2020年1月9日更新

映画『ベイマックス』の動画を配信中のサービスを紹介!【全編視聴あり】

『ベイマックス』 ヒロ・ハマダ

2014年に公開された映画『ベイマックス』は仲間との友情を重点的に描いた物語と、ベイマックスの可愛らしい風貌が話題となり人気を博しました。この記事では、本作が安全に無料で視聴できる動画配信サービスや、あらすじ、見どころを紹介します。

目次

映画『ベイマックス』のフル動画を視聴する方法

映画『ベイマックス』は2014年に公開され、友情をテーマにしたストーリーが感動を呼び大きな注目を集めました。第87回アカデミー賞で長編アニメ映画賞を受賞し、各方面で高い評価を受けています。 この記事では、本作が無料で安全に視聴できるサービスや、あらすじ、見どころ、おすすめの関連作品を紹介します。

『ベイマックス』のフル動画を配信中のサービス一覧

VODサービス 見放題・無料レンタル 有料レンタル
U-NEXT
ビデオマーケット
TSUTAYA TV/DISCAS
amazonプライムビデオ
dTV
hulu - -
FODプレミアム - -

映画『ベイマックス』はU-NEXTとビデオマーケット、TSUTAYA TV/DISCASで無料視聴ができます。amazonプライムビデオとdTVでも配信中ですが、無料視聴はできません。 次項から無料で本作を視聴できる3つの動画配信サービスについて紹介します。

U-NEXTで映画を全編視聴する方法

2014年に公開された映画『ベイマックス』は、U-NEXTで330ポイント利用で視聴できるレンタル作品として配信中です。 通常であれば有料作品ですが、初回無料体験登録時に付与されるポイントを本作の視聴にあてることで実質タダで映画を楽しめます。600ポイント付与され、全330ポイントをここから消費すると手出しなしで鑑賞できますよ。キャンペーン期間は31日間です。期間内に忘れずに観ましょう!

TSUTAYA TVでも映画『ベイマックス 』のフル動画が配信中

TSUTAYA TVでは映画『ベイマックス』が配信中です。400円(税抜)でレンタルでき、2,500円で(税抜)で購入もできます。 30日間の初回無料体験に申し込むと、1,100ポイント付与されます。このポイントから本作の視聴に必要なポイントを支払うことで、実質無料で視聴可能!

ビデオマーケットで実写映画のフル動画を観る

映画『ベイマックス』はビデオマーケットでも配信中です。日本語字幕、吹き替えともに330ポイントで視聴可能。 ビデオマーケットでも初月無料体験に登録して、その際にもらえる540ポイントから330ポイントを消費することで無料で楽しめます。キャンペーン期間は「初月」なので、注意してくださいね。

映画『ベイマックス』のあらすじ

サンフランソウキョウという未来都市に住む14歳の、ヒロ・ハマダはロボット工学の分野で特別な才能を持っていましたが、やる気を失い違法のロボットファイトに熱をあげていました。 ヒロの兄・タダシはヒロを工科大学へ連れて行き、自身が作り上げた「ベイマックス」というロボットや科学を愛する仲間に引き会わせます。 ヒロは工科大学の仲間や環境、そこで出会ったロバート・キャラハン教授大いに刺激を受け、入学を決意。しかし入学するためには研究発表会に発明を出品して教授に評価されなければなりません。ヒロは研究発表会で、指先ほどの大きさで集合体を形成できる「マイクロボット」を発表。 マイクロボットは評価されますが、会場で火事が発生。キャラハン教授や、彼を助けようとした兄のタダシが炎に飲まれて死んでしまいます。マイクロボットも燃えてしまいました。 失意のドン底に陥ったヒロですが、部屋で発したある言葉がキッカケで兄が作ったベイマックスが起動します。

登場人物&キャストを紹介

ヒロ・ハマダ/ライアン・ポッター

ヒロ・ハマダはロボット工学の分野で天才的な才能を持つ14歳の少年。飛び級制度で13歳で高校を卒業しましたが、大学進学への熱意を失い、非合法のロボットファイトに興じていました。両親を3歳の時に亡くし、兄のタダシと叔母のキャスと3人で暮らしています。 兄の影響でサンフランソウキョウ工科大学への入学を決意。しかし研究発表会で火事が起こり、兄や尊敬するキャラハン教授が死亡してしまいました。家に引きこもるようになり……。 ヒロ・ハマダの声を務めたのは、俳優であり声優のライアン・ポッター。2011年に放送されたTVドラマ『ハイスクール・ニンジャ』の主役として知られています。映画『ベイマックス』では、主人公・ヒロの逆境を跳ね返すような若さ弾けるトーンの声が印象的です。

ベイマックス/スコット・アドシット

ベイマックスはヒロの兄・タダシが作った人間の心と体をケアするロボット。身体には空気が入っていて、大きな鏡餅のような体型です。人間のストレスの度合いを測ることができ、蓄積された医療データや、人命救助のAEDシステムで人々を助けます。 ベイマックスの声を務めたのはコメディアンであり俳優のスコット・アドシット。2006年から放送されているドラマ『30 ROCK/サーティー・ロック』への出演で知られています。 ベイマックスの声はデジタル加工されているので本人の生の声とは違うのですが、セリフでの間の取り方が上手く、流石コメディアンだと思わせてくれます。

ゴー・ゴー /ジェイミー・チャン

ゴー・ゴーはサンフランソウキョウ工科大学の女学生で、タダシの友達。黒髪のショートで鋭い目つきをしていて、いつもガムを噛んでいます。沈着冷静で判断力があり、車の運転技術もピカイチ。大学では反重力バイクを開発しています。 ゴー・ゴーの声を務めたのは、女優のジェイミー・チャン。2012年に放送開始されたTVドラマ『ワンス・アポン・ア・タイム』のムーラン役で知られています。よく通る鋭い声がゴー・ゴーのキャラクターにピッタリです。

『ベイマックス』の見どころをチェック!

ベイマックスに重なる兄・タダシの想い

ベイマックスという白くてフワフワして可愛いロボットは、ヒロの兄・タダシが作り上げたものです。ヒロからしてみれば兄の形見でもありますし、ベイマックスには兄からのビデオメッセージも込められています。 火事で命を落としてしまった兄。しかし弟のヒロを想う気持ちはベイマックスとして生きているのです。そんなベイマックスに、ヒロが弟分のような友だちとして接しているのが、なんだか興味深いですね。 ベイマックスはロボットでありながら、彼なりの意志を持っているように行動をします。それは兄・タダシの想いが込められているからではないでしょうか。手塚治虫の人気コミック「火の鳥 復活編」で出てくるロボット・ロビタに通底するものがあるように思えます。 ベイマックスが人間とロボットの架け橋として描かれているからこそ、本作に感情移入できる人が多いのでしょう。

大人も楽しめる完成度の高いシナリオ

ベイマックスの風体を見ると、子ども向けの3Dアニメーション映画かと思うかもしれませんが、そんなことはありません。映画『ベイマックス』はストーリー展開がとても凝っていて、大人も楽しめる映画です。 ストーリーで感心したのは、ベイマックスとヒロが悪者と戦うという、単純な二項対立になっていない点です。その他にもあっと驚く展開があり!最後まで目が離せません。

まるでその場にいるような臨場感

『ベイマックス』
© Walt Disney Studios Motion Pictures

映画『ベイマックス』の魅力的なポイントは、主人公・ヒロたちの活躍を視聴者自身も画面の中にいるような体験ができるところです。 非常にリアリティのある3Dアニメーションもさることながら、客観的な描写からキャラクターの主観目線の映像に切り替わるタイミングが素晴らしい! 例えばカーチェイスで事故を起こしてしまうシーンでは、事故の衝撃を受ける瞬間に登場人物の主観目線にパッと切り替わります。 実写映画ではカークラッシュの瞬間に車内から撮影することは難しいですが、3Dアニメのベイマックスはそれを高いクオリティで表現できているのです。

この作品も無料で観られる!おすすめの類似作品

ウサギの警察官が活躍!映画『ズートピア』

ウォルト・ディズニー・アニメーション・スタジオが映画『ベイマックス』の次に手掛けた作品。2016年公開の映画『ズートピア』です。キャラクターの魅力やシナリオの完成度が高く評価され、2017年の第90回アカデミー賞では、長編アニメ映画賞を受賞。 舞台は動物が文明を築く都市・ズートピア。正義感の強いウサギのジュディがズートピア警察署に配属され、キツネの詐欺師・ニックと一緒に肉食動物の行方不明事件を捜査するという物語です。 種族間による差別の問題なども取り入れられていて、とても見応えがあり、親子でも楽しめる作品です。

醜い化け物が本当の幸せを教えます。映画『シュレック』

映画『ベイマックス』のように人生で本当に大切なものは何かを教えてくれる作品でおすすめは、2001年公開のCGアニメーション映画『シュレック』です。 異形の怪物を主人公とした意欲作でしたが、公開されるとテーマ性の高さが支持され、世界中で多くのファンを獲得しました。この作品も2001年度のアカデミー賞・長編アニメ賞を受賞しています。 寂しくて薄暗い沼地で、ひとりで暮らす心優しい緑の怪物・シュレック。彼が心を許せる仲間と出会い、幽閉されているフィオナ姫を助け出すというストーリーです。 コメディ要素もありますが、登場キャラクターそれぞれがとても魅力的!他者との関わりや冒険の大切さを伝えてくれる作品です。

兄弟の絆を描いた名作映画『レインマン』

映画『ベイマックス』のヒロとタダシように、兄弟の絆が描かれている作品でオススメなのが1988年公開の映画『レインマン』。感動的なストーリーが大きな話題となり、第61回アカデミー賞の作品賞を獲得しています。 短気で強引な性格のチャーリー・バビット(トム・クルーズ)が、離れて暮らしていた重度のサヴァン症である兄・レイモンド(ダスティン・ホフマン)と出会い、兄弟の絆を深めていくロードムービーです。 全く正反対の人物である兄と弟が、どうやって心を通わせていくかが見どころ!

映画『ベイマックス』の動画は配信サービスを活用して視聴しよう

映画『ベイマックス』のあらすじや見どころ、無料で視聴できる動画配信サービスを紹介してきました。 ベイマックスとヒロの冒険が臨場感あふれる映像が体験できる本作をぜひ無料で視聴してみましょう。