2019年12月3日更新

ドラマ『浦安鉄筋家族』で地上波ギリギリに挑戦!佐藤二朗が大沢木大鉄に扮する【2020年4月放送開始】

『よりぬき!浦安鉄筋家族 7 大鉄テキトー編』大沢木大鉄

大人気ギャグ漫画『浦安鉄筋家族』がまさかのドラマ化。あのドタバタ不条理ギャグがどのように実写化されるのでしょうか。この記事では、最新情報やキャスト・スタッフについて紹介します。

目次

『浦安鉄筋家族』がまさかのドラマ化決定!本当に実写化可能なの??

佐藤二朗主演のドラマ『浦安鉄筋家族』が、2020年4月からテレビ東京系にて、毎週金曜よる24時12分から放送されます。 浜岡賢次によるギャグ漫画『浦安鉄筋家族』を原作に、「おっさんずラブ」シリーズで知られる瑠東東一郎の監督による実写化です。 この記事ではあらすじやキャストなど最新情報を紹介します。

原作の伝説的ギャグ漫画『浦安鉄筋家族』とは

原作の主人公はドラマで佐藤二朗が演じる大沢木大鉄ではなく、息子の小鉄です。『浦安鉄筋家族』はこの超絶おバカ元気少年の小鉄を中心とした、千葉県浦安を舞台とするドタバタギャグマンガ。タイトルを変えながら、25年以上連載しています。 強烈で変態的な個性を持ったキャラクターたちが登場し、実在する人物などのパロディも多分に盛り込まれているのが特徴。またギャグやセリフ、擬音も独特のものとなっています。 際どいパロディやぶっ飛んだ展開が数多く存在するため、ファンは今回の実写化に驚かされました。 作者の浜岡は、実写化は絶対無理だと思ったものの、佐藤の配役はイメージ通りとのこと。また汚いドラマになったらごめんなさいとも、ドラマの公式サイトにてコメントしています。

主人公・大沢木大鉄を演じるのは佐藤二朗 福田雄一作品常連の名バイプレーヤー

佐藤二朗/大沢木大鉄(おおさわぎ だいてつ)役

ドラマで主人公の大沢木大鉄を演じるのは、佐藤二朗です。ドラマ「勇者ヨシヒコ」シリーズなど、コミカルな作品に多く出演している佐藤が、また新たなコメディに挑戦します。 大鉄は小鉄の父親にして、大沢木家の大黒柱です。自営業のタクシー運転手として働いていますが、性格は超テキトー。タバコをこよなく愛しており、作中ではカートンに入ったままのタバコをそのまま吸う「カートン吸い」をしたことも。 佐藤は大鉄が「とにかく超テキトーでだらしがない人」ということから、「精神年齢8歳の50歳児」な自分なら、役作りも演じることも不要だとコメントしています。

監督は「おっさんずラブ」の瑠東東一郎(るとう とういちろう)

おっさんずラブ

監督を務めるのは、「おっさんずラブ」シリーズで知られる瑠東東一郎(るとう とういちろう)です。プロデューサーから「テレ東史上最大の問題作にして下さい」と言われ、瑠東は「そんなオーダーのパターンある?」と思ったそう。 そんな瑠東は、『浦安鉄筋家族』を前代未聞の問題作に昇華させた上で、「笑い」の奥に家族ならではの「やわらかいもの」を描ければとコメントしています。 脚本はヨーロッパ企画の上田誠が担当。ヨーロッパ企画は京都を中心に活動する劇団ですが、劇団の枠を超えて活躍しているのが特徴です。上田はヨーロッパ企画を主宰しており、アニメ「四畳半神話大系」や「夜は短し歩けよ乙女」などの作品にも脚本として参加しています。 上田はドラマ化できないギャグや、可能なものの数億円かかるシーンが山ほど出てくる原作を、登場人物の生活に注目したホームコメディに仕上げられたらとコメントしています。

ドラマ『浦安鉄筋家族』は2020年4月より放送開始 小鉄、土井津仁などその他キャスティングも気になるところ

ドラマ『浦安鉄筋家族』は2020年4月から、毎週金曜よる24時12分からテレビ東京系にて放送予定です。 実写化不可能とされていた大人気ギャグ漫画『浦安鉄筋家族』がどのように実写で描かれるのか、そのギリギリのドラマ化に注目が集まります。