2018年12月12日更新

ザック・エフロンという名の完璧イケメン超人【歌と演技と筋肉の三拍子】

WENN.com

ルックスだけでなく、演技力や歌唱力まで兼ね揃えた大人気俳優ザック・エフロン。子供の頃から出演してきた数多くの作品での活躍、またその人物像まで、彼のすべてを全力でまとめました!

正に完璧超人!俳優ザック・エフロンのすべて

2006年に『ハイスクール・ミュージカル』で世界中の人の心を鷲掴みにし、その後も輝かしいキャリアを積み上げている俳優、ザック・エフロン。甘いマスクに彫刻のように見事な肉体、そして高い演技力に加え歌唱力まで抜群と、最早嫉妬する気も起きない程の完璧ぶりです。 この記事では、そんな彼の俳優人生をデビュー前から振り返りつつ、彼の人物像や魅力まで含めて一挙に紹介します。これを読めば、映画ファンもそうでない人も、きっとザック・エフロンという俳優を好きになるはず!

11歳で演技の世界へ!才能を見出したのは……

ザック・エフロンは、1987年にカリフォルニア州のサンルイスオビスポで誕生しました。エンジニアの父親と秘書の母親との間に生まれた彼は、幼い頃から歌うことが大好きだったようです。 ザックに才能があると気付いた両親は、彼が11歳の時に演劇のオーディションを受けさせました。 見事に合格した彼は、学校に通いながら多くの舞台に出演し、歌手や俳優としての実力を付けていきます。周りの人に勧められたザックは、2002年にテレビドラマ『ファイヤーフライ 宇宙大戦争』に出演し、テレビデビュー。 2003年には映画にも初出演し、より俳優としての知名度を高めていきました。

これぞ代名詞!『ハイスクール・ミュージカル』で一躍ティーンエイジャーのアイドルに

幼い頃から地道に活動してきたザック・エフロンにとって最も大きな転機となったのは、2006年にディズニー・チャンネルで放送されたテレビ映画『ハイスクール・ミュージカル』でしょう。華やかな青春ミュージカル映画として大ヒットを記録し、主人公トロイを演じたザックの人気も飛躍的に高まりました。 ヒロインを演じたヴァネッサ・ハジェンズと共に、ティーンの憧れの的となったザック。2人は実生活でも交際を始めて注目を集めましたが、残念ながら2010年に破局してしまいました。 ちなみに、本作では彼自身の歌声は吹き替えられているため、聴くことができません。しかし、続編では多くの曲で見事な歌声を披露しています。

豪華キャストに囲まれ貴重な経験を積んだ『ヘアスプレー』

『ハイスクール・ミュージカル』で一躍人気者になったザック・エフロンですが、彼が次に出演したのはミュージカル映画の『ヘアスプレー』でした。200人以上もの候補者の中からオーディションで選ばれた彼は、テレビで人気のイケメンダンサーという正にピッタリの役を演じました。 本作では、彼の歌手としての実力もアピールしており、爽やかなパフォーマンスを披露しています。 また、ジョン・トラボルタやミシェル・ファイファーなどといった多くの名優たちとの共演は、俳優としても貴重な経験となったようですね。本作がきっかけとなり、ザックはピアノやギターを始め、より多才な俳優としてステップアップしていきます。

得意の歌で世界中を虜にした『ハイスクール・ミュージカル2』

大ヒットした前作に続いて2007年に更なるブームを巻き起こした『ハイスクール・ミュージカル2』。ザック・エフロンも再びトロイを演じ、本作では彼自身の声で8曲を歌っています。 前作では高い声が出なかったために吹き替えられましたが、1作目が放送された時点で既に本作や続編の曲もレコーディングされていたとか。幼い頃から歌ってきた彼らしく、甘い声と高い歌唱力が存分に楽しめるようになっており、ファンは必見です! 2008年には3作目となる劇場版『ハイスクール・ミュージカル ザ・ムービー』が公開され、ティーンエイジャーはもちろん、若者以外からも人気を得るザックですが、彼は更なる進歩を続けます。

俳優として更に前進!個性的な役を演じた『セブンティーン・アゲイン』

「ハイスクール・ミュージカル」シリーズの成功で様々な層から支持を集めていたザック・エフロン。そんな彼が俳優として更なる飛躍を遂げた作品が、2009年の『セブンティーン・アゲイン』です。 本作は、冴えない30代の男が突然17歳に若返ってしまうというコメディー映画。17歳に戻った主人公を演じたザックは、今までとは別路線ながら堂々とした演技を披露しています。 本作のPRで来日した際に、自分自身と重ね合わせて役を演じたと語ったザック。歌やダンス抜きでも俳優として十分活躍できるということを本作で示しました。 後に彼のトレードマークとなる筋肉も、本作から徐々に目立ち始めますね。

高い演技力が感動を呼んだヒューマンドラマ『きみがくれた未来』

2010年には、『セブンティーン・アゲイン』に続いて兄弟愛を温かく描いたヒューマンドラマ作品『きみがくれた未来』に出演。才能あるヨット選手でありながら運転中の事故で弟を失い、人生を諦めてしまった主人公のチャーリーを演じています。 弟の死に苦悩する青年という非常にシリアスな役に挑戦したザック・エフロンの演技は、批評家などからも高く評価され、ティーンエイジャーのアイドルから実力派俳優への仲間入りを果たしました。 また、ヨット選手のスポーツマンを演じたこともあり、体も大きくビルドアップ。端正な顔だけでなく、その見事な肉体にも注目が集まりました。

爽やか路線を卒業?『ペーパーボーイ 真夏の引力』ではスリラーに挑戦

俳優として才能を開花させ、順調にキャリアを積み上げてきたザック・エフロン。そんな彼が次に挑んだのは、スリラー映画でした。 本作は、1969年を舞台に、ある殺人事件の真相を巡って闇に飲み込まれていく人々を描いたサスペンススリラーです。ザックが演じたのは、ニコール・キッドマン演じる妖艶な女性にのめり込んでいく主人公のジャック。 2人の振り撒く過剰なほどの色気は、ダークなストーリー以上にインパクト抜群です。かつての爽やか好青年ぶりを全く感じさせない見事な演技に、ザックの新たな魅力を感じられるでしょう。

若者のリアルな心情を繊細に表現した『WE ARE YOUR FRIENDS ウィー・アー・ユア・フレンズ』

様々な作品で演技の幅を広げてきたザック・エフロンですが、2015年の本作で再び青春映画に帰ってきました。しかし、『ハイスクール・ミュージカル』のような華やかさを求めて見ると、きっと損する作品です。 本作は、ミュージシャンに憧れる等身大の若者を描いたリアルな青春映画で、夢のような明るい展開はありません。ザックは、EDMの人気DJに憧れながらくすぶっている主人公を演じており、多くの人の共感を呼ぶような見事な演技を見せています。 ポップな青春映画に出演していた頃から、大きく成長した彼の姿に注目です。

筋肉ファン必見!深く考えずにザック・エフロンを楽しめる『ベイウォッチ』

2015年に、久しぶりに青春映画に戻ってきてファンを沸かせたザック・エフロン。そして2017年の『ベイウォッチ』では、彼の筋肉ファンを沸かせました。 1989年から2001年に渡って放送されていた人気ドラマのリメイクとして製作された本作は、海難救助隊の活躍を描いた作品です。ザックは生意気な新人隊員を演じ、その鍛え抜かれた筋肉をこれでもかと見せつけてくれます。 ストーリーも分かり易いため、安心して彼だけに集中できるでしょう。ちなみに、本作で共演したアレクサンドラ・ダダリオとは一時期熱愛報道が流れました。 アレクサンドラが否定のコメントを出しましたが、噂は根強く出回っているようです。

大ヒットミュージカル『グレイテスト・ショーマン』にも出演!

ザック・エフロン最新出演作の『グレイテスト・ショーマン』は世界的に大ヒットした、人気ミュージカル映画。実在した興行師P・T・バーナムの反省を描き、ヒュー・ジャックマンが主演を務めました。 ザック・エフロンは、バーナムのパートナーとなる劇作家のフィリップ・カーライルを演じます。彼はバーナムの劇団に所属する団員・アンと恋に落ちることに。二人のデュエットシーンは非常にロマンチックなので、ザック・エフロンファンは必見!

ザック・エフロンの好きなことって?日本との関係は?

子供の時から俳優として歩んで来たザック・エフロン。そんな彼は、憧れの俳優にジョニー・デップやブラッド・ピット、レオナルド・ディカプリオ、そしてお気に入りの映画に『グーニーズ』を挙げています。 映画に音楽と多才な彼ですが、料理も趣味の一つで、俳優になっていなかったら料理人になっていたと話したことも。もちろん食べることも大好きで、かつて交際していたモデルのサミ・ミロと来日した際には、ラーメンや寿司などを食べていました。 日本にはしばしばお忍びで来ており、東京や京都だけでなく和歌山県などにも足を運んでいます。日本の食だけでなく、文化にも興味があるようですね。

知れば知るほど好きになる!ザック・エフロンという真のイケメン。

整ったルックスだけでなく、演技力や歌唱力まで兼ね揃えた俳優ザック・エフロン。老若男女問わず幅広い人気を集めている彼は、幼い頃から一貫して真面目に演技や歌に取り組んできました。 単なるイケメン俳優では終わらなかったのも、彼の肉体にも表れているように、絶え間なく努力し続けてきたからでしょう。正に、スーパースターになるべくしてなった人といえるんじゃないでしょうか? 『ハイスクール・ミュージカル』のイメージが強いザックですが、知れば知るほど魅力のある俳優なので、彼の出演作品にもっと触れてみてくださいね!