福田雄一作品にハズレなし!いつの間にか惹きこまれる12作品を紹介!【爆笑必至】

2017年6月10日更新 25386view

人気放送作家・福田雄一は、『勇者ヨシヒコシリーズ』や映画『HK変態仮面』などコメディ作品に定評があります。2017年には人気コミック『銀魂』『斉木楠雄のΨ難』を実写化!福田雄一が監督・脚本などを手掛けた魅力的な12作品を紹介します!

福田雄一の脚本が面白い!魅力的な世界感の虜になること間違いなし

福田雄一は『笑っていいとも!』『いきなり!黄金伝説』など数多くの高視聴率番組を手掛けてきた人気放送作家です。バラエティー番組だけではなく、ドラマや映画の脚本・演出、監督まで幅広いジャンルで活躍しています。

子供の頃からお笑いが好きだったという福田の作品はコメディー色が強く、『33分探偵』や『勇者ヨシヒコ』シリーズなど、クスリと笑わせてくれる独特の世界観が魅力です。くだらないけどクセになる、そんな作品が多いようです。

“福田組”として作品に複数回登場する個性俳優が魅力

福田雄一は自分の作品に出たことのある俳優を「自分の持っている劇団の劇団員」と捉えているようで、彼の手がけた作品に複数回出演するお馴染みの俳優がいます。

代表的な福田組俳優といわれているのが、『勇者ヨシヒコ』シリーズや『銀魂』などの話題作に出演している佐藤二朗やムロツヨシ。山田孝之や新井浩文ら実力派俳優も頻繁に出演しています。

また最近では山崎賢人や橋本環奈、菅田将暉など若手俳優の魅力を引き出すのも福田の得意なところ。お馴染みの俳優がいるからこそ彼の作品には彼の色が出やすいのではないでしょうか。

それでは、福田雄一が手掛けた12作品を、映画とドラマ取り混ぜ年代順に紹介します。心が疲れ、少しばかり笑いが必要な時におすすめです。

1.フリーター3人組の深夜の日常を描く脱力系ドラマ『THE3名様』【2005年】

THE3名様

『THE3名様』は、『ビッグコミックスピリッツ』に連載されていた石原まこちん原作の漫画を実写化し、DVDとして発売されたものです。

「ジヤンボ」「まっつん」「ミッキー」ら3人の同級生は、いい年になってもいまだフリーター。その3人組が毎晩のようにファミレスに集まり、ダラダラとトークを繰り広げます。3人組には、俳優の佐藤隆太、岡田義徳、塚本高史がキャスティングされました。

2.人気ブログの映画化!楽しかった青春時代の思い出が甦る『ぼくたちと駐在さんの700日戦争』【2008年】

人気ブログを元に、2008年に映画化されました。監督を務めたのは塚本連平、福田は脚本を担当し、市原隼人や佐々木蔵之介、賀来賢人らが出演しています。

ある田舎町でイタズラ好きの男子高校生たちと駐在所のお巡りさんが、くだらないけど真剣にイタズラ攻防バトルを繰り広げる青春コメディです。

3.犯人がバレても名推理!?異色の推理ドラマ『33分探偵』【2008年】

33分探偵

フジテレビ系列で放送されたドラマ『33分探偵』は、堂本剛演じる主人公の探偵鞍馬六郎が、放送開始すぐに犯人が判明しているにもかかわらず、事件に深入りし名推理を繰り広げながら、CM時間を除いた放送時間33分を持たせる異色のドラマです。福田悠一は脚本・演出・原案のすべてを担当しています。

続編で2009年に『帰ってこさせられた33分探偵』が放送されました。

4.マドンナをめぐり真冬の海で熱いバトル!クリスマスおすすめ映画『大洗にも星はふるなり』【2009年】

クリスマスが近いある冬の日に、夏の思い出がつまる海の家「江の島」で個性豊かな男7人がマドンナをめぐり熾烈な争いを繰り広げるコメディ映画です。主役を山田孝之が務め、マドンナを戸田恵梨香が演じます。

原作は、福田雄一が座長を務める劇団ブラボーカンパニーの舞台劇で、映画版でも監督と脚本を務めています。

5.今までになかった冒険活劇!人気ドラマシリーズ『勇者ヨシヒコと魔王の城』【2011年】

勇者ヨシヒコと魔王の城

福田雄一が手掛け、テレビ東京系列で放送されたドラマ『勇者ヨシヒコと魔王の城』は、人気ゲーム「ドラゴンクエスト」のパロディ。山田孝之演じる主人公のヨシヒコが3人の仲間たちと共に魔王を倒すために旅をするコメディです。山田孝之のほかムロツヨシや木南晴夏、大物俳優宅間伸らが出演。低予算で制作されており、戦闘シーンなどのつくりはツッコミどころ満載です。

人気があったため2012年に続編『勇者ヨシヒコと悪霊の鍵』が放送され、2016年には第3章となる『勇者ヨシヒコと導かれし七人』が放送されています。

6.シュールな設定ながらあまりの可愛さに大人気!映画『コドモ警察』【2013年】

悪の組織「レッドヴィーナス」によって子供の姿にかえられた刑事たちが犯人を追うコミカルな刑事ドラマの劇場版です。異例の登場人物はほとんど子供。鈴木福や本田望結ら人気子役がキャスティングされ、中身は大人のベテラン刑事役を本格的に演じており、子供の姿とのギャップが面白い作品です。

福田雄一はテレビ版に引き続き、劇場版でも監督・脚本を手掛けています。

7.人気俳優の肉体美に赤面必至!異様なビジュアルに二度見すること間違いなしの映画『HK 変態仮面 アブノーマル・クライシス』【2013年】

パンティをかぶると変態仮面に変身するという一風変わったヒーローが悪と戦うアクション映画の第2弾。原作は漫画ですが、福田雄一が第1弾に続き脚本・監督を務めたオリジナルストーリーです。原作のファンだという小栗旬が脚本に協力していることも話題になりました。

主演の鈴木亮平が、この作品の役作りのために肉体改造を行い、真摯に変態演技に取り組んだことは有名です。

8.主人公に共感できる人はヤバイかも!?少し切なくなる中年おじさんの日常を描いた映画『俺はまだ本気出してないだけ』【2013年】

青野春秋の漫画が原作で、40歳にして漫画家になるために会社を突然辞めてしまった主人公の哀愁漂う日常をコミカルに描いています。主演の堤真一が中年おじさんをコミカルに演じ、そのほかにも生瀬勝久や山田孝之、濱田岳ら豪華俳優陣が出演しています。

ここでも監督・脚本を担当した福田雄一の独特のユーモアが存分に楽しめる作品です。

9.人気若手女優が特撮ヒーローに!ギャップがたまらない映画『女子ーズ』【2014年】

普通の女子たちが、突然正義の戦隊「女子ーズ」を結成させられ、世界征服を企む怪人たちと戦います。今までになかった女子だけの戦隊ヒーロー。彼女たちはやる気もなく、自分の用事優先で、戦闘時にもなかなか全員集合することがなかったのですが、次第に団結していきます。桐谷美玲、藤井美菜、高畑充希、有村架純、山本美月の5人が「女子ーズ」のメンバーを演じ、彼女らのコスプレも見ものです。

複数の人数が集まったチームものは、福田雄一の十八番とも言えます。

10.’80年代のアニメや漫画好きの人におすすめのドラマ『アオイホノオ』【2014年】

アオイホノオ

テレビ東京系列で放送された『アオイホノオ』は、主人公が漫画家デビューを目指す青春コメディドラマです。個性的なキャラクターたちが夢と情熱をかけた青春時代の日々を、主演の柳楽優弥をはじめ、安田顕、ムロツヨシら実力派俳優が演じます。漫画家の島本和彦が、自身の青春時代を描いたコメディー漫画が原作です。

ちなみに島本和彦は、映画『女子ーズ』ではキャラクターデザインを担当していました。