2019年9月6日更新

アリエルはなぜ赤髪?実写化決定の人魚姫について声優や歌など徹底紹介

リトル・マーメイド
© Photofest/zetaimage

世界一可愛くて有名な人魚姫といえば、アリエルを思い浮かべる人が多くいるのではないでしょうか。今回はそんな彼女について、性格や声優、実写化キャストに加えて、アリエルが歌った歌など徹底紹介します。さらには、知られざるトリビアも紹介。

アリエル、実写化も決定した世界一可愛い人魚姫を徹底紹介

リトル・マーメイド
© Photofest/zetaimage

赤い髪に絶妙なエメラルドグリーンの尾を持つディズニープリンセス、アリエル。2019年9月現在、公開年は未定ですが実写化も決定しており、再びその人気が爆発する予感しかありません。 この記事では彼女のプロフィールや声優、そして実写化キャストなどを徹底的に紹介していきます。

人間の世界に憧れる人魚姫・アリエルのプロフィール

リトル・マーメイド
© Photofest/zetaimage

まずはアリエルの簡単なプロフィールを紹介します。アリエルは海の王国の長・トリトンと女王アテネの娘で、六人の姉がいます。年齢は推定16歳。好奇心旺盛な性格で、人間の世界に憧れを持っています。 エリック王子に恋をしたことで、人間になりたいという気持ちが膨らみ、魔女アースラと契約。足を手に入れた代わりに声を失ってしまいます。それでも人間として王子と楽しい時間を過ごしますが、魔法で美女となったアースラが王子を惑わしたり、トリトンの王座を奪ったりと様々な試練が降りかかります。 しかしエリックがアースラを倒し、再び平和が訪れます。そして、二人の仲を許したトリトンはアリエルを人間の姿に変身させ、エリックとアリエルは結ばれるのでした。

声優はミュージカル出身女優。日本語吹き替えはディズニーヒロイン常連

『リトル・マーメイド』でアリエルの声を務めたのは、ジョディ・ベンソン。ベンソンはミュージカル女優で、1986年にブロードウェイのミュージカル『Smile』で「Disneyland」を歌いました。 作詞のハワード・アシュマンが『Smile』に出演していた女優全員を『リトル・マーメイド』のオーディションに参加させ、その結果ベンソンがアリエル役を射止めました。 ベンソンは『リトル・マーメイド』のほか、「リトル・マーメイドⅡ」や「リトル・マーメイドⅢ」といった続編でもアリエルの声を担当しています。ちなみに日本語吹き替えは、ムーランやオーロラ姫の声も担当している、すずきまゆみが演じています。

モデルがいた!

映画『コマンドー』でアーノルド・シュワルツェネッガーの娘役を演じ、絶賛されたアリッサ・ミラノ。彼女がアリエルのデザインのモデルになりました。 また、アリエルの動きのモデルはアメリカ出身の女優のシェリー・ストーナー。アリエルが前髪をふ〜っと息で払う仕草や緊張で手が震える様子は、彼女の動きが採用されました。

実写版アリエル役にはアフリカ系歌手ハリー・ベイリーに決定

ハリー・ベイリー、ハル・ベイリー
©Adriana M. Barraza/WENN.com/zetaimage

シンデレラやベルなど、これまで様々なディズニープリンセスが実写化されましたが、ついにアリエルもリアルの世界に!見事主演を射止めたのは姉妹ユニット「クロイ&ハリー」の妹ハリー・ベイリーです。 彼女はアフリカ系であるため、アリエルのイメージとは違うと批判する人も。しかし一方で祝福する声も多く、アリアナ・グランデやハル・ベリーなど著名人から新たなアリエルの誕生に拍手が送られました。 さらにディズニーの傘下企業が運営するテレビ局「フリーフォーム」によると、彼女が選ばれた理由は「極めて優れていて革新的で才能に溢れている」からだそう。実写化されるアリエルもそんなキャラクターであることが予想されます。

歌唱力はピカイチ。アリエルが歌った曲

「パート・オブ・ユア・ワールド」

『リトル・マーメイド』の中で一、二を争うほどの有名曲。「足を手に入れて道を歩きたい」という気持ちと、そうもいかない現実の間の気持ちを表した歌詞となっています。 ちなみに、このシーンで登場する絵画は実際に存在するもの。フランスの画家ジョルジュ・ド・ラ・トゥールの『悔悛するマグダラのマリア』という絵です。ちなみに、東京ディズニーシーのマーメイド・ラグーンでもこの絵画を見つけることができます。

アリエルに関するトリビア/裏話【「アリエル色」って知ってる?】

1.アリエルが赤い髪になった意外な理由

リトル・マーメイド
©T.C.D / VISUAL Press Agency

アリエルといえば赤い髪が象徴的ですが、彼女の赤髪はロン・ハワード監督の映画『スプラッシュ』の人魚姫と差別化を図るためだったと言われています。 また、ウォルト・ディズニーがアンデルセンの『人魚姫』をアニメ化しようと考え始めた1940年代当初は、アリエルは黒い髪で青い尻尾の設定だったそうです。

2.30年ぶり&初の姉妹がいるプリンセス

ディズニー映画『リトル・マーメイド』が公開されたのは1989年。プリンセスが登場する童話を元にしたディズニー映画は1959年、オーロラ姫が主人公の『眠れる森の美女』以来実に30年振りでした。 また、『白雪姫』から『アナと雪の女王』までの13人のプリンセスの内、兄弟がいるのはアリエル、メリダ、エルサとアナ。2012年に三つ子の弟がいるメリダが登場するまでは、唯一の兄弟(姉妹)がいるキャラクターでした。 ちなみに、アリエルは7人姉妹の末っ子で、6人の姉の名前はそれぞれアティーナ(長女)、アラーナ(次女)、アデーラ(三女)、アクアータ(四女)、アリスタ(五女)、アンドリーナ(六女)です。

3.デンマークの像と同じポーズ!?

リトル・マーメイド
© Photofest/zetaimage

『リトル・マーメイド』の中にアリエルが岩の上にいる有名なシーンがありますが、この場面はデンマークのコペンハーゲンハーバーにある人魚姫の像をモチーフにしています。 ただ、実際の人魚姫の像は「世界三大がっかり像」と言われているもの。そんな残念な像をここまで象徴的なモチーフにしたディズニー……。さすがです。

4.色名「アリエル」が存在する

アリエルの美しいエメラルドグリーンの尾。この色は『リトル・マーメイド』を作成するに辺り新たに調合された色なんです。スタジオでは、アリエルの赤い髪の毛に合うような色を何度も考案。 こうして生まれた青と緑の混ざった色をスタジオでは「アリエル」と呼ぶようになったのだと言います。

アリエルの可愛さはしっかり練られたものだった

美しい赤髪や、エメラルドグリーンの尾、独特の動きなどにはきちんとした意図が込められていました。つまり、アリエルの可愛さは製作陣の努力の現れだったのです。 2019年9月現在、まだ公開年やその他のキャストは未定ですが、今後実写化に関する情報も解禁されていきます。きっとハリー・ベイリー演じる実写版アリエルも、私たちをときめかせてくれることでしょう!