©Marvel Studios 2017. ©2017 CTMG. All Rights Reserved.

第2弾『スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム』あらすじ・キャスト【トム・ホランド続投】

2018年3月21日更新

2017年8月に公開され大人気を博した『スパイダーマン:ホームカミング』、その続編となる『スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム』が2019年公開を予定しています。この記事では本作の最新情報を紹介します!

第2弾『スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム』最新情報!

2017年8月に日本でも公開され、大きな話題を呼んだ『スパイダーマン:ホームカミング』。その続編『スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム』が2019年に公開を予定しています。 マーベルヒーローたちがクロスオーバーする「マーベル・シネティック・ユニバース(MCU)」としても、『スパイダーマン:ホームカミング』の続編がフェーズ4の皮切りとなることがわかっており、MCUの今後の展開を左右するという意味でも注目が集まる作品となりそうです。 それでは、そんな続編について判明している情報をまとめてご紹介します。

続編はどのようなあらすじになるのか?

『スパイダーマン:ホームカミング』 ロバート・ダウニーjr、トム・ホランド
©Marvel Studios 2017. ©2017 CTMG. All Rights Reserved.

あらすじもまだわからない『スパイダーマン:ホームカミング』の続編ですが、プロットに関するいくつかの情報が明らかになっています。 マーベル・スタジオのケヴィン・ファイギ社長によれば、続編は「アベンジャーズ第4弾」の直後から始まるようです。さらに『シビル・ウォー キャプテンアメリカ』と『スパイダーマン:ホームカミング』では高校1年生だったピーターが進学し、成長していく姿が描かれるとか。第1作目同様に青春劇の側面も多分にあるようです。 また、第1作目にはアイアンマンことトニー・スタークが登場しましたが、続編ではまた別のヒーローが助っ人に登場するとのことで、そちらも楽しみです。

続編のピーター・パーカー役もトム・ホランドに決定

Back on tour for @spidermanhomecoming. Here we go Tokyo!

✌️さん(@tomholland2013)がシェアした投稿 -

ヒーローも高校生活も楽しもうとするフレッシュなスパイダーマンを演じたトム・ホランドは、続編でもピーター・パーカー役を演じることが決定しています。甘いマスクと確かな演技力を持つトムホ版のピーターと、スクリーンで再び会えるのはうれしい限りです。 また、トム・ホランドはピーター・パーカー役として6作品で出演契約を結んでいることを明かしています。『スパイダーマン:ホームカミング』から始まる3部作と、すでに出演した2016年の『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』、残りはおそらく「アベンジャーズ」シリーズの3作目と4作目の可能性が高いでしょう。

トムホがまさかのタイトルネタバレ?

Sorry for no announcements, but I love you guys ♥️

✌️さん(@tomholland2013)がシェアした投稿 -

『アベンジャーズ インフィニティ・ウォー』の新作ポスターを解禁前に発表してしまうなど、これまでも度々ネタバレで世間を騒がせてきたトム・ホランド。今回はシアトルで開催されたコミコンからのインスタ投稿によって本作のオリジナルタイトル『スパイダーマン・ファー・フロム・ホーム (原題)』をばらしてしまいました。 この件については、うっかり発表をよそおったものだという情報も流れています。しかし、マーベルスタジオの社長ケビン・ファイギが認めているため、オリジナルタイトルが『スパイダーマン・ファー・フロム・ホーム (原題)』であることは間違いないようです。

ジェイク・ギレンホールがヴィラン、ミステリオを演じる!?

ジェイク・ギレンホール
©WENN.com

続編の製作決定となると、気になるのがヴィランの存在。有力と言われているのが、ミステリオでです。このキャラクターは、元スタントマンという異色の経歴を持つスパイダーマンのヴィラン。 2018年5月現在、マーベルはジェイク・ギレンホールにこのヴィラン役を打診しているといいます。ハリウッドきっての実力派俳優ジェイクならばきっと魅力的なヴィランを演じてくれることは間違いないでしょう。

ヌーマン・アチャルがカメレオンを演じる?

『女は二度決断する』に出演のトルコ出身俳優ヌーマン・アチャルが本作にディミトリーという役名で出演することがdeadlineにより明らかになりました。ディミトリーといえば、初期の「スパイダーマン」コミックシリーズに別名カメレオンという名のヴィランで登場していました。 今回ヌーマンが演じる役がコミック版と同様のキャラクターであるかは分かりませんが、名前からして同一人物である可能性が高いのではないでしょうか。

「ホームカミング」の脚本家クリス・マッケナ&エリック・ソマーズは?

第1作目で脚本を担当したクリス・マッケナ&エリック・ソマーズのコンビも続投となりそうです。こちらは最終交渉に入ったとThe Hollywood Reporterなどが報じています。 マッケナ&ソマーズのコンビは2017年の『レゴバッドマン ザ・ムービー』が好評を博し、2018年春に日本での公開が決定した『ジュマンジ/ウェルカム・トゥ・ジャングル』にも参加している注目の脚本家で、同じくMCUの『アントマン&ワスプ』も執筆しているとのこと。スパイダーマンの続編ではどんなストーリーが展開するのか、期待は高まるばかりです。

ジョン・ワッツが続投!

ジョン・ワッツ
©Giuseppe Maffia/NurPhoto/Sipa US/Newscom/Zeta Image

第1作目同様、メガホンをとるのは『COP CAR コップ・カー』で監督・脚本を務めたことで知られるジョン・ワッツ。 これまでのヒーローと高校生活の間で苦悩するスパイダーマンのイメージを一新し、爽やかな青春劇の部分を強調した『スパイダーマン:ホームカミング』は多くの観客の共感を呼び、批評家からも大いに評価されています。ジョン・ワッツ監督へ続投を依頼するのも当然でしょう。続編でもまた新たなスパイダーマンを見せてくれるのではないでしょうか。

スパイダーマンのフェーズ4以降のMCU参戦はあるのか?

トム・ホランドが新たに契約を結ばなければ、スパイダーマンは3部作を最後にMCUに参戦しない可能性もあります。 フェーズ3の最後である「アベンジャーズ第4弾」をもって、ロバート・ダウニー・Jr(アイアンマン)や、クリス・エヴァンス(キャプテン・アメリカ)、クリス・ヘムズワース(ソー)などの契約が切れることもわかっており、スパイダーマンが続投とならなかった場合その後のMCUはどうなるのか、その動向が気になるところです。

第2弾『スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム』の気になる公開日は!?

『スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム』は2019年7月全米公開予定です。2018年8月現在、日本公開日は未定。2019年ということだけが決定しています。