ウッディの本名や名言など意外と知られていない8のこと!

2017年5月1日更新 14030view

『トイ・ストーリー』シリーズの主人公でカウボーイ人形のウッディ。彼の本名など、意外と知られていないトリビアを集めてみました。これを読めば、さらにウッディが好きになること間違いなしです。

1.まずはウッディについて紹介!本名を知ってる?

Reach for the dusk sky! ?

Pixar Animation Studiosさん(@pixar)がシェアした投稿 -

『トイ・ストーリー』シリーズで少年アンディのお気に入りのおもちゃ/親友であるウッディについて、映画を見ているだけではわかりにくいプロフィールをご紹介しましょう。

本名と、アンディとの出会い

Heart & sole. ?? #VansxDisneyPixar | ?: @disneystyle

Pixar Animation Studiosさん(@pixar)がシェアした投稿 -

ウッディの本名はウッディ・プライドで職業は保安官、1950年代にテレビ放映された人形劇『ウッディのラウンドアップ』の主人公でした。『トイ・ストーリー2』に登場するカウガールのジェシーや馬のブルズアイはこの番組の登場人物です。

少年アンディのお気に入りのおもちゃですが、もともとは彼の父親が『ウッディのラウンドアップ』が放送されていた50年代後半から持っていたものです。80年代後半にアンディが幼稚園に入園したとき、父から譲り受けました。その後、アンディの妹モリーが生まれて間もなく父親は亡くなってしまい、アンディと父親をつなぐ数少ない絆の象徴ともなっています。

ウッディの性格

Impressive sing-span! ? #InsidePixar Soar to new creative heights with @disneystore's #SoThisIsLove photo challenge.

Pixar Animation Studiosさん(@pixar)がシェアした投稿 -

『トイストーリー』シリーズから見て取れるように、ウッディは持ち主のアンディをとても愛し、また愛されることを願っています。同時に他のおもちゃたちにも誠実で、強いリーダーシップを発揮しています。こういった彼の性格は先ほど紹介した『ウッディのラウンドアップ』のなかで示されていたもので、人形劇のストーリー上の性格がおもちゃにも宿っていることがわかりますね。

2.トイ・ストーリーだけじゃないウッディの出演作!

バグズ・ライフ [DVD]

トイ・ストーリーには多くの短編やテレビアニメがありますが、ウッディはその他の作品にもカメオ出演しています。

『バグズ・ライフ』(1998)

ピクサー映画では、エンドロール中にNG集が流れることがよくありますが、『バグズ・ライフ』のNG集にウッディはカメオ出演しています。ウッディはスタッフ役で、カチンコを逆さまに持ってカメラに写り込んでしまいます。

『カーズ』(2006)

ピクサー作品『カーズ』では、車たちが映画を楽しむドライブインシアターで、様々なピクサー映画のパロディが上映されています。そのなかには『トイ・ストーリー』の車バージョン『トイカー・ストーリー』という映画があり、ミニカーバージョンのウッディが出演しています。

3.トイ・ストーリー4にも期待!

40ピース 子供向けパズル トイ・ストーリー おもちゃがいっぱい チャイルドパズル

2018年には『トイ・ストーリー4』の公開が決定しています。

今回は、ウッディとバズが、ひとりだけもらわれていってしまったおもちゃ、ボー・ピープを連れ戻すため冒険に出る話になるようです。

ポー・ピープはマザーグースの一節『ちっちゃな羊飼い』をもとにした陶器の人形です。また、彼女はウッディのガールフレンドでもあり、今回の救出劇にはウッディの活躍が大いに期待されています。

4.ウッディの英語版声優はトム・ハンクス!

トム・ハンクス

ご存知の方も多いかもしれませんが、ウッディの声はアカデミー賞俳優のトム・ハンクスが担当しています。

ハンクスは、2011年に英BBCのトーク番組『グラハム・ノートン・ショー』に出演した際、司会のノートンから「声優の方が簡単だと思ったけど、実際は難しかった?」と聞かれ、「とても楽しいけど、すごく難しい仕事なんだ」とウッディを演じることについて語っています。

また、長期間に及ぶ録音作業も大変だったようで「制作を始めてから完成まで4年ほどかかったんだけど、その間6ヶ月ごとに録音作業を行うんだよ。毎回18種類ぐらいのセリフを録音していた」と当時を振り返りました。

5.トム・ハンクスがトイ・ストーリー4について語る

トム・ハンクス フォレストガンプ

『トイ・ストーリー4』の進行具合について、2015年11月放送の『グラハム・ノートン・ショー』でトム・ハンクスは次のように語りました。

「『トイ・ストーリー4』のために収録を行っているところだよ。2018年には公開になるんだ。かなり時間がかかっているよ。現在進行中で僕は12月2日に収録があるよ」

また、製作中の映画に言及することについて、スタジオとのこんなやりとりも披露しています。

「以前ね、誰かが僕にマイクを向けて『トイ・ストーリー4は製作されますか?』って聞いてきたから『うん。そうだと思うよ』って答えたんだ」「そしたら次の日、ディスニーから電話がかかってきて『契約上トイ・ストーリー4について話すことは禁止されています。そしてこれはディズニー・コミックの株価に影響を及ぼします』って言われたんだよ。だから僕は『ごめんなさい』ってとりあえず言っておいたよ」

6.日本では声優を唐沢寿明が担当!

唐沢寿明

『トイ・ストーリー』シリーズの日本語吹き替え版では、俳優の唐沢寿明がウッディ役を担当しています。唐沢にとってこれが初めての声優の仕事でしたが、その実力を存分に発揮しました。

また、2015年の『トイストーリー』20周年に際して唐沢は「最近、小さなお子さんを連れたお母さんたちが、子どもたちに僕のことを、『ほら、ウッディだよ』と言ったりするんです」とコメントを寄せています。

7.ウッディの名言を一挙公開!

「あんたは俺の相棒だぜ」

ウッディの背中についた紐を引っ張るとしゃぺるセリフのひとつです。他にも「銃を捨てろ、手ぇあげな!」「この町は俺たち2人が住むには狭すぎるぜ!」「俺のブーツにゃガラガラヘビ!」など、全部で8種類のセリフがあります。

「アンディはあんたを最高だと思ってる。でもそれはスペース・レンジャーだからじゃない。あんたがおもちゃだからだ。アンディのおもちゃだからだ!」

ディズニー トイ・ストーリー リアルサイズインタラクティブ トーキングフィギュア バズ・ライトイヤー

自分が本物のスペース・レンジャーではなくおもちゃだということを知り、落ち込むバズを励ますために言ったひとことです。アンディのおもちゃであることを誇りに思っているウッディならではのセリフですね。

「アンディが俺たちを必要とするときに役に立てばいいんだ」

『トイ・ストーリー3』でアンディが大学進学で家を離れることになり、おもちゃたちが屋根裏にしまわれそうになったときに言ったひとことです。ウッディは大学の寮に連れて行ってもらえる予定だったので、他のおもちゃのなかには反発を覚えたものもいましたが、アンディを信じているからこそ、屋根裏でもみんなに家にいてほしかったのではないでしょうか。

「あばよ……相棒」

『トイ・ストーリー3』でウッディがアンディにかけた最後のひとことです。おもちゃたちを近所の女の子ボニーに譲り渡すことにしたアンディは、ウッディだけは大学に連れていくつもりだったので、他のおもちゃたちと一緒に段ボール箱に入っていたウッディを見つけて驚きました。アンディはおもちゃたちをひとつひとつボニーに紹介し、「みんなのこと、大事にするって約束してくれるかな。僕の……宝物なんだ」とおもちゃたちを託して旅立っていきました。

8.ウッディのレゴシリーズが胸熱!

『トイ・ストーリー』シリーズのレゴセットはいくつか発売されていますが、ウッディを中心としたセットはとても人気があります。

ウッディのいっせいけんきょ

レゴ トイ・ストーリー ウッディのいっせいけんきょ 7594 [並行輸入品]

『トイ・ストーリー2』で明らかになったウッディのもととなった人形劇『ウッディのラウンドアップ』をモチーフにしたものです。これには、ウッディやジェシー、ブルズアイ、プリスペクターのミニフィグと保安官事務所、刑務所、鉱山のレゴがセットになっています。

西部劇っぽい雰囲気が素敵ですね。

ウッディとバズが救出に出動!

レゴ (LEGO) トイ・ストーリー ウッディとバズが救出に出動! 7590

第1作目『トイ・ストーリー』の名場面を元にしたレゴセットです。これはウッディと背中にロケット花火をつけられたバズのミニフィグ、ラジコンのレーシングカーを組み立てられるレゴが入っています。

ラジコンを組み立てて、名場面を再現できるのは楽しそうですね。

ゴミ処理場からの脱出

レゴ (LEGO) トイ・ストーリー ゴミ処理場からの脱出 7596

『トイ・ストーリー3』のワンシーンをモチーフにしたセットで、ウッディ、ぶたの貯金箱のハム、ピンクのクマのロッツォ、エイリアンのミニフィグが2つ入っています。また、ゴミ処理場のクレーンやクロー、ベルトコンベアを組み立てられるレゴが付属されています。

『トイ・ストーリー』シリーズのレゴはミニフィグがかわいいと評判もよく、現在はプレミアがついているものも多いようです。

2018年の新作の公開まで、過去作を見直すなどしてウッディの魅力を再発見するのもいいかもしれませんね!