2019年7月25日更新

可愛いアニメキャラTOP20!ダークファンタジーからほのぼの日常系までヒロインが勢ぞろい

「ご注文はうさぎですか?」キャラクターソング・セレクションアルバム/order the songs

アニメに登場するヒロインたちは、可愛いだけでなく強かったりツンデレだったりと個性豊か。そこで各ヒロインたちを、独自の基準をもとにランキングにしました。総勢20人のヒロインたちを、その魅力を解説しながら発表していきます。

この記事の目次 [閉じる]

可愛いアニメキャラクターランキングTOP20!作品を彩る美少女が勢ぞろい

アニメ作品を彩る個性豊かなキャラクターたち。今回は多数いるアニメキャラクターのなかから、人気ヒロインキャラをランキング形式で紹介します。 毎クールたくさん誕生している新作アニメ。その数だけ魅力的な女の子キャラクターも存在しています。あなたのお気に入りのキャラクターや好きな作品のヒロインが入っているかチェックしながら、ぜひランキングを楽しんでください。

ランキングの基準は?

「可愛いアニメキャラ」といっても、可愛いと感じる基準は人それぞれです。そこで、今回のランキングでは、「ヒロイン度の高さ」を軸にランキングにしています。 作風によってそもそもヒロインの立ち位置や性質は異なるもの。今回用いる「ヒロイン度」では、バトルものならキャラクターの強さ、コメディものならキャラクター設定のオリジナリティ、ラブコメものなら胸キュン度……などを加味しています。 TOP20に惜しくも入らなかったキャラクターも含め、自分ならこんなランキングを作りたい、といった視点でも楽しんでみてください。

可愛いアニメキャラランキングTOP20!

さて、ここから早速ランキングを紹介していきましょう。20位から1位まで、一挙にお楽しみください。

20位 アスナ/『ソードアート・オンライン』(2012年)

アスナは『ソードアート・オンライン』に登場するメインヒロインです。本名は結城明日奈(ゆうきあすな)。現実世界では良家の令嬢として育ち、親に言いなりのままに生きていた少女でした。 偶然プレイしたゲーム「SAO」で、デスゲームに巻き込まれていくことに。主人公のキリトと出会ったことで、ゲームを生き抜くための強い意志を心に宿します。以降、ゲーム内でのトップクラスのプレイヤーにまで上り詰めた努力の人。 主人公を助けるシーンも多く、かっこいいヒロイン像を評価し、ランクインしました。

19位 めぐみん/『この素晴らしい世界に祝福を!』(2016年)

めぐみんは、「このすば」こと『この素晴らしい世界に祝福を!』で主人公・カズマのパーティーに加わるヒロインのひとりです。カズマからは「ロリっ娘」といわれるなど、あどけなさが魅力的なキャラクター。 彼女は「爆裂魔法(エクスプロージョン)」という大技を愛しています。この技は戦闘では1回しか発動できないうえに、それを発動させるとしばらく動けなくなるという欠点も。そのため、当初はカズマからパーティー入りを断れていました。 中二病的なキャラ設定と言動の可愛さから、アニメ化記念キャラクター人気投票では1位を獲得。今回は、濃いキャラ設定を評価しての19位です。

18位 綾波レイ/『新世紀エヴァンゲリオン』(1995年)

綾波レイは、『新世紀エヴァンゲリオン』に登場するヒロインのひとりで、EVA零号機のパイロット。謎めいた雰囲気を持っており、寡黙で無表情な少女です。 ストーリーが進み、主人公の碇シンジらとの交流を経て、少しずつ感情が表出してくるキャラクター。無口系ヒロインという新たなヒロイン像を打ち出したキャラクターでもあり、アニメ放送から時間が経っても圧倒的な人気を誇っています。 その廃れることのない人気を評価してのランクインです。

17位 和泉紗霧(いずみさぎり)/『エロマンガ先生』(2017年)

人気ラノベのアニメ化作品『エロマンガ先生』は兄弟ラブコメを軸とした、作家の兄とイラストレーターの妹の物語。この妹が和泉紗霧(いずみさぎり)です。 紗霧は主人公の義妹で、「エロマンガ先生」というペンネームでプロのイラストレーターとして活動しています。兄・正宗と2人暮らしをしており、普段は自室に引きこもっているキャラクター。食事などは兄に任せており体力もないヒロインですが、イラストのことになると集中力を発揮します。 妹系キャラという王道設定に加え、創作活動において発揮する才能も魅力的です。

16位 北山雫/『魔法科高校の劣等生』(2014年)

北山雫は『魔法科高校の劣等生』に登場する、メインヒロイン・司波深雪(しばみゆき)の同級生の女の子です。深雪に次ぐ魔法実技学年2位の実力者で、実家は大実業家というお嬢様。 寡黙でミステリアスな雰囲気で、ボブレイヤーの髪型が特徴的です。雫はメインヒロインではありませんが、美少女なうえに、物静かだけど意外と実力者というギャップが魅力的なキャラクター。 メインヒロインではありませんが、ファンからの高い人気を得ている点を評価してのランクインです。

15位 小鳥遊六花(たかなしりっか)/『中二病でも恋がしたい!』(2012年)

『中二病でも恋がしたい!』のメインヒロイン、小鳥遊六花(たかなしりっか)は中二病をこじらせた女の子。主人公・富樫勇太(とがしゆうた)の前に眼帯をして現れ、「邪王真眼の使い手」という中二病キャラを自ら演じているキャラクターです。 中二病として自分の世界に閉じこもっている裏には深い理由があります。勇太とともにその原因に向き合っていく懸命な姿は、つい応援したくなるでしょう。勇太と恋人になってからは、照れて戸惑う姿が可愛いヒロインです。 突き抜けた中二病ヒロインという斬新さが高ポイントとなっての15位。

14位 リリルカ・アーデ/『ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか』(2015年)

「ダンまち」こと『ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか』に登場するメインヒロインのひとりが、リリルカ・アーデです。主人公のベル・クラネルが所属するヘスティア・ファミリアに所属するようになった小人族(パルゥム)の女の子。 所属当初はベルを騙すことを目的としており、裏切り者のキャラクターとして登場しました。その後、ベルと和解し正式にパーティーのメンバーに。可愛い見た目に反して辛辣な意見も口にする、ギャップの大きなヒロインです。

13位 高木さん/『からかい上手の高木さん』(2018年)

片思い同士の2人を描くラブコメ『からかい上手の高木さん』のヒロインが、「高木さん」です。クラスメイトの西片とのやりとりが中心の作品で、彼女はタイトルにもあるように彼をからかうのが上手な女の子。 西片はからかわれていると思いこんでいるため、なかなか彼女の好意に気が付きません。しかし、意外と「高木さん」は大胆。作中ではストレートに気持ちを告げているシーンもあり、彼女の恋心にキュンとします。彼女が、たまに見せる照れた表情は必見です。 彼女にならからかわれてみたい。そんな気持ちにさせてくれる、王道のヒロインっぽさを評価しました。

12位 南ことり/『ラブライブ!』(2013年)

南ことりは、『ラブライブ!』に登場するスクールアイドルμ's(ミューズ)のメンバーのひとりです。彼女は、主人公・高坂穂乃果(こうさかほのか)の幼馴染。さらに母親は自身が通う音ノ木坂学院の理事長を務めています。 多様な性格のメンバーが集うμ'sにおいて、ことりは天然ボケのドジっ子ポジション。ふわっと抜けている部分もあるものの、得意分野ではメンバーをしっかり引っ張っていく一面も。μ'sの衣装デザインや制作、ポスターも手がけています。 彼女は「ミナリンスキー」という秋葉原の伝説のメイドとしての姿も持っているキャラクター。アイドルとメイド、それぞれのパフォーマンスを楽しめる点を評価しました。

11位 雪ノ下雪乃(ゆきのしたゆきの)/『やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。』(2013年)

雪ノ下雪乃(ゆきのしたゆきの)は、「俺ガイル」こと『やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。』に登場するメインヒロイン。主人公・比企谷八幡(ひきがやはちまん)が入部することになる「奉仕部」の部長です。 雪乃は頭脳明晰な黒髪美少女で、男子生徒にとっては高嶺の花。完璧主義ゆえに孤立しがちでしたが、部活動を通し少しずつ他の生徒と関わっていくようになります。 高スペックなツンデレヒロインっぷりを評価して、11位にランクインです。

10位 本間芽衣子(ほんまめいこ)/『あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。』(2011年)

本間芽衣子(ほんまめいこ)は、「あの花」こと『あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。』に登場する銀髪の女の子です。彼女は幼い頃に事故で死亡しており、主人公・宿海仁太(やどみじんた)の前にある日突然幽霊として現れます。 彼女の中身は事故にあった頃のままなので、見た目よりも幼い言動が目立ちます。とある約束を果たすため、幽霊という存在ながら懸命に頑張る姿は健気そのもの。涙なしでは観られないでしょう。 観ていると心が洗われるような、他作品にはない純白のヒロイン像を評価しました。

9位 神楽(かぐら)/『銀魂』(2006年)

『銀魂』に登場するヒロイン・神楽(かぐら)は、主人公の坂田銀時、志村新八とともに万事屋で働くチャイナドレスの女の子です。「~アル」といったチャイナ口調で、可愛い見た目に反して毒舌なキャラクター。 神楽は夜兎族(やとぞく)という戦闘種族の貴重な生き残りで、主人公を凌ぐほどの強さの持ち主です。仲間を救うために主戦力として戦いに参加することも多く、ヒロインとは思えない肉弾戦も繰り広げます。圧倒的な戦闘力もまた、神楽の魅力です。 可愛い見た目に反してエグイ毒舌と圧倒的な強さを持つ、というギャップが9位ランクインの理由となっています。

8位 鹿目まどか(かなめまどか)/『魔法少女まどか☆マギカ』(2011年)

鹿目まどか(かなめまどか)は、『魔法少女まどか☆マギカ』の主人公です。ピンク色のツインテールがチャームポイント。 彼女は魔法少女としての高い素質を持つものの、一歩が踏み出せずキュゥべえとの契約には至りません。魔法少女にはならないまま、魔法少女たちの苦悩を知っていくことになります。 ごく平凡な日常シーンからは想像もつかない、壮絶な結末に身を投じることになるヒロインです。それでも笑顔にみせる芯の強さを、ヒロイン度の高さとして加味しています。

7位 ココア/『ご注文はうさぎですか?』(2014年)

ココアは「ごちうさ」こと『ご注文はうさぎですか?』の主人公です。本名は保登心愛(ほとここあ)。本作は「ラビットハウス」という下宿屋を舞台に、少女たちの日常が描かれる作品です。 ココアは初対面の人とも3秒で友達になることをモットーとしている、元気で明るい女の子。天真爛漫で少し天然なところもあり、フワフワしたものが大好きという、見た目も中身も可愛らしいキャラクターです。 奇をてらったキャラクター設定ではない分、可愛いが詰め込まれているヒロイン。その点を評価してのランクインとなりました。

6位 四宮かぐや/『かぐや様は告らせたい〜天才たちの恋愛頭脳戦〜』(2019年)

エリート高校生たちの恋の駆け引きを描く『かぐや様は告らせたい〜天才たちの恋愛頭脳戦〜』のヒロインが、四宮かぐやです。かぐやは、巨大財閥の令嬢で頭脳明晰、加えてプライドが高いキャラクター。高校では生徒会副会長を務めています。 彼女は、想い人である生徒会長・白銀御行(しろがねみゆき)に告白させようと画策しますが、なかなかうまくいきません。財力と知力を駆使した恋の駆け引きに見え隠れするツンデレっぷりが魅力のヒロインです。 2019年7月現在未完の本作。策略型ツンデレという、独特なキャラクター設定ながらしっかり「ヒロイン」をしている点を高く評価しました。

5位 御坂美琴(みさかみこと)/『とある科学の超電磁砲』(2009年)

御坂美琴(みさかみこと)は、「とある」シリーズと呼ばれる『とある魔術の禁書目録』に登場するヒロインのひとり。『とある科学の超電磁砲』では主人公として登場します。 彼女は、舞台となる学園都市において第3位の座に君臨する実力者。「超電磁砲(レールガン)」という能力を持っています。さっぱりとした性格で、作中では女生徒たちから慕われている姉御肌なヒロインです。 学園第3位の強さと、恋愛面でのツンデレ具合とのギャップが、高いヒロイン度につながっています。

4位 小野寺小咲(おのでらこさき)/『ニセコイ』(2014年)

小野寺小咲(おのでらこさき)は『ニセコイ』に登場するダブルヒロインのうちのひとりです。両サイドの髪の長さ違う髪型が特徴的なキャラクター。 小咲はとても優しい性格で、気遣いもできるしっかり者の女の子です。鈍い主人公・一条楽(いちじょうらく)に対して、さりげなくアタックを続ける姿からは芯の強さも感じられます。同作の人気キャラクター投票では、2度連続で1位に輝くほどの人気キャラクターです。 メインヒロインの霧崎千棘(きりさきちとげ)と対比したときの、王道なヒロインキャラクターぶりを評価して、4位にランクイン。

3位 秋山澪/『けいおん』(2009年)

秋山澪は『けいおん』に登場するロックバンド「放課後ティータイム」のメンバーのひとりです。黒髪ロングに姫カットの前髪、凛とした目元が印象的なキャラクター。 バンドではベースとボーカルを担当しており、真面目な性格からみんなをまとめる一面も。澪自身は極度の人見知りで、軽音部での活動を通じて少しずつ周りと打ち解けていく様子が可愛らしいキャラクターです。

2位 湯ノ花幽奈(ゆのはなゆうな)/『ゆらぎ荘の幽奈さん』(2018年)

湯ノ花幽奈(ゆのはなゆうな)は、『ゆらぎ荘の幽奈さん』に登場する白い髪の美少女。その正体は、主人公・冬空コガラシが除霊にやってきた「ゆらぎ荘」に住みついている、女子高生の地縛霊です。 幽霊らしくポルターガイストなどを起こすこともできますが、普段は愛想がよくコミュニケーション能力の高い女の子。コガラシとのドタバタな日常を大切にしている姿が愛おしいキャラクターです。 お色気ラブコメ作品のヒロインながら幽霊、という斬新な設定ながら王道ヒロインの要素もしっかり押さえていることから、2位となりました。

1位 レム/『Re:ゼロから始める異世界生活』(2016年)

「リゼロ」こと『Re:ゼロから始める異世界生活』にて、主人公ナツキ・スバルの陣営に属するヒロインのひとりがレムです。水色のショートボブで、ロズワール邸のメイドとして働いています。 レムは、心を許した人には自己犠牲を払ってでも献身しようとする危うい一面を持っています。一見すると儚げですが、戦闘時には鬼族の力を発揮。巨大なハンマーを振り回し攻撃するため、見た目とのギャップが大きいヒロインです。 主人公への献身度と戦闘力の高さに加え、鬼族やメイド、双子……といった濃いキャラクター設定から、見事1位に選ばれました。

アニメキャラの魅力は多種多様!それぞれの作品で理想のヒロインとの出会いが待っている

アニメに登場する可愛いヒロインキャラクターを厳選して20人紹介しました。お気に入りのキャラクターは入っていましたか? アニメにおいてヒロインのあり方やキャラクター設定は、見た目がかわいい、声優の演技が光る、独特な性格が気になる……、など作品によって多種多様です。ぜひ様々な切り口から、たくさんの可愛いキャラクターと出会っていってください。