2019年4月18日更新

映画『僕に、会いたかった』でTAKAHIROが爽やかなイメージを覆す 不精ひげの漁師役披露の本編映像解禁に

『僕に、会いたかった』TAKAHIRO(たかひろ)
(C)2019「僕に、会いたかった」製作委員会

EXILEのヴォーカルのTAKAHIROが、長編映画で初の単独主演をする映画『僕に、会いたかった』。家族との絆を描く感動のヒューマンドラマとなる本作の本編映像が公開されました。あらすじやキャスト情報など、映画の最新情報を紹介します。

目次

映画『僕に、会いたかった』が公開 EXILEのTAKAHIRO主演で家族の感動の絆を描く

EXILEのヴォーカルとして絶大な人気を誇り、「HiGH&LOW」シリーズなど俳優としての顔も見せるTAKAHIROが、長編映画で初の単独主演をする映画『僕に、会いたかった』。 今回、家族との絆を描く感動作の本編映像が公開されましたので、そのあらすじやキャスト情報と合わせて最新情報を紹介します。

映画『僕に、会いたかった』のあらすじ

舞台は島根県の隠岐島。凄腕だった漁師の池田徹は、12年前のある日、漁をしている最中の嵐に遭遇する海難事故に合い、一命はとりとめたものの、目が覚めると記憶を失っていました。 事故以来、漁に一度も出ることなく、自分が何者なのか分からない恐怖に怯える日々。そんな徹を見て、母親の信子も苦しい思いにさいなまれます。 そこに、隠岐島への「島留学」として、都内から4人の高1の男女が、田舎体験も兼ねた一時的な越境入学にやってきます。そのうちの一人福間雄一が、池田家を「島親」として、しばらく3人で住むことに。

今回、公開となった本編の映像は、田舎を知らないシティーボーイの雄一を、釣りにつれていくシーン。二人はだんだんと距離を縮めていきます。 生まれながらに島育ちの生徒と、都会育ちの雄一達が、様々な悩みに葛藤しながらも、それぞれ将来に向かって成長していく姿とは対照的に、徹は相変わらず未来に一歩踏み出せないまま。 「大事なことを忘れてしまっている。いや、その大事なことすら何か分からない……」そんな苦境の思いを胸の内から吐き出す徹。 そしてある日、とうとう信子は徹の記憶を取り戻すためにある計画を実行します。果たして、徹は失った過去の自分、再会することができるのか、また針が止まってしまった徹の時計は、また動き出していくのか……。

映画『僕に、会いたかった』のキャスト

記憶を亡くした漁師、池田徹を演じるのは長編映画単独初主演のTAKAHIRO

主役の池田徹役を演じるのは、俳優としての顔も持つ、EXILEのヴォーカルTAKAHIRO。彼にとっては、今作が長編映画で初の単独主演。無精ひげ姿の凄腕漁師という、これまでのTAKAHIROのイメージを大きく覆す役どころでありながら、記憶喪失という難しい役を熱演。その母親役の信子を、経験豊富な松坂慶子が演じます。 また、実は、徹を演じたTAKAHIROは、大の釣り好き。4月9日(火)に行われた舞台挨拶上でも、撮影の空き時間に釣りを楽しんでいたというエピソードを語る程で、本作の釣りシーンでは存分にその実力を発揮し、まさに徹になりきって実演しています。

都会っ子の高校生、福間雄一を演じるのは注目の若手俳優、板垣瑞生

島留学で都会から島へやって来てすぐに徹と釣りに出かける雄一を演じるのは、今注目の若手俳優の板垣瑞生です。 映画『ソロモンの偽証 前編・後編』や『響HIBIKI-』などの映画に出演し、今後の活躍に注目の俳優です。

映画『僕に、会いたかった』は2019年05月10日より全国ロードショー

映画『僕に、会いたかった』は、2019年5月10日から順次全国公開です。