2019年8月6日更新

ハリー・ベイリーが実写アリエルに抜擢!『リトル・マーメイド』出演の注目歌手について知っておきたい5つのこと

ハリー・ベイリー、ハル・ベイリー
©Adriana M. Barraza/WENN.com/zetaimage

ディズニーの名作アニメ『リトル・マーメイド』実写版で、アリエル役に抜擢された実力派歌手ハリー・ベイリー。注目を集める彼女について、知っておきたいこと5つを紹介します。

『リトル・マーメイド』実写版アリエルに抜擢されたハリー・ベイリーを紹介

ハリー・ベイリー、ハル・ベイリー
©Adriana M. Barraza/WENN.com/zetaimage

ディズニーがアンデルセン童話『人魚姫』をモチーフとして1989年に製作したアニメ『リトル・マーメイド』。主人公の人魚姫アリエルの愛らしさや、結末の大胆なアレンジがディズニーらしさを感じさせる“ディズニー・ルネッサンス”の名作として知られています。 ディズニーによる名作アニメの実写化が盛んに行われている今、いよいよ『リトル・マーメイド』も実写版の製作が決定。アリエル役が誰に決まるのかが最大の関心事でしたが、ここへきて19歳の黒人歌手ハリー・ベイリーが抜擢され、世間の注目を一手に集めました。 今回はアリエル役に決まったハリー・ベイリーについて、実写映画『リトル・マーメイド』がお披露目される前に知っておきたいことを紹介していきます。

1. ハリー・ベイリーのプロフィール

ハリー・ベイリーは身長157センチ、2000年3月27日生まれ、ジョージア州アトランタ出身の歌手・女優です。姉のクロエとともにR&Bデュオ「Chloe×Halle(クロエ&ハリー)」として活躍しており、グラミー賞新人賞にもノミネートされている若手実力派歌手です。 クロエ&ハリーとして初めは、ビヨンセの曲をカバーしてYouTubeにアップしていました。それを見たビヨンセが惚れ込み、自身のレーベル「パークウッド・エンターテイメント社」に招いたといいます。 2016年にデビューEP『Sugar Symphony』、翌年にアルバム『The Two of Us』をリリース。2019年にはスーパーボウルでも歌声を披露し、ビヨンセのツアーでオープニングアクトを務めました。 歌手活動だけでなく、2018年にはテレビのコメディドラマ『Grown-ish (原題)』で女優業にも進出しています。

2. 2019年、ディズニー製作の実写アリエルに大抜擢!

クロエ&ハリーとしての音楽活動も順調な中、その歌唱力を見込まれて実写版のアリエル役に抜擢されます。 実写版『リトル・マーメイド』の監督を務めるロブ・マーシャルは、幅広くアリエル役の候補を探した上で、「ハリーは精神、心、若さ、純粋さ、実体を兼ね備えた珍しい人で、素晴らしい歌声の持ち主」と、彼女のポテンシャルを高く評価しています。 2019年6月にハリーのアリエル役起用が発表され、何より喜んだのはハリー本人!自身のSNSで「夢が叶った……。」とつぶやき、黒髪・褐色の肌のアリエルのイメージをシェアしました。

3. 実写『リトル・マーメイド』出演について反響や批判が殺到している!?

ハリー・ベイリーがアリエル役に決まったことで、世間の注目は一気にハリーへ!実写版ディズニープリンセスに黒人歌手が起用されるのは、かなり異例なこと。発表当初はこのキャスティングについて、SNSで賛否両論が巻き起こりました。 批判の多くは、アニメ『リトル・マーメイド』のファンから。アニメのアリエルは赤髪の白人であるため「#NotMyAriel(私のアリエルではない)」というハッシュタグまで出現し、アリエルは“白人”であるべきと主張しました。 しかしこの意見には著名人を中心に反論も多く、同じくアフリカ系の血を引くアリアナ・グランデや、アリエル役の候補に名が挙がったゼンデイヤもこのキャスティングに賞賛を送っています。さらにアニメ版でアリエル役を務めた声優ジョディ・ベンソンは、「大切なのはキャラクターのスピリット」だと語って反論しました。

4. クロエ&ハリーとして活動中。歌唱力がすごい

ビヨンセのお墨付きもあるクロイ&ハリーの歌唱力。2011年頃からYouTubeで活動を始め、2017年のアルバム『The Two of Us』は、音楽誌「ローリング・ストーンズ」でその年のベストR&Bアルバムの1枚に選ばれています。 2018年には本格的なデビューアルバムとなる『The Kids Are Alright』をリリースし、2019年グラミー賞で最優秀新人賞にもノミネートされました。10代とは思えないほど洗練された音楽性は高い評価を得ており、まさに今、若手実力派R&B歌手として注目を集め始めています。

5. 過去にディズニー映画で歌っていたハリー・ベイリー

ハリー・ベイリーは実写版『リトル・マーメイド』で初めてディズニー映画に出演することになるのですが、実は歌ではすでにディズニー映画と縁が! アルバム『The Kids Are Alright』に収録されている「Warrior」が、2018年のディズニー映画『リンクル・イン・タイム』の挿入歌として選ばれています。 「Warrior」のMVには映画のシーンも映し出され、クロイ&ハリーの圧倒的な歌唱力とともに見応えある映像となっています。

ハリー・ベイリーはどんな実写アリエルを見せてくれる?

異例のキャスティングとなったハリー・ベイリーのアリエル抜擢。映画界も人種の多様性を求められる傾向にある中、ついに実写ディズニープリンセスに黒人女優が選ばれる時代になったと感慨深いものがあります。 アニメ版とは違った実写版となることは間違いなく、圧倒的な歌唱力も持つハリーが演じるアリエルは、きっと素晴らしい歌声で魅了してくれるでしょう。アリエルが歌う劇中歌「パート・オブ・ユア・ワールド」も楽しみですね!