へ向かいます。当然のことながら、無礼な仕打ちを受けた菊川は怒り、船尾(中原丈雄)に伝えます。船尾からその事態を知らされ、絶句する東。 翌朝、東卓に船尾がやってきます。菊川は辞退させないぞ、と興奮状態。船尾が去った後、無能扱いされた東は、なにかの糸が切れたように玄関横の鉢植えを荒らします。 続く東と財前の会話でも、「東が投票を棄権したのは、財前を貶めるためだったのではないか」という憶測が持ち出され、両者の憎しみは収まることを知りません。

第10話:教授おめでとう!で落ち着くはずはなかった

視聴率: 22.6%

財前の部下たちが菊川に辞退を強要しに行ったという蛮行を聞き、鵜飼医学部長も激怒。財前側は鵜飼を追い詰めたり、逆に財前自らがすがりついて土下座したり、最終投票を前にもうひと暴れします。 そうしたさまざまな裏でのやり取りを経て、結果発表。財前は、念願の「教授」となったのでした。散々おめでとうと祝われた財前は、ひとり寂しく帰路へ着きます。 新教授が決まったということは、東が現職を退くということ。そんな大事な東教授の退官日に、あえて財前は佐々木庸平(田山涼成)の手術をすることにしました。里見や柳原(伊藤英明)は、転移の可能性を危惧して検査をおこなうことを勧めていましたが、財前は誰のいうことも聞きません。 年明け、財前“教授”の総回診。たくさんの医師を引き連れて堂々と歩いてくる財前を、里見は立ち尽くして見つめます。

第11話:アウシュビッツでは医者が人を殺した

視聴率: 25.5%

年明け、教授席に座っているのは財前五郎。佐々木の手術を終えると、すぐさまポーランドの国際外科医学会へ旅立ちました。ところが、里見や柳原や佐々木の妻が心配していたとおり、佐々木の症状は悪化していきます。財前は誤った判断をしていたのです。 ポーランド滞在の最後に、財前は案内人に連れられてアウシュビッツ強制収容所へ。そこは、多くの人々が殺された場所です。命を救うはずの医師によって、「人体実験」のために命を失った人も大勢いました。 帰国後、財前は佐々木の息子によって佐々木庸平の死を知らされます。お前が殺したんだ、と。 ちなみに、アウシュビッツ強制収容所でフィクション作品のロケが行われたのは、本作が世界初のことでした。

第12話:遺族が捨て身で、裁判を起こす

視聴率: 24.5%

佐々木庸平は財前に殺されたのだ、と不信感を募らせている佐々木の遺族は、財前を訴えることを誓います。 東の娘・佐枝子(矢田亜希子)は父の退官後、自立しようともがいていましたが、なかなか就職先が見つかりませんでした。ようやく見つけた医療裁判専門の関口弁護士のもとでアルバイトを始めます。 そこへ現れたのは、相談元を探してくたびれていた佐々木の妻・よし江。関口が断ろうとしたとき、よし江は倒れてしまいます。 二週間後、財前が総回診をしているところへ、裁判所からの連絡が……。

第13話:カルテ改ざんを見ないふりできるか

視聴率: 24.0%

佐々木よし江(かたせ梨乃)の訴えを聞いた関口弁護士(上川隆也)は、浪速大学病院へ乗り込みますが、財前の影響下で思うように証拠が集まりません。 浪速大学病院の会議の場で、病院側の弁護士がカルテを改ざんするのを目の当たりにした里見は、会議の席を立ちます。 関口弁護士は勝ち目がないとわかっていながら、佐々木よし江から200万円を受け取っていました。事情を知っている佐枝子は、「医者も弁護士も最低で、佐々木を裏切っている」と関口へたたみかけます。 関口は真剣に佐々木に向き合おうと、気持ちを改めました。病院内の不正に辟易していた里見は、裁判で治療の経緯を証言する約束をします。果たして、財前はどう裁かれるのでしょうか。

第14話:波乱万丈の裁判、幕開け

視聴率: 24.7%

ついに裁判がスタート。財前が医療誤診をしたのかどうかが問われます。 証言台に立つ里見は、大学病院にとって不利な証言をすることになるので、病院を追われるかもしれません。里見の妻・三知代(水野真紀)は夫を応援しながらも、だからこそ、生活が壊れることを危惧しています。 第1回証人尋問。教授選の際にも厳正な判断をした大河内は、転移の可能性を考慮しなかった財前の甘さをきっぱり指摘。裁判は佐々木側に有利に運びました。 財前の母・きぬは、息子を心配して裁判会場まではるばるやって来ますが、財前を遠巻きに見るばかりです。 初日が終わった晩、財前たちは作戦会議をします。2回目の証人尋問で召喚されたのは、佐々木よし江と柳原。よし江は財前を訴えた張本人ですが、素人ゆえに緊張しています。一方、柳原に対しては、財前がうまく言いくるめることになりました。

第15話:医学の進歩のために、行き場をなくす里見

視聴率: 25.7%

大学病院側ではなく、患者側で法廷に立つ里見。彼はすべてをかけていました。 攻撃の矢は、財前本人からも。里見のもとへ急患の女子高生が運び込まれてきたので、外科の財前に頼みに行くと、財前は「裁判のことで頭がいっぱいで、オペをできる状態ではない」と断ります。目の前の患者を救いたければ出廷するのをやめろ、という意味でした。 さらに里見の妻・三知代も追い込まれます。出廷当日の朝、堪えかねた三知代は里見に告げるのでした。立派な夫なんかいらない、別れようーーー。

第16話:変わらない場所がある

視聴率: 25.8%

原告側の証人に立ち、里見は真実を証言します。ガン転移のおそれを事前に財前に伝え、精密検査を勧めた、と。財前への嫉妬心ゆえだろう、となじる国平弁護士。里見は落ち着いて対処します。いつも通り、地位や名誉のためではなく、患者のために。 財前と愛人・ケイ子の通話。ケイ子が「医大をやめたのは、人の命を扱うことが怖かったからだと今日わかった」と言うと、財前は「俺は負けない」と繰り返すのでした。 里見が帰宅すると、家は空っぽ。妻と息子は、本当に出て行きました。 鑑定医報告は、財前に有利な展開となりました。その後里見を訪れたのは、原告側の関口弁護士。患者に寄り添った鑑定をできる者がいれば逆転できるかもと考え、里見はいつでも証言台で真実を語ることを誓います。 一度離れて行った里見の妻・三知代と息子は、里見のもとへ戻ってきました。抱き合う三人。裁判は財前を野放しにする結果となりましたが、まだ、終わりません。

第17話:一年後......裁判の突破口はどこだ

視聴率: 24.8%

原告側の佐々木よし江と息子・庸一の執念で、裁判は控訴されることに。関口弁護士は新しい証拠や証人を探し回るも、浪速大学を敵に回してまで味方になる人は現れません。 向かうところ敵なしの財前は、ケイ子とともにがんセンター予定地を見学。やがて世界トップのがん治療の場で、最上階に座ることになるだろう自分の未来を夢見るのでした。 一方、里見は大学病院を辞職。大河内が患者本位の地方病院を勧めてくれます。 ……それから一年後。里見は新たに千成病院へ移り、家族としあわせな時間を過ごしていました。 関口弁護士は今まで見落としていた東に、連絡をとることに。東は財前を育てた張本人であり、佐枝子の父。患者側で動く関口にそう簡単には説得されません。 ある日、いつものように総回診をおこなう財前は、食道がん患者の安田に目を止めます。亡くなった佐々木庸平がフラッシュバック。財前本人が安田の手術を引き受けますが、佐々木の面影が重なった瞬間、財前は切ってはいけない静脈を切断してしまうのでした……。

第18話:財前がなにかおかしい!気づく人々

視聴率: 26.0%

大量出血となった安田の手術をどうにか終え、平然をよそおう財前。とはいえ医局員たちもケイ子も、財前に何かあったのだと気付きます。 一方、東は里見と会って、自身の退官日にあった事を初めて知ります。財前が東の最後の勤務日に会わなくて済むように佐々木の手術を急ぎ、そのため一人の患者の命が失われたのだ、と。財前の過ちを知った東は、関口弁護士に協力するようになります。 嘘の証言をして以来、気が沈んでいる柳原。自暴自棄になり、財前に婚約者候補として勧められた女性・華子(三浦理恵子)と自宅へ入ります。 看護師の君子(西田尚美)は、そんな酔っ払った柳原を目撃。柳原も君子も、財前の不正と患者の死に関わっていました。君子は過去を忘れたいあまり、原告側として証言することを拒みます。

第19話:財前先生の言ったことは嘘です

視聴率: 26.8%

東は医師生命をかけて法廷に立ちました。財前側の国平弁護士は、財前との確執にちがいない、と陰湿に攻めます。確執を認めつつ、東は「明日の医療に繋げるため」と言い切ります。 続く船尾の尋問では、船尾のあまりの自信に関口は返す言葉がありません。またしても、原告側の圧倒的な敗北感。 関口の事務所では、佐々木よし江と庸一が「医師たちは何を言っているのわからない」と苦悩を吐露。患者側の一言に、関口は新たな戦略を見出します。 財前は医局員たちに、新しく設立されるがんセンターに優秀なスタッフを集める、と忠誠を求めるよう脅迫。 財前は里見にも、がんセンターの内科部長になるよう申し出ます。当然のごとく断る里見。それでも自信たっぷりの財前。そのとき財前は電話ごしに咳き込み、里見は心配します。 法廷ではやり方を変え、対質尋問が始まりました。関口に問い詰められた財前が柳原に責任転換し始めると、柳原はようやく真実を叫びます。「嘘だ!」

第20話:里見の証言と、倒れる財前

視聴率: 27.6%

財前先生の言ったことは嘘だ、と叫ぶ柳原にわきたつ法廷。柳原の言動を目の前にして、証言することを渋っていた君子は、遅ればせながら引き受けることにします。 看護師・君子がカンファレンス記録を取っていたことを思い出した財前側は、医局に忍び込んで証拠となる記録を処分します。 そして迎えた公判。君子はカンファレンス記録を処分されてしまいましたが、「術前説明」を証拠として提出。急にピンチとなった財前。 つづいては里見の尋問。どんな治療を受けても助からなかったとしても、患者自身が生き方を選ぶべきだ、と里見は断言します。 裁判で負けた直後、財前が倒れます。がん治療をしてきた張本人が、肺がんになっていたのです。財前はためらいながらも、医師として信頼できる唯一の人物として、東にがん切除を頼みます。

第21話(最終回):財前の死

視聴率: 32.1%

東が財前の手術を始めると、息を呑むような事態が判明します。財前のがんは、胸膜全体にまで広がっていたのです。 手術に立ち会った医師たちは事実を隠し通そうとしますが、財前も周囲の人々も、医療におけるプロです。もはや大丈夫でないことは明らかです。 命が長くないとわかった財前は、里見に診察を頼みます。財前は自分の症状を冷静に把握するのでした。 病室で眠る財前。里見は手を握り、財前の最期を見届けます。財前の母・きぬは、永眠する息子を見て、ご苦労様でした、と伝えます。 屋上で財前からの手紙を見つめる里見。それは弱りかけた字で、財前の強い志が記されたものでした。 財前五郎は、医師人生を浪速大学病院で生き、力尽きるまで闘いました。

2019年も新たな財前五郎と『白い巨塔』の現場へ!

病院

長年愛されてきた『白い巨塔』。2003年には全21話で半年間にわたり放送されましたが、今度は2019年に、五夜連続で蘇ります。お見逃しなく!

2019年版の記事はこちら