2020年2月14日更新

メイド姿が可愛いアニメキャラTOP10【君だけのご主人さまになりたい】

メイドキャラ サムネイル

萌え文化のシンボルともいえるメイドさん。アニメにも、メイドとして主人に仕えるキャラや、メイド喫茶で働くキャラが多数存在します。制服や仕草に萌えがつまっているメイドキャラを厳選して10人を紹介していきましょう。

目次

メイドキャラに萌えて癒やされよう!【ご奉仕されたい】

日本のオタク文化の象徴ともいえるメイド姿の可愛い女の子。連日メイド喫茶に訪れる観光客の姿からも、彼女たちの存在が、日本のサブカルのひとつとして世界中で愛されていることがわかります。 メイドキャラは三次元だけでなく、二次元でも根強い人気を誇る属性のひとつ。ラブコメものや異世界転生ものなど、ジャンルを問わず可愛いメイド姿のキャラクターが登場しています。 今回はそんなメイドキャラを10人ピックアップ。メイドとしてのキャラ付けや作品での立ち位置なども交えて、彼女たちの魅力を紹介します。 なるべく客観的にキャラ人気や作品のネームバリューから選出していますが、趣味嗜好も含まれますのであしからず。また職業がメイドではないものの、一部エピソードでメイド姿を見せているキャラクターも紹介しております。

メイドキャラの魅力とは?

メイドキャラのトレードマークともいえるのが、メイド服です。白と黒のエプロンドレスに、ホワイトブリムとよばれるレースのヘッドドレス。これは作品によってデザインも様々で、ロング丈のヴィクトリアンメイドや、ミニスカート丈のフレンチメイドなどがあります。 まずこのメイドコスチュームがなんといっても魅力的。清潔感やおしとやかな雰囲気があり、控えめな印象を与えます。献身的にみえるところも、彼女たちの人気の秘密でしょう。 また、メイドという立場から作中では仕える主人や家主がいることがほとんど。雇い主に対して忠誠心が厚く、一途なところも大きな魅力といえます。

1.ラム&レム/『Re:ゼロから始める異世界生活』

ラムとレムは『Re:ゼロから始める異世界生活』に登場する双子のメイド。2人はロズワール邸に仕えており、ピンク色の髪が姉のラム、水色の髪が妹のレムです。 ラムは毒舌で、屋敷にやってきた主人公のスバルも罵倒しながらこき使っています。しかし、レムには優しすぎるといわれるほど優しい女の子。 一方のレムは、メイド仕事の9割をこなす優秀なメイドであり温和な性格をしています。しかし、鬼族としての力は凄まじく、メイド服のまま見た目に似合わないモーニングスターを振り回し敵を粉砕することも。 彼女はスバルとの出会いでトラウマを克服し、以降彼にとても献身的な態度をとります。その健気さと、相反する強さが、彼女の人気につながっているのです。

2.マリア/『ハヤテのごとく!』

マリアは『ハヤテのごとく!』ヒロインの三千院ナギの身の回りを主にしているメイドです。幼い頃、マリア像の前で拾われたことから、この名前がつけられました。 いわゆるスーパーメイドで、プロ級の腕前の料理に加え、家事全般をこなします。さらに、17カ国語を操り、飛び級して13歳で高校を卒業してしまうほどの頭脳の持ち主。さらに見た目からは想像もできないほど怪力というギャップもあります。 17歳のキャラクターですが、10歳で高校入学を果たしていることもあり、年齢の割には大人びた雰囲気です。財閥の家で育ったためか、一般常識に欠けるところも、彼女の魅力といえるでしょう。

3.朝比奈みくる/『涼宮ハルヒの憂鬱』

『涼宮ハルヒの憂鬱』に登場するメイド姿のキャラクターといえば、朝比奈みくるです。美少女で真面目で優しくスタイルも抜群。そのうえドジっ子という性格から、作中でも特別に可愛いキャラクターとして扱われています。 彼女はとくにメイドというわけではありません。主人公・ハルヒのおもちゃになっている節があり、様々なコスプレをさせられていることが多いのです。とくに部室ではメイド服で過ごすことが多く、グッズやCDジャケットなどでもメイド姿を披露しています。 作中でも、あらゆる萌え要素がつめこまれたキャラクターとして描かれている朝比奈みくる。メイド服をよく着ているというのも、彼女の萌え要素強化に大きな役割を果たしています。

4.ロベルタ/『ブラックラグーン』

ロベルタは『BLACK LAGOON』に登場する必殺メイド。南米の名門ラブレス家に仕えるメイドで、彼女はメイド長を務めています。しかし、家事などのメイド仕事は苦手なため、主に次期当主ガルシアの世話をするのが彼女の仕事です。 彼女の正体は暗殺訓練を受けて育ったキューバの元ゲリラで、国際指名手配犯のロザリタ・チスネロス。普段はゲリラの顔を隠して生活していますが、大切に思うガルシアが拉致された際には、圧倒的な戦闘力を見せつけました。 彼女の戦闘力は、アウトローで人間離れした登場人物たちが多数登場する本作においても、“殺人ロボット”と恐れられるほど。ガンアクションが好きな人にはおすすめのキャラクターです。

5.シャロ/『ご注文はうさぎですか?』

シャロこと桐間紗路は、『ご注文はうさぎですか?』に登場するメインキャラクターのひとり。リゼが通うお嬢様学校の後輩ですが、実家は超がつくほどの貧乏。両親は出稼ぎにでているため、物置と揶揄されるボロボロの家で一人暮らしをしています。 学費は免除されているものの、お金が足りないためアルバイトをしています。そのアルバイト先の喫茶店・フルール・ド・ラパンの制服がメイド風のデザイン。うさ耳風のヘッドドレスが特徴的なメイド姿を、作中でもときどき披露しています。 うさ耳をつけて働いているものの、彼女自身はうさぎが大の苦手。そんなところも可愛らしい魅力となっています。

6.シエスタ/『ゼロの使い魔』

シエスタは『ゼロの使い魔』に登場するメイドとして働く女の子。トリステイン魔法学院で掃除や家事などをこなしています。 彼女は主人公の平賀才人に思いを寄せるヒロインのひとり。得意の料理を彼に振る舞ったり、手編みのマフラーをプレゼントしたりと、おとなしい性格とは裏腹に大胆にアプローチする一面も。 彼女の魅力は、まっすぐにアプローチできる素直さでしょう。ツンデレで素直になれないメインヒロインのルイズとは対象的に、思いをストレートにぶつけられるキャラクターとして描かれています。普段はメイドとして一歩引いていますが、いざというときに大胆になれるハートの強さが魅力的なキャラクターです。

7.トール/『小林さんちのメイドラゴン』

トールは『小林さんちのメイドラゴン』の主人公・小林さんの家に住み着く金髪ツインテールの女の子。小林さんにメイドとして雇ってもらっているため、基本的にはメイド姿で過ごしています。 その正体は、以前小林さんに助けてもらったドラゴン。人間の女の子の姿をしてはいるものの、中身はドラゴンなので、人間の常識からすると規格外のことをやってのけることもしばしば。トラブルの種になりながらも、小林さんとの生活を楽しんでいる姿がとても微笑ましいキャラクターです。 小林さんは重度のメイドオタク。作中で聞ける彼女のメイド談義も本作の見どころです。

8.たま/『銀魂』

たまは『銀魂』に登場するからくり人形。主人公・坂田銀時らの営む万事屋の1階に入っているスナックお登勢の従業員として働いている和風メイド服を着たキャラクターです。 登場時は、身体を壊され頭部だけの状態でした。神楽によって拾われ、修理などを経てスナックで働くように。 人の役に立つからくりでありたいという思いが強く、職場でも献身的に働く姿が印象的。からくりではありますが、お茶目な一面も持っているたま。無表情のまま放つ天然ボケな発言は、見た目の可愛さと相まって破壊力があります。

9.秋山澪/『けいおん!』

『けいおん!』の秋山澪のファンを一気に増やしたといわれるのが、アニメ第4話の彼女のメイド姿です。実際には、田井中律が澪のメイド姿を想像するというシーンなのですが、このとき登場した妄想のなかの澪のあまりの可愛らしさが大きな話題に。 妄想のなかで、澪がした手でハートをつくるポーズと「萌え萌えきゅん」というセリフが、当時ブームとなりました。 また18話でも、澪のあがり症を克服するために向かった喫茶店でメイド服を披露。4話とはまた違ったデザインのメイド服を着ている彼女を楽しむことができます。恥ずかしがり屋な彼女の赤面する表情によって、より一層可愛らしさが増しているのが特徴です。

10.鮎沢美咲/『会長はメイド様!』

鮎沢美咲は『会長はメイド様!』の主人公。少女漫画ではめずらしいメイドキャラクターです。 美咲は男性生徒の権力が強い星華高校で初の生徒会長となった女子生徒。父親のせいで大の男嫌いとして育ち、男に負けないようにと勉強もスポーツも努力をしてきた人物です。実際は美人なのですが、あまり容姿などに関心がなく、真面目で竹を割ったようなさっぱりとした性格をしています。 そんな彼女がメイド姿をしているのは、家計の足しにするためにメイド喫茶でバイトをしているから。会長としてテキパキ仕事をこなす威厳ある姿と、メイド喫茶で働いている姿のギャップが魅力的なヒロインです。

献身的だけど……!?ギャップも魅力のメイドキャラ

メイドとしての働きっぷりや、メイド服姿が魅力的な10人のキャラクターを紹介しました。本職としてメイドをしているキャラクターから、コスプレとしてのメイドまで。メイドキャラといっても様々なタイプがいます。たくさんのキャラクターのなかから、ぜひお気に入りのキャラを探してみてください。