2019年11月13日更新

ドラマ『恋はつづくよどこまでも』あらすじ・キャストを紹介 佐藤健が超ドS医師に扮する【ネタバレ注意】

『恋はつづくよどこまでも』原作コミック(円城寺マキ)

上白石萌音演じる新米ナースが、恋に仕事に猪突猛進で駆け抜けるラブコメディ『恋はつづくよどこまでも』が、2020年1月から放送開始に。本作のあらすじやキャスト、原作の概要などドラマの情報を一挙にお届けします!

目次

ドラマ『恋はつづくよどこまでも』放送決定!ドS医師と新米ナースの恋の行方を描くラブコメ

上白石萌音が主演を務めるドラマ『恋はつづくよどこまでも』が、2020年1月からTBS系列にて放送されます。 円城寺マキによる同名少女マンガを原作としたこのドラマは、完璧主義者で“超ドS”のドクター・天堂浬に恋する新米ナース・佐倉七瀬が、恋に仕事にまっすぐ突き進むラブコメディ。 期待の新ドラマ『恋はつづくよどこまでも』は、いったいどんな作品になるのでしょうか。ドラマのあらすじから原作のネタバレ、キャストなど最新情報をお届けします。 ※本記事には漫画『恋はつづくよどこまでも』のネタバレ情報を含みます。未読の方はご注意ください。

『恋はつづくよどこまでも』のあらすじを紹介

偶然の出会いから医師・天堂浬に恋をした佐倉七瀬は、猛勉強のすえ晴れて看護師になります。5年越しの再会を果たすも、天堂は七瀬の思っていた人物像とはまったく違い、周囲から「魔王」と恐れられる完璧主義の超ドSな医師でした。 それでも恋に仕事にまっすぐに突き進む七瀬は、病院内で一躍有名になり先輩たちから「勇者」と呼ばれるように。また、実は天堂が「魔王」のようになったのには、ある悲しい理由があって……。 果たして七瀬は天堂の心を溶かし、「勇者」と「魔王」の黄金カップル誕生となるのでしょうか!?

円城寺マキによる胸キュン少女マンガ 原作の結末を紹介【ネタバレ注意!】

『恋はつづくよどこまでも』は、小学館プチコミックに掲載された円城寺マキによる同名少女マンガが原作です。 原作者の円城寺マキが、ドラマの公式サイトに寄せたコメントによると、主人公の「勇者」七瀬は、いい意味での「お馬鹿」女子として描いたつもりだとか。また円成寺は、「(天堂は)原作では七瀬に感化され?ラストに向かうにつれ徐々に「お馬鹿」になっていきます。……のですが、ドラマでは果たしてどうなるのでしょうか?」と期待を語っています。

【ネタバレ】原作の結末は!?

ドラマのあらすじは、基本的に原作コミックと同じです。 天堂に憧れて看護師になったものの、彼のドSぶりにショックを受ける七瀬。しかし、患者に対しては優しく真摯に接する彼の姿を見て、医療に携わるものとして尊敬するようにもなっていきます。早く天堂に認められる看護師になりたいと奮闘する七瀬は、誰からも愛される存在になっていきました。

しかし、あるとき患者が亡くなり、彼女は大きなショックを受けてしまいます。そんな七瀬に、天堂は「治療」と称して突然キスをします。こうしてふたりの仲は急接近するのでした。 少しずつ近づいていく七瀬と天堂でしたが、その後、七瀬は天堂が「魔王」と呼ばれるほどの“超ドS”になったのは、過去に彼の恋人が病で亡くなったことが原因だと知ります。しかし、七瀬は天堂がその恋人を忘れられないことは覚悟のうえで付き合うことにします。やがて天堂は海外留学が決まり、ふたりは遠距離恋愛をすることに。 帰国したら七瀬と結婚するつもりだという天堂に対し、地方で病院を経営している彼の父は、天堂には縁組をさせるつもりであり、七瀬との結婚を認めようとしません。しかし天堂は、いくら父親といえども誰かのいいなりになる性格ではありませんでした。 3年後、天堂が帰国する日。七瀬は空港まで迎えに行くつもりでしたが、急患が入りふたりはすれ違ってしまいます。なんとか再会した七瀬と天堂は、同じタイミングでプロポーズするのでした。

佐藤健が超ドS医師、上白石萌音が初のナース役に挑戦!メインキャストを紹介

上白石萌音/佐倉七瀬(さくら・ななせ)役

本作の主人公・佐倉七瀬を演じるのは、上白石萌音。七瀬は恋に仕事に猪突猛進な23歳の新米ナースです。5年前のある出来事で若い男性医師に一目ぼれした七瀬は、彼を追いかけて晴れて看護師になります。しかし、ようやく再会を果たした“運命の相手”は、彼女が思い描いていたのは全く違う、超ドSなドクターだったのです。 七瀬を演じるにあたって上白石はドラマの公式サイトにて、「私が演じる七瀬は、恋だけじゃなくて、人として、ナースとして成長したいという思いが徐々に芽生えてくるので、男性としての憧れと、医療の現場で働く人としての憧れという2つの想いを持って天堂先生を追いかけているんだと感じたので、七瀬と共に自分自身も成長したいと思っています。」とコメント。 共演の佐藤健については「実際にお会いしたらマイナスイオンのような……自然に漂って溶け込むような方だと思いました。そんな健さんが、どんなドSになるのか楽しみです(笑)。」と語っています。

佐藤健/天堂浬(てんどう・かいり)役

七瀬が恋する医師・天堂浬を演じるのは佐藤健です。天堂は、容姿端麗で頭脳明晰、しかしストイックすぎるあまり自分にも周囲の人間にも厳しい“超ドS”な性格です。一緒に働く看護師たちからは「魔王」と呼ばれ、恐れられています。 本作で演じる天堂について、佐藤はドSの“S”はストイックの“S”と説明を受けたそうで、「日々命と向き合わなくてはならない医療の現場に身を置いており、ストイックにならざるを得ない……その結果、自分にも人にも厳しくしすぎてしまうところのある人物なのかなと捉えています」とドラマの公式サイトでコメントしています。 また、「上白石さんが演じる七瀬は、きっと誰からも愛されるキャラクターになると思います。だから逆に僕が嫌われないように(笑)。ぜひ二人セットで応援していただけるように頑張りたいです」と意気込みを語りました。

TBS火曜ドラマ『恋はつづくよどこまでも』は2020年1月放送開始

上白石萌音と佐藤健がおくるツンデレ胸キュン・ラブコメディ『恋はつづくよどこまでも』は、2020年1月、毎週火曜日よる10時からTBS系列で放送スタートです! 「勇者」七瀬と「魔王」天堂の恋は、いったいどんな結末に向かっていくのでしょうか。