2022年8月22日更新

【2022年版】国内医療ドラマおすすめランキング!人気&面白い20作をピックアップ

アンナチュラル
©TBS SPARKLE/TBS

あなたの気になる医療ドラマはどんなジャンルのものですか?医療ドラマと一口に言っても、救命救急や離島医療などの医療現場の最前線や、大学病院や大病院を舞台に繰り広げられる権力争い、あるいは産婦人科や小児外科など身近な場所まで、実に様々です。 この記事では、日本のおすすめ医療ドラマ20作品をランキング形式で紹介します。まだ観たことのないドラマや、気になっていたシリーズなど、この機会にぜひトライしてみてください!

おすすめの国内医療ドラマを選んだ基準は?

おすすめの国内医療ドラマの順位はどう決めた?

①リアリティ、②医療シーン以外の充実度、③どれだけ感動できるかの3つの基準を元に、国内ドラマに詳しい編集部が協議を重ね、おすすめの医療ドラマを厳選しました。

国内医療ドラマのおすすめは?

上記の基準で選んだ結果『JIN-仁-』『ドクターX〜外科医・大門未知子〜』がおすすめです。

1位『JIN-仁-』(2009年,2010年)

JIN -仁-

幕末を舞台にした大沢たかお主演ドラマ!現代医療を幕末に持ち込んだ結末とは

ジャンル医療 , SF , 歴史
キャスト大沢たかお , 綾瀬はるか , 柴咲コウ
脚本家森下佳子

村上もとかの同名漫画を原作としたSF医療ドラマシリーズで、第1期が2009年に、第2期完結編が2011年にTBS系列で放送されました。どちらのシリーズも高視聴率を記録した本作では、主人公の脳外科医・南方仁を大沢たかおが演じています。

脳外科医・南方仁(みなかたじん)は恋人・未来の手術に失敗してから難しい手術を拒んでいました。ある日、急患から胎児の形をした腫瘍を摘出しますが、その患者が病院から逃げ出してしまいます。追いかけた仁は階段から転落し、幕末にタイムスリップしてしまうのでした。

彼はタイムスリップした幕末で、恋人・未来に似た花魁・野菊(中谷美紀)や橘咲(綾瀬はるか)を始め様々な人物に出会います。歴史を変えていると自覚しながらも病に苦しむ人々を救いたい一心で現代医療の知識を使い、幕末の世界で近代医療の礎を築いていくのでした。

ここがおすすめ!

現代医学を幕末で使用した場合の考証が丹念に行われています。医療とSF要素の融合という奇想天外なアイデアを丁寧に、生き生きと表現しているところに注目です。医療ドラマにありがちな“ありえなさ”もSFであることで和らいでいます。

吹き出し アイコン

人が人を動かす情熱を感じたドラマ。女性の描き方が良く、肝が据わった咲も花魁としてのプライドある野風もかっこいい!江戸末期の歴史背景を知っているとより楽しめます。

(30代男性)

2位『ドクターX〜外科医・大門未知子〜』(2012年〜2021年)

米倉涼子が“失敗しない”派遣外科医・大門未知子を演じる人気シリーズ

ジャンル医療 , ヒューマンドラマ
キャスト米倉涼子 , 内田有紀 , 岸部一徳
脚本家中園ミホ

テレビ朝日系列で放映され、シーズン7までが放送されている人気ドラマシリーズです。しかしシリーズ平均視聴率はほぼ20%を超え、その期待値は相変わらず高いようです。主人公のやり手外科医・大門未知子を、米倉涼子が演じています。

特定の機関に属さず、フリーランスの外科医として神原名医紹介所に籍を置く大門未知子。「私、失敗しないので」と言い切る絶対な自信を持ち合わせた彼女は、腕一本で様々な病院や医局で活躍します。

シーズン1は帝都医大第三病院、シーズン2は帝都医大の本院が舞台。そしてシーズン3では国立高度医療センターに派遣され、東西の大学病院の覇権争いに巻き込まれます。シーズン4で帝都医大の親会社「東帝大学病院」で雇われることになった大門。しかしシーズン5では自らが病に侵されてしまいます。

さらにシーズン6ではビジネスを優先する東帝大学病院にやってきました。シーズン7では、パンデミックにより医療崩壊が起こった世界を舞台に大門が奮闘しています。

ここがおすすめ!

実際の現場で医師たちは「失敗しない」などとは恐ろしくて言えないため、“ありえない”医療ドラマの代表格と言われている本作。大門の一匹狼キャラを生かし、エンターテインメント路線をきっぱり貫いている点が清々しくおすすめです!

吹き出し アイコン

大門先生と城之内先生のコンビが最高!医療的な内容はともかく脚本や俳優陣が完璧で、コメディ要素が多くテンポよく観られて面白い。米倉涼子は当て書きなのかと思うほど役にハマってます。

(40代女性)

3位『コードブルー -ドクターヘリ緊急救命-』(2008年〜2018年)

『劇場版コード・ブルー -ドクターヘリ緊急救命-』
(C)2018「劇場版コード・ブルー -ドクターヘリ緊急救命-」製作委員会

フライトドクター候補生の成長を描く!山下智久主演の大ヒット医療ドラマシリーズ

ジャンル医療 , 群像劇
キャスト山下智久 , 新垣結衣 , 戸田恵梨香 , 比嘉愛未 , 浅利陽介
脚本家林宏司(- 2nd) , 安達奈緒子(3rd - )

2008年からフジテレビ系列で始まった医療ドラマシリーズで、2010年にシーズン2、2017年にシーズン3が制作されました。シーズン1終了後の2009年には新春スペシャルドラマ、2018年には劇場版が公開され、公開前に5夜連続でスピンオフドラマも放送されました。

翔陽大学付属北部病院の救命救急センターでフライトドクターの研修を受けることになった4人の医師、そして1人の看護師が、救命救急と災害医療の現場で奮闘する姿を描いています。

シーズン1〜2で、フライトドクター候補の藍沢・白石・緋山・藤川とフライトナースの冴島の5人の出会いと葛藤が描かれました。シーズン3では後輩の研修生に指導する立場になっていて、新たな候補生たちの成長にも注目です。

ここがおすすめ!

本作は翔陽大学付属北部病院の救命救急センターを舞台に、フライトドクターたちがドクターヘリを用いて人々を救う点が特徴的。候補生たちの成長の様子など、今観ても色褪せない感動・面白さがあるのがポイントです。

吹き出し アイコン

この5人の共演、今見たらすごい!それぞれの医者としての成長が楽しめるドラマ。命を救う大変さや病院の現状などがわかりやすく表現されています。黒田先生のエピソードが一番辛くて印象的。

(30代女性)

4位『TOKYO MER〜走る緊急救命室〜』(2021年)

災害や事故にいち早く駆け付けるERカー!救命救急チーム「TOKYO MER」の活躍

ジャンル医療 , ヒューマンドラマ
キャスト鈴木亮平 , 賀来賢人 , 石田ゆり子
脚本家黒岩勉

2021年7月期のTBS日曜劇場『TOKYO MER〜走る緊急救命室〜』は、救命救急チーム「TOKYO MER」の活躍を描いた医療ドラマ。チームのチーフドクター・喜多見幸太を鈴木亮平、チームに参加する厚生労働省の医系技官・音羽尚を賀来賢人が演じました。

事件事故・災害の現場にいち早く駆け付ける救命救急チームとして「TOKYO MER」が発足。発足式典の最中、早速バス事故へ出動しますが、チーフの喜多見が医師の常識を超えた救命行為を行います。それに対し厚生労働省でも問題視され、早くも解散の危機に陥ってしまうのです。

ここがおすすめ!

現実では緊急車両「ERカー」で駆け付け、その場で緊急オペを行うことはまだ実現されていません。しかし、現役の救命救急医たちの考える理想を反映させたのが本作のようです。初めはバラバラだった喜多見と音羽が次第に信頼し合い、良きバディとなっていく様子に注目です。

吹き出し アイコン

喜多見先生と音羽先生がぶつかり合いながらも、お互いに認め合っていく過程が大好き!喜多見先生のなりふり構わない熱いところは見ていてハラハラしますが、そこがまたスリリング。MERも正式に始動したので、劇場版も楽しみ!

(40代女性)

5位『アンナチュラル』(2018年)

アンナチュラル
©TBS SPARKLE/TBS

石原さとみが法医解剖医に!野木亜紀子のオリジナル脚本による法医学ミステリー

ジャンル医療 , ヒューマンドラマ , ミステリー
キャスト石原さとみ , 井浦新 , 窪田正孝
脚本家野木亜紀子

2018年1月期にTBS系「金曜ドラマ」で放送された、石原さとみ主演、野木亜紀子脚本の医療ドラマ『アンナチュラル』。死因究明専門のスペシャリストが集まる「不自然死究明研究所(UDIラボ)」を舞台にした、法医学ミステリーです。

三澄ミコトは不自然死を究明することに情熱を燃やす法医解剖医。彼女が所属するUDIには、法医解剖医の中堂や所長の神倉など個性的なメンバーが集っていました。ある日、突然死した息子の死因を調べてほしいと中年夫婦が訪ねて来て……。

ここがおすすめ!

法医学という珍しい分野を題材にしており、法医学監修はもちろん、細かい医療分野の監修も受け、リアリティを追求しているところに注目です。日本では不自然死のほとんどが解剖されることなく葬られているという事実に驚かされます。また、医療ミスや未知の症例など突然死や不審死は意外と身近なものであることも考えさせられる作品です。

吹き出し アイコン

ミコトの境遇、中堂先生の哀しい過去に涙してしまいます。日本にこんなにも不自然死が多いとは知りませんでした。口の悪い中堂先生ですが、その中にも愛が込められていて、キュンとします。

(30代女性)

6位『コウノドリ』(2015年〜2017年)

綾野剛が産婦人科医を演じたハートフルな医療ドラマ

ジャンル医療 , ヒューマンドラマ
キャスト綾野剛 , 松岡茉優 , 吉田羊
脚本家山本むつみ , 坪田文(第1シリーズ)/坪田文 , 矢島弘一 , 吉田康弘(第2シリーズ)

鈴ノ木ユウの同名漫画が原作の医療ドラマシリーズで、第1シリーズが2015年、第2シリーズが2017年にTBS系列で放送されました。主演は綾野剛で、主人公の産婦人科医・鴻鳥サクラを演じています。

情熱的な天才ジャズピアニストでありながら、愛情深い産婦人科医という2つの顔を持つ鴻鳥サクラ。彼が勤める生命が誕生する現場・産婦人科では、出産にまつわるアクシデントが次々起きます。「切迫早産」や「出生前診断」などのテーマを通して、妊婦やその家族の葛藤や喜びを繊細に描いているドラマです。

ここがおすすめ!

ドラマの原作は、原作者が実際の出産に立ち会った感動から生まれた漫画で、実在する産科医をモデルにしています。ドラマ化する際も、本物の未熟児が登場するなど徹底してリアリティを追求したそうです。さらに、「普通ってのは、実はものすごく恵まれているんだよ」など心動かされる名セリフが数多く生まれました。

吹き出し アイコン

産科医は命の誕生に立ち会うとても尊い仕事ですが、同時に命に向き合うことで抱えるものも大きいだろうなと感じました。どの登場人物も、仕事に対する真摯な姿勢がすばらしい!

(40代女性)

7位『透明なゆりかご』(2018年)

町の小さな産婦人科医院が舞台の「命と出会い、命を見送る」物語

ジャンル医療 , ヒューマンドラマ
キャスト清原果耶 , 瀬戸康史 , 酒井若菜
脚本家安達奈緒子

沖田×華による医療漫画『透明なゆりかご 産婦人科医院 看護師見習い日記』を、清原果耶主演でドラマ化。平成30年度文化庁芸術祭でテレビ・ドラマ部門大賞、ギャラクシー賞では2018年9月度月間賞を受賞しています。

1997年の夏、看護師見習いとして「由比産婦人科」へやって来たアオイ。院長の由比、看護師の紗也子や榊が妊婦たちに真剣に向き合う中、未受診妊婦の女性が来院。彼女は出産直後に失踪してしまい……。様々な妊婦との出会いを通し、アオイが成長する物語です。

ここがおすすめ!

原作者の沖田×華は准看護学科に通っていた元看護師見習い。産婦人科医院で働いた実体験をもとに、産婦人科の実情を描いたといいます。妊娠中絶や死産、DVや性虐待など妊娠・出産の影の部分にもスポットを当てており、ドラマでも正面から取り上げました。「命とは何か」を深く考えさせられる作品です。

吹き出し アイコン

産婦人科には新しい命が誕生する喜びがある一方で、大切な人の命が消える悲しみもあると知りました。出産は当たり前のことではなく、母子ともに健やかに生まれること自体が奇跡。町田夫妻の話が1番心に響きました。人として、父親として尊敬です。

(30代男性)

8位『Dr.コトー診療所』(2003年〜2006年)

離島医療を題材にした吉岡秀隆の代表作

ジャンル医療 , ヒューマンドラマ
キャスト吉岡秀隆 , 時任三郎 , 柴咲コウ
脚本家吉田紀子

山田貴敏の同名漫画を原作とした医療ドラマで、フジテレビ系列でシーズン1が2003年、シーズン2が2006年に放送されました。2004年にはスペシャルドラマが2本制作されています。主演は吉岡秀隆で、離島医療に取り組む医師・五島健助を演じました。

沖縄の離島・志木那村の医師に請われてやって来た五島健助。しかし当初は島民の信頼を得られず、診療所に来る人はいませんでした。それでも次第にその誠実な人柄と確かな技術を認められ、村に受け入れられていきます。

シーズン1で志木那村の人々に受け入られていったDr.コトー。スペシャルドラマでは離島医療や離島生活の難しさも織り込み、シーズン2で診療所の看護師を務める星野彩佳(柴咲コウ)が乳がんであることがわかり、闘病の様子も交えて物語が進んでいきます。

ここがおすすめ!

離島医療という現実に目を向けるきっかけを作ったドラマシリーズの1つです。五島のような都会から来た人間が島の自然や島民の心に癒される一方、島民が都会人に抱く心情が対比して描かれ、時にぶつかり合いながらも理解していく様子も見どころです。

吹き出し アイコン

離島医療の難しさを描いた作品ですが、島の人たちとコトー先生との関係性の変化や島の景色の美しさに心が浄化されます。コトー先生の誠実さに何度も心が揺さぶられました。

(40代男性)

9位『監察医 朝顔』(2019年〜2020年)

遺体から生きた証を探し出す!上野樹里が法医学者を演じた家族の物語

ジャンル医療 , ヒューマンドラマ
キャスト上野樹里 , 時任三郎 , 風間俊介
脚本家根本ノンジ

香川まさひと原作、木村直巳作画による同名漫画を、上野樹里主演でドラマ化した『監察医 朝顔』。第1シリーズが2019年、第2シリーズは19回という長さで2020年11月から2021年3月までフジテレビ系「月9」枠で放送されました。

万木朝顔は興雲大学の法医学教室に勤める新米の法医学者です。実は東日本大震災で母親を失い、いまだ行方不明のまま。そんな過去から、人の「生きた証」を見つけ出そうと仕事に打ち込んでおり、父親の平も刑事として捜査で遺体の謎を解き明かしていきます。

朝顔は第1シリーズ中盤で平の部下の桑原刑事と結婚します。第2シリーズは第1シリーズラストの翌年春が舞台で、彼女は東北に母の遺体と生きた証を探しに行くことに。

ここがおすすめ!

父娘で事件を解決するという斬新なストーリーで、シリーズを通して彼らの成長を感じられるところに注目です。さらに、東日本大震災に対する思いや、人の命の大切さ、優しさを感じられるドラマになっています。

吹き出し アイコン

上野樹里の自然な演技が、本当にすごい!人間愛にあふれているドラマですが、現実の苦しみや悲しみもしっかり伝えています。全体を通して丁寧に作られていて、シーズン2が制作されたのも納得。

(30代女性)

10位『医龍-Team Medical Dragon-』(2006年〜2014年)

坂口憲二が天才心臓外科医に!チーム医療に着目した画期的な医療ドラマ

ジャンル医療 , ヒューマンドラマ
キャスト坂口憲二 , 稲森いずみ , 小池徹平
脚本家 林宏司

永井明原案、乃木坂太郎作画による同名漫画が原作の医療ドラマシリーズで、2006年から2014年にかけてフジテレビ系列で第4期まで放送されました。主演は坂口憲二で、主人公の心臓外科医・朝田龍太郎を演じています。

第1期は原作のストーリーが使用され、2期以降はオリジナルストーリーです。さらに医事監修は、日本初のバチスタ手術を実行した須磨久善をはじめ様々な専門家たちが行い、本格的なものになりました。

大学病院の権威主義からは一歩引き、ただ患者のために全力でチーム医療に挑む「チームドラゴン」。優秀なメンバーを集めたリーダーの朝田龍太郎は、チームを率いてバチスタ手術の成功を目指します。

ここがおすすめ!

主人公を囲む「チームドラゴン」のメンバーを水川あさみや小池徹平、阿部サダヲなど豪華キャストが演じています。更にチームメイトがかなり個性的で、そんな登場人物たちがどのように1つのチームになっていくのかに注目です!

吹き出し アイコン

今思えば、すごい豪華な俳優陣だったと思います!小池徹平演じる伊集院が成長していく様子も見応えあり。医療用語が気になって、調べ出すほど夢中になりました。

(40代男性)

11位『白い巨塔』(2003年)

山崎豊子の小説を4度目のドラマ化!大病院を舞台にしたヒューマンドラマ

ジャンル医療 , ヒューマンドラマ
キャスト唐沢寿明 , 江口洋介 , 黒木瞳
脚本家井上由美子

山崎豊子の同名小説が原作の大病院を舞台にしたヒューマンドラマで、2003年の作品は4度目のテレビドラマ化となります。主人公の外科医・財前五郎を唐沢寿明、財前の同期でライバルの内科医・里見脩二を江口洋介が演じました。

財前五郎は大阪の浪速大学付属病院の外科助教授。一流の腕を持つ実力主義者で権力を欲し、大学病院の医局という“白い巨塔”での権力争いに進んで入っていきました。しかし、汚い手を使いながらも権力に執着した財前ですが、医療ミスを起こしてしまいます。裁判の結末と彼が迎えた衝撃のラストとは……。

ここがおすすめ!

旧態然とした教授選がメインの物語で、完璧な医者も権力を求めるのだという人間らしさが感じられます。また、医師としての信条も性格も対極をなす財前と里見の対決と、2人の迎えるラストが見どころです。

吹き出し アイコン

田宮版は観たことがなく、岡田版も良かったのですが、唐沢寿明の悪役ぶりが見事でした。医療ドラマでありながら、ヒューマンドラマとして見応えがあります。

(50代男性)

12位『にじいろカルテ』(2021年)

高畑充希がテレ朝連ドラに初主演!村の診療所が舞台のほっこり系医療ドラマ

ジャンル医療 , ヒューマンドラマ , コメディ
キャスト高畑充希 , 井浦新 , 北村匠海
脚本家岡田惠和

テレビ朝日系の木曜ドラマ枠で、2021年1月から放送された『にじいろカルテ』。脚本家・岡田惠和が手掛けた初の医療ドラマであり、高畑充希のテレ朝連ドラ初主演作です。平均視聴率は11.0%、最終回は最高の12.3%を記録し、3人のかけ合いやほっこりした雰囲気が評判を呼びました。

救命救急の現場で働いていた内科医の紅野真空は、ある日突然“とある病”が発覚し、山奥の小さな村の診療所で病を隠して働くことに。たどり着いた「虹ノ村」で、井浦新演じるヘンテコな外科医・浅黄と北村匠海演じる看護師・蒼山の2人とシェアハウス生活をしながら、チーム医療を展開していきます。

ここがおすすめ!

癖の強い個性豊かな村人たちと出会い、泣いたり笑ったり喧嘩しながら、熱く命と向き合って成長していく姿を、コメディタッチで描いたほのぼの系医療ドラマ。とはいえ、手術して終わりではない「人生に寄り添う医療」や、看取りや在宅医療の重要性に目を向けるきっかけにもなる作品です。

吹き出し アイコン

不治の病にかかっている患者でありながら、内科医として頑張る真空先生を応援したくなります。井浦新演じる朔先生の過去も含め、すごく良かった!医療ドラマの舞台といえば都市の大病院が多いですが、この物語では小さな村にずっと住み続ける点が新鮮。

(20代女性)

13位『救命病棟24時』(1999年〜2013年)

救命救急センターが舞台!江口洋介主演の人気医療ドラマシリーズ

ジャンル医療 , ヒューマンドラマ
キャスト江口洋介 , 松嶋菜々子
脚本家橋部敦子 , 福田靖 , 飯野陽子(第1シリーズ)

フジテレビ系列の医療ドラマで、2002年にスペシャルドラマ、2005年にアナザーストーリーも制作されました。主人公の外科医・進藤一生を江口洋介、進藤に指導される研修医・小島楓を松嶋菜々子が演じています。シーズン1・2の平均視聴率は20.3%、シーズン3・4は19.2%と高視聴率をキープしました。

都立第三病院救命救急センターに勤める外科医・進藤は、孤高の天才外科医。研修医として配属された小島は進藤の下で指導を受けることになり、医師として完璧すぎる進藤の言動に戸惑いを感じながらも、救命救急の現場で成長していきます。

シーズン1では研修医・小島の目から見た救命救急の現場が、シーズン2では松雪泰子演じる心臓外科医・香坂たまきと進藤の対立が描かれています。シーズン3は災害医療にフォーカスし、東京に大震災が起こるシミュレーションのもと制作されました。

シーズン4では医師不足や医療訴訟など、救命医療現場が直面している状況を織り込んでいます。進藤役の江口洋介が降板したシーズン5では小島楓が主人公となり、医局長として奮闘する様子が描かれました。

ここがおすすめ!

各シリーズごと、その当時の救命医療が直面していた問題を追求している姿勢が、高い評価を受ける大きなポイント。24時間命と向き合い続ける現場を臨場感を持って描いています。

吹き出し アイコン

妻が目覚めることを信じる進藤と、スパルタな進藤に食らいついて一人前になろうとしていた小嶋。この2人にスポットを当てたシーズン1はシリアスでとても良かったです!医療とは何かを考えさせられました。

(50代女性)

14位『グッド・ドクター』(2018年)

山﨑賢人が自閉症の小児科医に!韓国ドラマの日本版リメイク作

ジャンル医療 , ヒューマンドラマ
キャスト山﨑賢人 , 上野樹里 , 藤木直人
脚本家徳永友一 , 大北はるか

2013年の韓国ドラマ『グッド・ドクター』のリメイクとして、2018年にフジテレビ系列で全10回が放送されました。主人公の研修医・新堂湊を山﨑賢人が演じています。

新堂湊は東都大学医学部を首席で卒業し、東郷記念病院小児外科に配属が決まったレジデント。しかし自閉症とサヴァン症候群を抱えており、小児科医としてのコミュニケーション能力に疑問を持たれてしまいます。それでも湊は偏見を乗り越えながら、小児科医を目指しながら少しずつ成長していきます。

ここがおすすめ!

本作には複数の現役医師が医療監修として関わっており、小児外科と自閉症スペクトラム障害両方の監修が行われました。自閉症とサヴァン症候群を併せ持ちながら小児科医を目指すという、難しい役どころを演じた山﨑賢人の演技に注目です。

吹き出し アイコン

今までにない視点の医療ドラマ!原作の韓国版も観ましたが、恋愛を盛り込んでいない日本リメイク版の方が純粋に医療ドラマとして楽しめました。主人公が純粋な気持ちで接するからこそ、子どもの気持ちがわかるという視点に癒されます。

(20代男性)

15位『ナースのお仕事』(1996〜2014年)

看護師メインの医療ドラマの先駆け!観月ありさ主演の大ヒットシリーズ

ジャンル医療 , コメディ
キャスト観月ありさ , 松下由樹 , 吉行和子 , 伊藤かずえ
脚本家江頭美智留

看護師を主役にしたコメディドラマ『ナースのお仕事』は、フジテレビ系列で1996年から放送が始まり、シリーズ化してシーズン4まで続きました。1997年と2014年にはスペシャルドラマが放映、2002年には映画化もしています。

観月ありさ演じる主人公の看護師・朝倉いずみと、松下由樹演じる指導役の先輩看護師・尾崎翔子のコンビが人気を呼び、シリーズを通して高視聴率を記録しました。いずみが交際する3人の研修医を、岡田浩暉、松岡昌宏、藤木直人が演じています。

朝倉いずみは、若葉会総合病院に勤めるドジな新米ナース。とんでもない失敗をしては先輩の尾崎翔子に叱られる毎日ですが、いずみの患者に寄り添おうとする姿勢は徐々に周りの信頼を得ていきます。

シーズン1ではいずみのナース1年目を描き、プロとしての意識が芽生えるシーズン2では系列の第二病院が舞台に。シーズン3でいずみと結婚することになる研修医の高杉が初登場し、シーズン4では2人の結婚生活も描かれました。

ここがおすすめ!

病院を舞台にしたコメディ作品ではありますが、劇中に実際の医療現場で使用されている医療機器などを取り入れた先駆的なドラマでした。いずみが叱られるお約束のシーンや、シリーズを通して見られるいずみの成長に注目です。

吹き出し アイコン

先輩ナースと新人ナースのナイスなコンビネーションがツボ!シリーズ化も納得の面白さです。観月ありさと松下由樹のコメディセンスも抜群で、2人のかけ合いが本当に好きでした!

(50代女性)

16位『チーム・バチスタの栄光』(2008年)

海堂尊の医療ミステリーをドラマ化!伊藤淳史と仲村トオルがバディに

ジャンル医療 , ミステリー
キャスト伊藤淳史 , 仲村トオル
脚本家後藤法子

海堂尊の医療ミステリーを原作としたドラマ「チーム・バチスタ」シリーズの第1作が、『チーム・バチスタの栄光』です。主人公の心療内科医・田口公平を伊藤淳史、厚労省官僚の白鳥圭輔を仲村トオルが演じました。

東城大学医学部付属病院で「チーム・バチスタ」によるバチスタ手術が行われる中、3例も続けて術中死する事態が起こります。院長の高階に依頼されて術中死の調査を始めた田口は、厚生労働省の白鳥と名乗る男と出会い、医療ミスか殺人かを探っていくのでした。

ここがおすすめ!

医療ドラマではありますが、よりエンターテインメント性に重きを置いたミステリーものです。登場人物の誰もが怪しいという演出がされており、ミステリーとして犯人探しを楽しめるような構成。相反する性格の田口と白鳥が協力して謎を解いていく凸凹コンビぶりが、本作の魅力の1つです。

吹き出し アイコン

オペ室で起こる連続殺人事件を、11話かけて深く掘り下げていくのが丁寧で良かった。医療よりサスペンス展開に重きを置いたのは成功。映画版よりも展開を複雑にしていて、真犯人を最後までわからなくさせていたのも面白かった。

(40代男性)

17位『ラジエーションハウス〜放射線科の診断レポート〜』(2019年、2021年)

劇場版も公開決定!放射線科が舞台の異色の医療ドラマ

ジャンル医療 , ヒューマンドラマ
キャスト窪田正孝 , 本田翼 , 広瀬アリス
脚本家大北はるか , 村上優 , 金沢達也 , 横幕智裕

横幕智裕が原作、モリタイシが作画を務める漫画『ラジエーションハウス』を原作としたドラマ。主人公の唯織(いおり)を窪田正孝が演じ、ヒロイン・杏を本田翼が演じています。2022年には劇場版の公開も決定しました。

本作の主人公・五十嵐唯織は、病気の原因を探るためにレントゲンやCTで病変を映し出す放射線技師。天才的な技術を持っているものの、人付き合いを苦手としています。

そんな唯織のような放射線技師や放射線科医が所属する放射線科「ラジエーションハウス」を舞台に、縁の下のヒーローたちを描いた作品です。

ここがおすすめ!

今までの医療ドラマでは珍しい、放射線科が舞台になっていて新鮮です。さらに、唯織と杏の観ていてもどかしい関係や個性豊かなキャラクターたちの日常にも注目してください!

吹き出し アイコン

放射線技師についての理解が深まりました。発見が難しい様々な病気があることも知ることができて良かった。それぞれの登場人物の個性が出ていて、1話完結で進むストーリーも分かりやすかったです。

(20代女性)

18位『ブラックジャックによろしく』(2003年)

佐藤秀峰の医療漫画を妻夫木聡主演でドラマ化!研修医が見た医療現場をリアルに描く

ジャンル医療 , ヒューマンドラマ
キャスト妻夫木聡 , 鈴木京香 , 加藤浩次
脚本家後藤法子

佐藤秀峰の医療漫画『ブラックジャックによろしく』を原作としたドラマで、TBS系列で2003年に全11回が放送されました。主演は妻夫木聡で、主人公の研修医・斉藤英二郎を演じています。また、平井堅の「Life is...」をアレンジした「Life is...〜another story〜」が主題歌として使用されました。

斉藤英二郎は永禄大学付属病院の研修医。北海道から上京して一人暮らしの英二郎は夜間救急のアルバイトもしながら、第一外科や第二内科、NICUや小児科など様々な医局で経験を積んでいきます。英二郎の理想とは程遠い現状を目の当たりにしながらも、経験を通し成長していくのでした。

ここがおすすめ!

英二郎が抱いていた理想の医療現場と現実の格差は、実際の医療現場の問題として提起されるべきものだったようです。病院が抱える矛盾に悩みながらも、患者のために奮闘する姿も共感を呼びました。

吹き出し アイコン

それぞれの科によって様々な問題や葛藤があることを知りました。研修医の気持ちがよく表現されていて、綺麗事ではなく、リアルな医療現場のダークな部分が垣間見えるドラマでした。

(40代男性)

19位『DOCTORS〜最強の名医〜』(2011〜2018年)

沢村一樹がスーパードクターに!病院改革と権力抗争にフォーカスした異色作

ジャンル医療 , ヒューマンドラマ
キャスト沢村一樹 , 高嶋政伸, 比嘉愛未
脚本家福田靖

外科医・相良浩介を主人公とした医療ドラマで、テレビ朝日系列で2011年から2018年までにシーズン3までが放送されています。スペシャルドラマも2013年、2015年、2018年と3本制作されました。沢村一樹が主演を務めています。

赤字経営の堂上総合病院に赴任した相良浩介は、3000件もの執刀記録を持つスーパードクター。患者には優しく接する一方、職業意識の低い医師や看護師には厳しい一面も持ち、病院をより大きくするために院内の意識改革に乗り出します。

シーズン1では堂上院長の後継者の外科医・森山卓と敵対し、病院改革を密かに画策していた相良ですが、胃がんに倒れて森山の手術を受けることになります。シーズン2〜3でも院長代理となった森山に敵視され続けますが、それでも森山が院長に相応しい人物になるよう画策を続けました。

ここがおすすめ!

医療ドラマとしては珍しく病院経営に焦点を当てており、医療監修のほかに診療情報の管理などを行う医療事務監修も入っています。森山と相良の激しい敵対関係がこのドラマの見どころですが、特に注目なのは森山役の高嶋政伸の過剰すぎる演技!多少リアリティに欠ける部分もありますが、典型的なお坊っちゃま医師の鼻持ちならない性格を過激に表現しています。

吹き出し アイコン

シーズン1から3まで一気見しました!シーズンを経るごとに盛り上がってきます。相良先生の策士なところも変わらず、周りがいつの間にか協力して、踊らされる森山先生がまた憎めなくて面白い!

(30代女性)

20位『ブラックペアン』(2018年)

海堂尊の医療小説を二宮和也主演でドラマ化!孤高の天才外科医を演じる

ジャンル医療 , ヒューマンドラマ
キャスト二宮和也 , 小泉孝太郎 , 内野聖陽
脚本家丑尾健太郎,神田優,槌谷健

2018年にTBS系列で放送された医療ドラマで、『チーム・バチスタの栄光』で知られる海堂尊の同名小説が原作です。主人公の天才外科医・渡海征司郎を、嵐の二宮和也が演じました。

天才的な技術を持つ外科医・渡海征司郎は、論文を書かない現場主義で、出世とは無縁の一般医局員。その上、手術を失敗しそうな執刀医から挽回することを請け負う代償として、退職金を巻き上げるようなアウトローな医師です。しかし一医局員として東城大学病院に居座る理由が、少しずつ明らかになっていきます。

ここがおすすめ!

小泉孝太郎演じる外科医・高階と内野聖陽演じる佐伯教授は、渡海とは敵対する関係ですが、3人それぞれの医療への理想がこの物語の軸になっています。医療現場における、研究至上主義VS現場至上主義といった構図が本作の特色です。

吹き出し アイコン

医療ドラマとしてはめちゃくちゃすぎるけど、面白すぎる!ニノの演技力がより引き立つ作品。フィクションだということを前提に観ないと損!渡海先生のぶっきらぼうな優しさが、たまらなく愛おしい。

(20代女性)

命を扱うからこそ心に残る医療ドラマ!おすすめ作品を視聴しよう

今回は、笑えるものから号泣できる作品まで様々な医療ドラマをランキング形式で紹介してきました。あなたの好きな作品はありましたか?命を扱うドラマだからこそ心にくるものがありますよね。 もちろん、今回は紹介しきれなかった作品の中にも、名作は多数存在します。今後の医療ドラマにもぜひ注目してください!