2018年12月2日更新

ジェレミー・レナーがIWのラストに言及「俺は賢いから休暇をとってたんだ」【東京コミコン2018】

©︎Mario Mitsis/WENN.com

2018年12月2日(日)に開催された東京コミコン2018のオープニングセレモニーに、来日ゲストであるジェレミー・レナーが登壇。『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』のラスト、そして続編への出演について言及しました。【レポート】

東京コミコン2018にジェレミー・レナーが登場。

東京コミコン
©︎ciatr

開催が今年3度目となる東京コミコン。初日には1万3千人ほどが、二日目は大きく上回って2万3千人ものポップカルチャーファンが来場しました。そして最終日のオープニングセレモニーに初日開会式には参加できなかったジェレミー・レナー(『アベンジャーズ』ホークアイ役)が、遂にステージに登場! ファンへの思いだけではなく、来たる2019年に公開予定の『アベンジャーズ4(仮)』について言及しました。

ジェレミー・レナーは『アベンジャーズ4(仮)』出演確定

ジェレミー・レナー
Mario Mitsis/WENN.com

ファンに対して、「僕を招いてくれてありがとう。日本は僕にとって本当に特別な土地なんだよ、特に東京はね。君たちは本当にロックだ、感謝しきれないよ、ありがとう」と感謝の意を伝える、レナー。 彼といえば、第一回東京コミコン2016の目玉来日ゲストでした。 「君たちのためならすぐに駆けつけるよ、飛行機でワンフライトすれば良いだけだろ?」 ハスキーボイスで悩殺するだけでなく、なんて素敵なお言葉なんでしょう……。その後、来場しているファンのコスプレに対して聞かれた際、彼は思わぬことを口走るのでした。 「最高だよ。僕は自分の弓矢を持ってこれなくて残念だ。でも君たちはすごく良い感じに見える。「インフィニティ・ウォー2」では俺もコスチュームを着る予定だ」 そう、レナー本人の口から、ホークアイが『アベンジャーズ4(仮)』に登場することが明かされたのです。

「みんな死んだだろ?俺は賢いから、休暇をとっていたんだ」

アベンジャーズ インフィニティウォー ゼータ
©Supplied by LMK

レナー演じるホークアイが最後にアベンジャーズとしてスクリーンに登場したのは『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』。刑務所からキャプテン・アメリカの力を借りて脱獄した彼は、アントマンことラングと共に家族の元へ帰ることを決意します。その後スコットは自宅に軟禁状態になっていましたが、ホークアイも同じ状況だったのでしょうか……? いずれにせよ、『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』でこの二人は一切登場せず、アントマンに関しては『アントマン&ザ・ワスプ』のエンドクレジットシーンにその行方が明らかになりました。一人だけ、動向が完全にミステリアスだった彼ですが、当の本人はこう話します。 「俺(ホークアイ)は賢いからね、(巻き込まれないように)バケーションをとってたんだよ(笑)」

ホークアイがいればサノスは倒せた?

サノス インフィニティ・ウォー (ゼータ)
©Supplied by LMK

ホークアイが“休暇をとっていた”「インフィニティ・ウォー」では、熱烈なファンが彼の不在に対して監督やプロデューサー、ディズニーに対して殺害脅迫までしていたと、レナーは話します。そして、司会である杉山すぴ豊より「ファンは、ホークアイさえいればサノスを倒せたと信じています」と伝えられたことに対して、「そうさ。俺が保証するよ」と、なんとも頼もしい回答。 「まだ映画全体が、どうなうるかわからない。何も言えないけど、いくつか撮影したシーンを予告編として数日後に見れることができるはずだ。本作は本当に、美しい映画になる予感がするよ」 『アベンジャーズ4(仮)』は2019年公開予定。生き残った元祖アベンジャーズは、塵となった仲間や人類を救うことができるのか。そしてホークアイは、どのように活躍してくれるのか。希望を持って公開まで待ちましょう。