2021年8月6日更新

映画『プラダを着た悪魔』の動画を無料で配信中のサブスクは?Amazonプライムでも観られるか調査

『プラダを着た悪魔』
©20th Century Fox/Photofest/Zeta Image

2006年に公開された映画『プラダを着た悪魔』。本作ではファッション誌のカリスマ編集長とアン・ハサウェイ演じるアシスタントの2人の姿が描かれています。本記事では本作の動画を無料で観ることができる配信サービスについて紹介!

映画『プラダを着た悪魔』の動画を無料で配信中のサブスクは?Pandoraより確実に

2006年に公開され世界各地で大ヒットとなった映画『プラダを着た悪魔』。本作ではアン・ハサウェイ演じる主人公が、ファッション誌のカリスマ編集長のアシスタントとして奮闘する姿が描かれています。 本記事では本作の動画を無料で観ることができる配信サービスについて紹介。本記事で紹介するサービスを利用すれば、DailymotionやPandoraなどにアップされている違法動画よりも安全で確実に本作を観ることができますよ。

映画『プラダを着た悪魔』のあらすじ

『プラダを着た悪魔』
©20th Century Fox/Photofest/Zeta Image

名門大学出のエリートでジャーナリストを志している主人公アンドレア・サックス。彼女はある日から超有名出版社の編集部で働くことになります。 そして彼女はファッション誌『ランウェイ』のカリスマ編集長ミランダ・プリーストリーのアシスタントになるのでした。当初はファッションを小馬鹿にしていたアンドレアでしたが、その心境は仕事を通じて次第に変化していき……? 誰もが憧れる華の職業というイメージに対し、悪魔のような編集長のもとで辛い現実を知ることになった彼女は、果たしてどのようなキャリアを歩むことになるのでしょうか。

映画『プラダを着た悪魔』のメインキャストを紹介!

アンドレア・サックス役/アン・ハサウェイ

アン・ハサウェイ
WENN.com

主人公のアンドレア・サックスはジャーナリストを志している女性。ある出版社に入社し、ファッション雑誌のカリスマ編集長であるミランダのアシスタントになります。しかしミランダの要求は無理難題なものばかりで、彼女は翻弄されていくことに。 そんなアンドレアを演じるのは女優のアン・ハサウェイ。彼女の代表作は本作だけでなく、映画『レ・ミゼラブル』(2012年)や映画『レイチェルの結婚』(2008年)、映画『ラブ&ドラッグ』(2010年)といった数々の名作が挙げられます。 近年では映画『オーシャンズ8』(2018年)にも出演し、大きな話題を集めました。

ミランダ・プリーストリー役/メリル・ストリープ

メリル・ストリープ
Joe/WENN.com

ミランダ・ブリーストリーはファッション雑誌『ランウェイ』のカリスマ編集長です。彼女は悪魔のような鬼上司で、アンドレアに対してハードル高い仕事ばかり振ります。 そんな彼女を演じたのは女優のメリル・ストリープです。舞台女優としてキャリアをスタートさせた彼女は、1978年公開の映画『ディア・ハンター』でアカデミー賞助演女優賞を受賞し、実力を備えた女優というイメージを確立させました。 近年も映画『マンマ・ミーア! ヒア・ウィー・ゴー』(2018年)や映画『メリー・ポピンズ リターンズ』(2018年)などの話題作に出演しています。

エミリー・チャールトン役/エミリー・ブラント

エミリー・ブラント
©Dennis Van Tine/Future Image/WENN.com

エミリー・チャールトンはファッション雑誌『ランウェイ』の編集長であるミランダのシニア・アシスタント。前任のスタッフが退職したことをきっかけに昇格し、主にミランダのスケジュール管理などを行っています。プライドをかけて仕事をしているため、いつも洗練されたファッションに身を包んでいます。 エミリー・チャールトン役を演じるのは、イギリス出身の女優であるエミリー・ブラント。彼女は本作をきっかけにハリウッド映画に進出しました。そんな彼女の代表作には、映画『メリー・ポピンズ リターンズ』(2018年)や映画『クワイエット・プレイス』(2018年)などがあります。

ナイジェル役/スタンリー・トゥッチ

スタンリー・トゥッチ
©WENN.com

ナイジェルは『ランウェイ』のアートディレクターで仕事ができるため、編集長のミランダからも一目置かれる存在です。怒られっぱなしなアンドレアからの愚痴に対しても良き聞き役になるとともに、彼女の髪型やファッションに対する的確なアドバイスを行う一面も。 ナイジェル役を演じるのは、アメリカ出身の俳優であるスタンリー・トゥッチ。彼は俳優として活躍する傍ら、監督や脚本家としても才能を発揮しています。 彼の俳優としての代表作には、映画『キャプテン・アメリカ/ザ・ファースト・アベンジャー』(2011年) や映画『トランスフォーマー/ロストエイジ』(2014年)などがあります。

映画『プラダを着た悪魔』の見どころは?

ハイブランドの服を着こなす登場人物たち

プラダを着た悪魔
©︎ 20th Century Fox/Photofest/Zeta Image

本作は舞台がファッション業界なだけあって、登場人物たちの服装はハイセンスなものばかりです。 例えば主人公・アンドレアのコーディネート。グリーンコートを纏った上にシャネルのサングラスをかけ、足元にはジュゼッペ・ザノッティのゴールドパンプスを合わせた彼女のコーディネートは、上品かつ華やかな印象を与えています。 また登場シーンでのミランダはゴージャスな黒ファーコートにプラダのバッグを持ち、編集長としての貫禄かつ気丈さを表現。 どのコーディネートも真似したくなるものばかりで、各登場キャラクターは女の子たちのミューズ的存在になっています。

観ると元気をもらえる!働く社会人に響く言葉の数々

プラダを着た悪魔
©︎ 20th Century Fox/Photofest/Zeta Image

本作には仕事に対する名言や教訓がたくさん詰まっています。働く社会人は観ると元気になれる、そんな作品なのです。 中でも社会人の心に響く名言として有名なのは、作中でナイジェルがアンドレアに放った「君は努力をしていない、グチを並べてるだけだ」という言葉。ミランダに認められず嘆くアンドレアに対してのこの言葉は一見厳しいものに見えますが、確かに的を得ています。 努力とは相手に認められて初めて認められるものだということを考えさせられ、思わず自分も頑張らなければという気持ちになりますね。

恋愛を取る?それとも仕事を取る?

プラダを着た悪魔
©︎ 20th Century Fox/Photofest/Zeta Image

仕事と恋のどちらを取るか、これは働く人にとっての永遠の悩みなのではないでしょうか。実際に本作の主人公であるアンドレアも、仕事では編集長のミランダに一目置かれ上り詰めていくものの、プライベートはボロボロな状況に陥っていきます。 仕事も恋愛の両方を手にすることができたら1番ですが、現実はそううまくいきません。そんな時に重要なのは、「自分の頭で考えて悩み抜くこと」です。自分で考えて選んだことであればどのような結果になっても、きっと納得できるはずです。 本作はそんな悩みを抱える人にはぜひ1度観て欲しい作品となっていますよ。

映画『プラダを着た悪魔』の口コミは?

実際に本作を鑑賞したユーザーの声を集めてみました。登場人物たちや映画の世界観、ストーリー展開まで、人々に愛される要素が多々詰まった作品だということがわかります。

74hisayon
74hisayon 4

ジャーナリスト志望の主人公が、有名ファッション雑誌の悪魔のような上司の元で働き、奮闘するお話。 頑張ろうって気持ちにさせてくれるし、映画でのファッションが素敵すぎる(*´∀`*) 何よりアン・ハサウェイが可愛いすぎる♡ 大好きな映画のひとつです♪

Masaki_Nakamura
Masaki_Nakamura 5

男性の僕も元気を貰える映画です。

HMworldtraveller
HMworldtraveller 4

メリル・ストリープのキャラ作りが上手くてキマってます!実際には、オーナー企業や一部の業界を除く常識的な会社それも米国なら、こんな公私混同の理不尽な指示をしようものなら即刻パワハラで訴えられかねないし、有能でも上司としてはあり得ないのでついて行く人は少ないと思う。でも、ファッション誌のカリスマ編集長という役でコメディ要素の強いこの映画の中では、ひときわ魅力的です。ミランダの、privateのことを部下に依頼する部分は嫌だけど、周りに媚びたりせず冷静にストイックに仕事に打ち込むところは好き。アンハサウェイが洗練されていくのも小気味いい。物語自体はありがちだけど、次々に展開されるファッションは見ていて楽しいし、やっぱり気分も上がる。ファッションと主演女優2人のキャスティングが、ありがちな話を救って魅力的なものにしています。

おすすめの関連作品を紹介!

ファッション雑誌の編集長を追ったドキュメンタリー映画『ファッションが教えてくれること』

2009年に公開された映画『ファッションが教えてくれたこと』。本作は映画『プラダを着た悪魔』の鬼編集長・ミランダのモデルになったとも言われている、アメリカのファッション雑誌・VOGUEのアナ・ウィンターを追ったドキュメンタリー映画です。 本作では30年以上編集長を務め、世界中のファッション界に絶大な影響力を発揮したアナと、雑誌の9月号の制作のために奔走するVOGUE編集部の様子が描かれています。 あるときは気鋭のブランドのコレクションを誌面に載せるかどうか審査するため自ら赴き、繊維会社の重役達とビジネスランチし、長年一緒に働く腹心の部下にダメ出しもするアナ。彼女の妥協のない厳しさが、1点の曇りもないVOGUEという作品を生み出していくのです。

アン・ハサウェイが女泥棒に?『オーシャンズ8』

『オーシャンズ8』
© WARNER BROS./Zeta Image

アン・ハサウェイが出演し、2018年に公開された映画『オーシャンズ8』。本作ではスタイリッシュに泥棒をこなす女性たちの姿が描かれています。 デビー・オーシャンは5年間の服役を終え、もう犯罪はしないと誓って出所しました。しかし彼女は鮮やかな手口で高級店で次々に万引きし、嘘をついて高級ホテルにチェックインします。そして彼女は5年間温めてきた計画を実行するため、友人のルーと接触しました。 その計画とはファッションの祭典メットガラで、カルティエの超高級な宝石を盗み出すこと。ファッションデザイナー、ハッカー、盗品ディーラー、スリとジュエリー職人を巻き込んで、デビーは一世一代の賭けに出ます!

仕事と仲間、そして家族について考えさせられる映画『マイ・インターン』

『マイ・インターン』
©Warner Bros./Photofest/Zeta Image

2015年公開の映画『マイ・インターン』は映画『プラダを着た悪魔』と同じく、主演をアン・ハサウェイが務めています。 ジュールズ・オースティンはキッチンから立ち上げたファッションビジネスが軌道に乗り、1年半で従業員200人を超える企業を育て上げました。多忙な彼女はオフィスの合間を自転車で駆け抜けながら部下に指示を出すほど目まぐるしい日々を過ごしています。 そんなある日シニアインターンのベン・ウィテカーが彼女の会社に雇用されますが、アナログなベンはジュールズからよく思われません。しかしベンは彼女に寄り添い献身的に力になっていきます。そして彼は次第にジュールズにとって大切な仲間になっていくのでした。

配信中のサブスクで『プラダを着た悪魔』の動画を無料で楽しもう!【公式で安全に】

本記事では映画『プラダを着た悪魔』の動画を無料で視聴できるサービス、あらすじ、キャスト、見どころ、口コミやおすすめの関連作品を紹介してきました。 ぜひ自分に合った動画配信サービスで観てみてください!