2020年3月10日更新

ドラマ「ドラゴン桜2」が2020年夏に放送!あらすじや新キャストは誰に?

フリー画像、桜、卒業、青空

突飛な勉強法や豪華なキャストで人気を博したドラマの続編「ドラゴン桜2(仮)」が2020年夏に放送されます。本記事では最新情報の紹介に加え、何故15年ぶりに続編が決定したのかを解説します!

目次

阿部寛主演『ドラゴン桜』が帰ってくる!令和の時代の桜木メソッドとは

2020年夏からTBS系「日曜劇場」枠にて毎週日曜21時に放送予定

低偏差値・倒産寸前の私立龍山高校にやってきた弁護士・桜木建二が生徒を東大に合格させるため奮闘する姿を描いた2005年のドラマ『ドラゴン桜』。三田紀房の原作を基にした、歯に衣着せぬ物言いの桜木が提唱する勉強法「桜木メソッド」が当時話題になりました。 そんな『ドラゴン桜』が15年の時を越え、令和の時代に帰って来ます。主演はもちろん阿部寛。2020年夏からの放送が発表された「ドラゴン桜2(仮)」について、この記事では最新情報を紹介しましょう。さらに続編決定の理由も解説します。 前作の豪華キャストは以下の記事からチェック!

『ドラゴン桜2』のあらすじ、低偏差値の高校で再び東大を目指す

「ドラゴン桜2」の舞台となるのは、前作から10年後の龍山高校。偏差値30の学校でありながらも、桜木の活躍によって東大合格者を輩出することができましたが、彼が去ってからは下降の一途をたどっていました。 そんな窮地を打破するため、再び桜木がオファーを受けることとなるのです。10年経った今、彼は龍山高校で何を見るのでしょうか。

主演は阿部寛!その他のキャストは現在選考中

主人公の桜木建二は、15年前と同じく阿部寛が演じます。近年ではドラマ「下町ロケット」など、様々な作品を経験してきた阿部はどのように桜木を演じるのでしょうか。 「現代においても、バカとブスほど東大に行け! と、ひとつもぶれることなく生徒を指導する桜木の姿を信じています。今作も桜木なりの最短距離なやり方で、東大合格に挑んでいきます」と公式ホームページで力強いコメントを寄せている阿部。当時と変わりのない桜木の姿を見られそうですね。 前作では山下智久、長澤まさみ、小池徹平、新垣結衣といった、今や日本を代表すると言っても過言ではない俳優陣が生徒役に顔をそろえていました。現在1000人にも及ぶ応募者の中から選考が行われており、その新たな顔ぶれに注目が集まること間違いなしです。

“今”続編を放送する理由とは。2020年は受験生の誰もが平等なタイミング

「ドラゴン桜2」の原作者・三田は「今の時代はITやSNSをフルに活用した勉強の仕方となり、受験の世界は15年前と比べて激変しています。それでも、子供たちが目標に向かって懸命に努力する姿は変わらない。何が変わり、何が変わらないのか、パート1と見比べるのも面白いのではないでしょうか」とコメント。 時代が平成から令和へと移り、受験においても時代が移り変わりつつあります。2019年度をもって「センター試験」が廃止され、2020年度には「大学入学共通テスト」が導入される予定。このテストは今までの知識の多さではなく、知識の使い方や思考力が求められることが特徴です。 その背景にはAIやインターネットの発展によって、社会がそれぞれの考える力を必要としている現状があります。さらに初めて行われるテストのため誰も経験しておらず、受験生全員が平等に挑戦できる時とも言えるのです。 そんな受験制度改革に合わせて、「ドラゴン桜2」の放送が決定されました。 

「ドラゴン桜2」2020年夏に新たな受験戦争の火蓋が切って落とされる

阿部寛演じる桜木は令和の時代にどんな勉強法で東大を目指すのか、そしてどんな面々が東大クラスに集まるのか、本作への期待は高まるばかりですね。 『ドラゴン桜2』は2020年夏からTBS系にて日曜21時に放送されます。